プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第53回函館記念 2017年 競馬予想

    第53回函館記念

    ~プロキオンS回顧~


    先週は中京競馬場でプロキオンSが行われました。
    結果はいかがだったでしょうか。

    ◎ベストマッチョ …14着
    ○カフジテイク …2着
    ▲イーデンホール …8着
    △メイショウウタゲ …5着
    △チャーリーブレイヴ …15着

    ◎はよもやの惨敗。内枠スタートが仇となり、テンからついていけなかった模様。
    もまれてしまっては同馬の持ち味は活かせず、何も出来ないまま終わってしまいました。
    できたらスムーズに外へ出したかったでしょう。

    ○は抜群のキレを見せるも勝ち馬に届かず2着。
    しかし、勝ち馬はさらに速い上りで勝っているので、完敗といった内容です。
    ドバイ帰りということもあって、目一杯に仕上げてはおらず、
    ここからの巻き返しに期待しましょう。

    ▲はデムーロ騎手によると、暑さが原因かもしれないとのことですが、
    追い切りが抜群に動いていたので、左回りに思ったほど適正がないのかもしれませんね。
    もう一度オープンレースで適正を見たいところです。


    ~函館記念~


    さて、今週は伝統のハンデ戦となる第53回函館記念(G3)が
    函館競馬場芝2000mで行われます。
    サマー2000シリーズの2戦目となります。
    昨年は13番人気、一昨年は10番人気が2着に入り、波乱を演出しています。
    また、6年連続で7~10番人気も馬券圏内に入っており、
    中穴~大穴まで狙えるレースとなっています。

    同レースの過去10年における好走馬の前走レースは、
    目黒記念が3勝で複勝率27%。
    次いで同じ函館競馬場の巴賞が3勝、複勝率25%となっています。
    ステップレースとなる巴賞での勝ち馬は、この函館記念では相性が悪く、
    むしろ巴賞で敗退した馬がここで好走していることが多くなっています。

    枠順別でみると、3枠が4勝で複勝率21%となっており、
    2枠は3勝で複勝率39%と好成績。
    4枠が2勝で複勝率26%となっています。
    8枠は1勝で複勝率10%、
    7枠は0勝で複勝率11%、
    6枠は0勝で複勝率15%と外枠以降は不利となっています。

    脚質別にみると、差し馬が5勝で複勝率19%となっており、
    先行馬は3勝ながらも複勝率が40%と好成績を残しています。
    頭数が少ない逃げ馬は2勝を挙げており、複勝率は30%、
    追い込み馬は3着が2回あるのみで、複勝率は4%と大苦戦となっています。


    それでは印と予想を見ていきましょう。

    ◎アングライフェン
    ○ルミナスウォリアー
    ▲サトノアレス
    △ケイティープライド
    △ナリタハリケーン



    ◎はアングライフェンです。
    前走の巴賞は先行するサトノアレスに敗れはしたものの、
    上り最速を披露してクビ差まで追い詰めました。
    距離が1F延びる今回は逆転が十分に可能と見ています。

    55キロで出走できるのも魅力で、先行しても差しても問題なく、
    洋芝適正もありそうです。鞍上は北村友一騎手で、3~5番人気が想定されています。


    ○はルミナスウォリアー。
    6歳馬で昨年オープンへ昇格してからは5戦を消化して着外はわずかに1回のみ。
    全体の成績でも21戦して着外がわずかに2回という堅実な成績を残しています。

    前走はG2の金鯱賞で、3着とはコンマ1秒差の5着に敗れています。
    また、2走前のAJCCでも4着に入っており、G2でも通用しているところを見せています。
    55キロで鞍上は柴山騎手で4~6番人気が想定されています。


    ▲には2歳王者のサトノアレスです。
    前走の巴賞は皐月賞以来のレースで初古馬と対戦になりましたが、
    1番人気に応えています。巴賞の勝ち馬は相性が悪いのと、
    今回は頭数も一気に増えますので、評価を下げましたが、
    秋へ向けて競馬を盛り上げてもらうためにも活躍してほしい1頭といえるでしょう。

    洋芝適正があり、中団からの差し脚に定評があります。
    鞍上はルメール騎手で1番人気となるでしょう。


    △にはケイティープライドとナリタハリケーンの穴馬2頭を推します。
    前者は昨年の2着馬でハンデは今年も変わらず52キロ。
    休み明けですが、鉄砲も利きますし、追い切りからも調子は良さそうです。
    先行して粘り込みを図るでしょう。
    鮫島騎手で10番人気以降となりそうです。


    後者は8歳馬ですが、前走の巴賞では最低人気ながらも3着に迫っています。
    もともとダート馬ですが、ここで芝を試すあたり、真骨頂となるか見ものです。
    54キロとそこまで軽量とはいきませんが、中団からの追走でついていければ、
    あっと言わせる存在にはなりそうな雰囲気を持っています。
    藤岡康太騎手でこちらも10番人気以降となるでしょう。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ