プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第58回京成杯 2017年 競馬予想

    第58回京成杯

    ~フェアリーS回顧~

    新年の競馬開催となりました。
    フェアリーSの結果はどうだったでしょうか。

    ◎トロワゼトワル …5着
    ○サヤカチャン …12着
    ▲プリモシーン …1着
    △テトラドラクマ …6着
    △グランドピルエット …8着

    ◎はスタート出遅れて最後方からの競馬。
    上り最速はマークしましたが、直線だけでは届きません。
    ゲートが課題といえます。

    ○はスタートから先手を取れず、終始見せ場なしの惨敗です。
    行きっぷりがよくなればいいのですが、少し距離が長いかもしれませんね。

    ▲は中団から折り合いをつけてコーナーも上手に走り切りました。
    直線の反応も良く、まさに快勝。
    鞍上の戸崎騎手も3日間重賞勝利と素晴らしい活躍でした。



    ~京成杯~



    さて、今週は日曜の中山競馬場で第58回京成杯G3が芝2000mで行われます。
    クラシック第一弾の皐月賞と同じ舞台で行われるので、注目の1戦となります。

    同レースの過去10年における好走馬の前走出走レースは、エリカ賞が3勝で複勝率50%、ホープフルSが2勝で同21%、葉牡丹賞が1勝で同22%となっています。

    前走出走距離別でみると、2000mが7勝で複勝率24%、1800mが2勝で同18%、1600mが1勝で同8%とやはり中距離で使われてきた馬に利がありそうです。

    人気別でみると、1番人気が3勝で複勝率70%、2番人気が3勝で同50%、3番人気が1勝で同30%と上位人気も一定の好走率を誇っています。

    脚質別では差し馬が5勝で複勝率24%、先行馬が4勝で同21%と脚質的に有利不利はあまりなさそうといえます。

    過去3年における同コースの騎手成績では田辺騎手が勝率15%で複勝率42%と関東ではトップの成績。
    次いで戸崎騎手が勝率15%で複勝率37%と好成績を残し、内田騎手が勝率14%で複勝率25%と続いています。



    それでは予想を見ていきましょう。


    ◎ジェネラーレウーノ
    ○デルタバローズ
    ▲コズミックフォース
    △ロジティナ


    ◎はジェネラーレウーノです。
    デビュー戦の函館は中団後方から伸びきれず3着になりました。
    しかし、休養をはさんで臨んだ府中の2000m未勝利戦では、スタートから飛ばして逃げて、直線でも上り最速タイの34.1をマークして快勝しています。

    続く前走の葉牡丹賞ではルメール騎手から田辺騎手に替わり、好スタートから逃げ切って連勝となりました。
    スタートから押し切るスタイルですが、逃げなくても大丈夫そうな脚質を持っています。
    馬体のハリも素晴らしく、ここを勝って賞金を加算しておきたいところ。
    鞍上は田辺騎手で1番人気となるでしょう。


    ○はデルタバローズ。
    1戦1勝馬ですが、10月の府中マイルの新馬戦では、雨の重馬場でありながら、2番手からレースを進んで上り最速をマークして4馬身差の圧勝劇を演じています。
    手綱をとった福永騎手も絶賛していたほどの走りでした。

    京成杯はマイル未経験の馬に分が悪いレースですが、同馬のセンスは過去のデータを吹き飛ばしてくれそうな雰囲気があります。
    石橋脩騎手が騎乗し、3~4番人気が予想されます。


    ▲はコズミックフォースです。
    ルメール騎手が2戦続けて騎乗していましたが、府中2000mの新馬戦はスタートから遅れてしまいました。
    それでも上り最速33.2をマークして驚異的な追い上げを見せて3着に入っています。

    前走は未勝利戦では同じく府中2000mで4番手からレースを運び、全く危なげなくない内容で完勝。
    能力の高さを見せつけました。
    今回は戸崎騎手に乗り替わり、絶好調な鞍上のエスコートであっさりと勝ってもおかしくありません。
    2~3番人気となりそうです。


    △はロジティナです。
    3戦連続で府中2000mを使われてきました。
    2走前ではコズミックフォースの3着に入っていますが、同馬よりも早い上りタイムをマークしています。
    有力馬に先行馬が多いので、じっくりと折り合いを付けて、まくり気味に4コーナーを加速して上がってきそうです。
    鞍上は内田騎手で6~8番人気くらいになるでしょう。


    当ブログの2017年度、年間収支がプラスだったそうです。
    こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。

    私としては、深く考えて書いている訳ではなかったので
    当たっても外れても気にしていませんでした。。スミマセン



    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    「競馬-KEIBA-]←こちらのサイトでは、最終的に更に精度を高め、買い目まで提供!
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩予想師、ハメさんによる無料大穴予想も絶好調!
    無料会員に入っているだけで見れますよ!




    ↓ポチっとして頂けると、ここで書くとチームに怒られちゃう事もポロっと出るかも?!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第34回フェアリーS 2017年 競馬予想

    第34回フェアリーS

    ~有馬記念回顧~

    昨年の有馬記念は感動しましたが、結果はどうだったでしょうか。

    ◎キタサンブラック …1着
    ○スワーヴリチャード …4着
    ▲レインボーライン …8着
    △ミッキークイーン …11着
    △トーセンビクトリー …14着

    ◎はまさに王道競馬を極めた走り。マイペースに持ち込むと、3コーナーから加速して、上りも35.1秒でまとめて後ろが追いつかない見事な逃げ切りでした。これで引退かと思うと寂しいですが、実力・人気面で名馬の域に達したのは間違いないでしょう。

    ○は外枠が影響した形になり4着。直線で内によれてしまったのが残念でしたが、直線が長いコースの方が向いていますね。内枠ならば逆転まであったかもしれません。



    ~フェアリーステークス~


    さあ、今年はいきなり3日間開催となっています。日曜の中山競馬場では第34回フェアリーSが芝1600mで行われます。

    まだまだ未熟な明け3歳牝馬にとって、人気だけでは通用しないのがこのレース。過去10年で9回も10番人気以下が馬券圏内に入っています。この10年で馬連や3連複も3ケタ配当が1回も無く、荒れやすい傾向になっています。

    同レースの過去10年における好走馬の前走成績は、阪神JFが3勝で複勝率25%。赤松賞が2勝で同21%、アルテミスSが1勝で同20%となっています。

    前走の出走距離で見ると、1600m戦が8勝で複勝率21%と高い数字を残しています。

    同レースの脚質成績を見ると、差し馬が勝率12%で複勝率19%。先行馬が勝率3%で複勝率30%、頭数が少ない逃げ馬は勝率25%で複勝率42%となっており、前へ行く馬が少し有利といった展開になりそうです。

    同コースの過去3年における騎手別成績を見ると、戸崎騎手が23勝で複勝率46%とトップの成績。田辺騎手が16勝で同36%、大野騎手が10勝で26%、関西所属ながら福永騎手は3勝で同24%の数字を残しています。



    それでは予想を見ていきます。


    ◎トロワゼトワル
    ○サヤカチャン
    ▲プリモシーン
    △テトラドラクマ
    △グランドピルエット


    ◎はトロワゼトワルです。デビューから2戦続けて左回りの1600mを使われています。前走のアルミテスSでは中団から伸びるも4着。しかし、コンマ4秒差の勝ち馬ラッキーライラックは阪神JFを制し、6着に入ったトーセンブレスも阪神JFでは4着に入っており、レベルの高い1戦を経験しています。

    脚質はまだ定まっていませんが、先行しても差しても良さそうで、レースセンスは抜群です。鞍上は福永騎手が3戦続けて騎乗し、2~4番人気となりそうです。


    ○はサヤカチャン。逃げて好走していた馬で、上記のアルテミスSでは2着に粘っています。しかし、阪神JFでは最内からダッシュが付かず、逃げられないまま14着と大敗を喫してしまいました。

    実績はメンバー中トップといえますので、スタートが上手くいけば十分勝利は可能とみています。松岡騎手が騎乗し、2~4番人気が濃厚です。


    ▲はプリモシーンです。3か月の休養明けになりますが、前走の未勝利東京マイル戦では、後方からレースを進み、上り33秒2という1頭だけ次元の違う脚色を披露して差し切りました。東京コースに強いかといえば、それだけではなく、新馬戦は中山のマイル戦で3番手からレースを進み、先行勢が崩れていくなかで2着に粘り込みました。

    どちらの脚質になるか分かりませんが、恐らく中団から後方にかけて末脚を温存していそうです。鞍上は戸崎騎手で、2~3番人気が想定されます。


    △の1頭目はテトラドラクマ。2走前の東京未勝利のマイル戦では折り合いも付いて、好位置から抜け出しを図りましたが、プリモシーンの急襲にあってクビ差の2着になりました。

    しかし、前走の未勝利東京マイル戦では1分33秒9という好時計で5馬身差を付けて快勝し、能力の高さを見せています。鞍上は石橋騎手で5~6番人気くらいになるでしょう。


    もう1頭の△はグランドピルエットです。中山マイル戦を2回走っており、新馬戦は1着。500万下のひいらぎ賞では3着に入っています。2戦目のアルテミスSでは惨敗していますが、中山適正がありそうです。

    中山の2戦は共に内枠スタートでしたので、枠に恵まれた感もありますが、2戦ともフルゲートの戦いで結果を残しているのは強みといえます。中団より少し前目でレースを進められるのも好材料です。鞍上は勝浦騎手で、7~9番人気が想定されます。


    当ブログの2017年度、年間収支がプラスだったそうです。
    こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。

    私としては、深く考えて書いている訳ではなかったので
    当たっても外れても気にしていませんでした。。スミマセン



    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    「競馬-KEIBA-]←こちらのサイトでは、最終的に更に精度を高め、買い目まで提供!
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩予想師、ハメさんによる無料大穴予想も絶好調!
    無料会員に入っているだけで見れますよ!




    ↓ポチっとして頂けると、ここで書くとチームに怒られちゃう事もポロっと出るかも?!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第62回有馬記念 2017年 競馬予想

    第62回有馬記念

    ~朝日杯FS回顧~

    先週は2歳マイル王者の朝日杯FSが行われました。結果を見てみましょう。

    ◎ダノンプレミアム …1着
    ○タワーオブロンドン …3着
    ▲フロンティア …8着
    △ダノンスマッシュ …5着
    △イシマツ …16着

    ◎は怪物級の実力かもしれません。スムーズにレースを運び、直線では持ったままで先頭に立ち、追い出してからは後続を突き放す強さ。ホープフルSでも有力馬が揃いますが、同馬は一歩抜けている印象を受けます。

    ○は最後ステルヴィオに交わされるも、世代トップクラスの実力は見せました。折り合いが少し欠いた印象で、勝ち馬とは離されましたが、まだ2歳ですので来年に期待しましょう。



    ~有馬記念~


    さあ、今週は競馬の祭典、第62回有馬記念が中山競馬場芝2500mで行われます。昨年は3歳馬のサトノダイヤモンドがキタサンブラックを交わして1着になりました。今年はラストランとなるキタサンブラックに注目が集まっていますが、昨年のように本命決着で終わるか、大穴が台頭するか、楽しみな週末となりそうです。

    同レースの過去10年における人気別成績は、1番人気が5勝で複勝率80%と高い数字。2番人気は2勝で同50%となっています。3番人気は3着が1回あるのみで、同10%と嫌なデータとなっています。

    過去の1番人気もオルフェーヴルやゴールドシップ、ブエナビスタなど、G1を何度も勝利している名馬が勝利しており、今年の1番人気が確実なキタサンブラックには有利なデータといえます。

    世代別で見ると、3歳馬が4勝で複勝率28%、4歳馬が3勝で同24%、5歳馬が3勝で同17%とこの3世代が抜けています。

    脚質では中山内回りらしく、先行馬が6勝で複勝率34%とリード。差し馬が3勝で同19%となっています。



    それでは印と予想を見ていきましょう。


    ◎キタサンブラック
    ○スワーヴリチャード
    ▲レインボーライン
    △ミッキークイーン
    △トーセンビクトリー


    ◎は5歳馬で王者のキタサンブラックです。G1を6勝し、今年はすでに3勝しています。春は宝塚記念がG1を3連戦して大敗しているので、今回は秋3連戦となりますが、暑い時期に比べて体調は十分と感じます。先行しても逃げてもよく、差しても大丈夫な馬で、マークされるのは必然ですが、それでも押し切ると予想します。

    今回がラストランというだけに、一番強い姿を見せて欲しいところです。有馬記念の引退レースはここ数年でもブエナビスタやオルフェーヴル、ディープインパクトが1番人気で勝利しており、歴史的名馬に比肩する同馬なら問題なく勝利する確率は高いといえます。鞍上は武豊騎手で1番人気は間違いありません。


    ○は3歳馬のスワーヴリチャード。差し馬で東京巧者のイメージですが、ジャパンカップではなく、当初からここを目標としてきたあたり、陣営には相当な自信があるとみています。ダービーで死闘を演じたレイデオロがジャパンカップで2着に入り、世代の力を見せました。

    キタサンブラックらがジャパンカップを経て参戦しているのに対し、同馬はダービーからアルゼンチン共和国杯を使ってゆったりとしたローテーションで臨め、さらに55キロという斤量差も有利といえます。前走も古馬相手に全く危なげなく完勝しました。鞍上は今年のG1で絶好調のミルコ・デムーロ騎手で、2番人気となるでしょう。


    ▲は5歳馬のレインボーライン。美味しい馬券といえば同馬でしょう。天皇賞秋では13番人気で3着に入り、前走のジャパンカップではほとんど最後方の位置からレイデオロと同じ上り最速を繰り出して6着。

    今回はもう少し前目で運びそうですが、前がやり合うほど、漁夫の利を活かして3着に食い込んできそうです。鞍上は岩田騎手で6~8番人気くらいが予想されます。


    △の1頭目は5歳馬のミッキークイーンです。牝馬G1を2勝しており、昨年の有馬記念ではコンマ4秒差の5着に入っています。秋2戦目というローテーションも好感がもて、同レースに向けて陣営の意気込みが感じられます。

    中団からの競馬になりそうですが、切れ味よりも秋華賞のような、まくり気味の力で押し切るレースもできるのが強みといえます。鞍上は浜中騎手で5番人気くらいになりそうです。

    もう1頭の△は5歳馬のトーセンビクトリーです。今年の中山牝馬Sでは先行して押し切り、コーナー4つの内回りコースで好センスを見せました。前走のエリザベス女王杯では10着と敗れますが、着差はコンマ6秒とそれほど離されておらず、ここも期待が持たれます。

    母のトゥザヴィクトリーは有馬記念を逃げて3着に粘り込んだ実績があり、同馬も中山はそれほど苦手には見えません。人気はほとんどないので大穴といえますが、鞍上の田辺騎手の手腕に期待しましょう。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第69回朝日杯FS 2017年 競馬予想

    第69回朝日杯FS

    先週は2歳女王を決める阪神JFが行われました。

    ◎リリーノーブル …2着
    ○ラッキーライラック …1着
    ▲ロックディスタウン …9着
    △マウレア …3着

    ◎は直線まで勝ちに等しいレースを披露し、勝ち馬よりも先に動いたことで最後は交わされてしまいました。中1週ということを考えると、来年の巻き返しには期待がかかります。

    ○は力強い競馬で直線もよく伸びました。オルフェーヴル産駒として初のG1タイトルを手にしました。距離が延びても良さそうで、クラシックが楽しみとなりました。

    ▲は先手を取るも全く伸びずに着外。休み明けで強敵が揃い、大外枠が影響したのかもしれません。

    △は勝ち馬に決めての差で敗れはしましたが、コンマ2秒差という3着で、キャリア3戦目ということを考えると、まだまだ逆転は可能といえるでしょう。



    ~朝日杯フューチュリティステークス~


    さて、今週は第69回朝日杯FSが阪神競馬場芝1600mで行われます。今年からG1に格上げされた2000mのホープフルSに有力馬が集中することも予想され、メンバーはマイル戦に適正を見出された馬たちが集結している模様です。

    同レースの過去3年における人気馬の成績は、1番人気が3勝で複勝率60%。2番人気が2勝で同40%、3番人気が1勝で同30%、4番人気と5番人気が1勝で同40%と上位人気馬がそこそこの成績を残しています。

    同レースの好走馬の前走出走距離を見ると、1600mが6勝で複勝率30%とリード。1800mが2勝で同16%、1400mが1勝で同16%となっています。

    脚質でみると、差し馬が6勝で複勝率29%。先行馬が2勝で同18%と中団からレースを進めたほうが分はありそうです。

    同コースの過去1年での種牡馬成績では、ディープインパクトが18勝で複勝率33%と圧倒的にリードしています。次いでダイワメジャーが8勝で同24%、アドマイヤムーンが5勝で同41%と続いています。


    それでは予想を見ていきましょう。


    ◎ダノンプレミアム
    ○タワーオブロンドン
    ▲フロンティア
    △ダノンスマッシュ
    △イシマツ


    ◎はダノンプレミアムです。デビュー戦は阪神芝1800mで稍重の馬場ながら、1分48秒7という好タイムで4馬身差を付けて圧勝しています。3か月の休養を経て臨んだ前走のサウジアラビアCでは、稍重ながら先手を楽にとって、直線抜け出してこちらも完勝。良馬場だとどれだけ切れるか分かりません。

    マイルにも適正があり、距離が延びても問題なさそうなタイプだけに、阪神マイルも大丈夫でしょう。もしかしたら怪物級の馬かもしれません。ディープインパクト産駒で川田騎手が騎乗し、1番人気となりそうです。


    ○はタワーオブロンドン。昨年のこのレースを制した藤沢きゅう舎のエース格です。すでに4戦を消化していますが、3勝2着1回と完璧な戦績で臨みます。前走の京王杯2歳Sでは中団から上がり最速33秒2をマークして快勝しています。

    関東馬ですが、阪神コースも経験しており、遠征や坂も問題ありません。父はイギリスのG1馬レイヴンズパスで2008年にBCクラシックを欧州馬ながら制覇しています。ルメール騎手が騎乗し、2番人気が予想されます。


    ▲はフロンティアです。3戦続けてマイル戦を使われており、ダノンプレミアムは同きゅう舎となり、最終追い切りも併せ馬で臨んでいます。2戦目の新潟2歳Sでは先行2番手から逃げ馬を交わして1着。中京・新潟・京都と異なる3場を経験しているのはタフな証拠といえるでしょう。ダイワメジャー産駒で岩田騎手が騎乗し、4~6番人気が濃厚といえます。


    △の1頭目はダノンスマッシュです。前走のもみじSでは3番手から抜け出し、後続に3馬身差をつけてスピードの違いを見せつけました。初の1600m戦となりますが、控える競馬も可能で、折り合い次第では強烈な末脚を披露しそうです。福永騎手が騎乗し、4~5番人気が予想されます。


    もう1頭の△は地方から転厩したイシマツです。地方からの転厩では同じ門別から来たダブルシャープが人気しそうですが、こちらは恐らく大穴となりそうです。騎乗する加藤騎手も3年目で重賞も未勝利となり、父親のスウェプトオーヴァも同コースは得意ではありません。不安材料しかありませんが、初の中央参戦となった札幌のクローバーSではマイナス12キロと調子を落としていました。

    同馬は門別でも近走は重馬場が続いており、デビュー間もない頃の良馬場では違ったレースを披露していました。しかし、直前の追い切りでは坂路で好タイムを連発しており、今回、良馬場になると、もしかしたらとんでもない脚を使ってくれるかもしれない期待感があります。ほとんど人気しないだろうと思うので、少しだけ押さえておきたい馬といえるでしょう。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第69回阪神ジュベナイルフィリーズ 2017年 競馬予想

    第69回阪神ジュベナイルフィリーズ

    ~チャンピオンズカップ回顧~

    先週はチャンピオンズカップが行われました、結果はどうだったでしょうか。

    ◎サウンドトゥルー …11着
    ○グレンツェント …10着
    ▲ゴールドドリーム …1着
    △アウォーディー …5着
    △ロンドンタウン …15着

    思ったよりもペースが落ち着いてしまいました。
    これでは早め抜け出した馬が有利になってしまいました。
    ◎には厳しいレースとなってしまった感じがします。
    ○はまだ力不足といった感じで、▲は外目から抜け出してからは強い競馬でした。
    スタートさえ綺麗にきまれば、また来年も好レースを期待できそうです。


    ~阪神JF~

    さて、今週は第69回阪神ジュベナイルフィリーズが阪神競馬場芝1600mで行われます。
    昨年はフランケル産駒のソウルスターリングが勝利しました。
    今年は三冠馬オルフェーヴル産駒が2頭も人気を背負う形になっています。

    同レースの過去10年における好走馬の前走出走距離を見てみます。
    1600m組が5勝を挙げて複勝率22%。
    1800m組は出走頭数自体が少ないものの、3勝で同25%、1400組が2勝で同15%となっています。

    脚質別では差し馬が7勝で複勝率23%、先行馬が2勝で同16%、追い込み馬が1勝で同11%と差し馬が有利となっています。

    同レースの枠順では、7枠が3勝で複勝率17%、8枠が2勝で同17%、1枠が3勝で同20%となっており、極端な枠でも勝つ可能性は当然あります。

    同コースの過去3年における騎手成績では、ルメール騎手が12勝で複勝率52%と圧巻の成績。
    次いで福永騎手が14勝で同39%、川田騎手が14勝で同38%と続いています。
    また、関東所属で出走回数が少ない戸崎騎手は3勝ですが、同41%と高い数値を誇っています。


    それでは予想を見ていきましょう。


    ◎リリーノーブル
    ○ラッキーライラック
    ▲ロックディスタウン
    △マウレア


    ◎はリリーノーブルです。
    2戦2勝で負けなしで臨みます。
    初戦は道中先団から一時下がり気味になりますが、そこから一気の伸び脚で上り最速を繰り出して快勝。
    2着には0.6秒差を付けました。
    2戦目の白菊賞では、先団に取り付くとそのまま抜け出してまたも快勝。
    センスのある勝ちっぷりを見せています。

    まだまだ伸び代がありそうといえます。
    鞍上は川田騎手で4~6番人気くらいになりそうで、配当的においしい馬券となるでしょう。


    ○はオルフェーヴル産駒のラッキーライラックです。
    同馬は2連勝でアルミテスSを制覇し、一躍主役候補に名乗り出ました。
    新馬戦も18頭立ての中、上り33秒1を披露して見事に勝利しました。
    アルテミスSでは先団から抜け出してまま、上り最速となる34.7を繰り出して勝利しています。

    CWコースで好時計を毎週のように連発しており、充実していることがうかがえます。
    中団よりも前目の先行勢になりそうといえます。
    鞍上は石橋脩騎手で1~2番人気となりそうです。


    ▲はこちらもオルフェーヴル産駒のロックディスタウンです。
    先行馬で、新馬戦では後の荻Sを圧勝するタイムフライヤーを寄せ付けず、札幌2歳Sでも外目から追走して着差以上の存在感を出しています。
    オルフェーヴルの名を上げるのに一役買いそうな気配が漂っています。

    3か月半の休み明けということですが、じっくりと乗り込まれており、陣営のかける期待は大きいものといえます。
    鞍上はこのコース得意のルメール騎手が騎乗し、1~2番人気となるでしょう。


    △はマウレアにしました。
    関東の刺客といえ、2戦2勝の戦績で1600mを連勝中です。
    前走の赤松賞では先行してから上がり33秒台を繰り出し、後続に追いつかれることなく粘り込みました。
    こういう混戦の時にはこのような先行抜け出し馬にチャンスがありそうです。
    鞍上は戸崎騎手で7番人気くらいになりそうです。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ