プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第22回マーメイドステークス 2017年 競馬予想

    第22回マーメイドステークス

    ~安田記念回顧~


    先週は春のマイル王を決める安田記念が行われました。
    結果はどうだったでしょうか。

    ◎イスラボニータ …8着
    ○エアスピネル …5着
    ▲レッドファルクス …3着
    △ビューティーオンリー …6着

    ◎はまさかの着外となりました。
    道中は中団に付けていましたが、スペースが十分に開かずに
    ルメール騎手が追い出せたのが200mを切ってから。
    これではG1で勝つことは難しいでしょう。立て直しに期待します。

    ○は思い切って後方に下げて内に入り込む騎乗。
    しかし、こちらもスペースが開かずに何とか掲示板を確保でした。
    それでもずいぶんと伸びが良く、従来の先行策とは違った
    競馬を試せたのは収獲といえそうです。いずれはG1を勝てそうな気配でした。

    ▲は距離が長いと見られた中での3着。
    勝ち馬とは距離適性の差かもしれません。
    デムーロ騎手の勝負強さが光った好騎乗といえます。
    秋はスプリンターズSの連覇がかかりますので楽しみです。


    ~マーメイドステークス~


    さて、今週はG1もお休みで、阪神競馬場では
    G3の第22回マーメイドステークスが芝2000mのハンデ戦で開催されます。
    開幕2週目ですが、中間の雨量でどのような馬場コンディションになるか注目です。

    牝馬限定のハンデ戦ということもあり、G1を戦ってきた馬や
    軽量ハンデを受けた馬が激突し、過去10年では10番人気以下の穴馬が8頭
    馬券圏内に入っています。

    好走馬の前走距離を見てみると、過去10年では1800mが6勝を挙げ
    複勝率も23%と好成績。
    次いで2000mが4勝、複勝率25%とこちらも遜色ない成績を見せています。
    1800mと2000mを使われてきた馬を本線に指名したほうが良さそうといえます。

    過去10年の好走馬の負担重量では、53キロを背負った馬が7勝、複勝率37%と
    抜群の成績なのですが、今回は対象馬が無し。
    今回の出走予定馬でトップハンデは56キロですが、1勝、複勝率19%とまずまず。
    最軽量は49キロで馬券圏内には入ったことがありません。

    脚質では差し馬が5勝、複勝率24%。追い込み馬が2勝、複勝率20%と
    以外にも中団待機組が先行勢よりも好走しています。

    ちなみに同レースの過去3年では、
    前走パールSを使われた馬(着順に関わらず)が勝利しており、
    昨年はワンツーフィニッシュとなっています。


    それでは印と予想を見ていきましょう。

    ◎トーセンビクトリー
    ○マキシマムドパリ
    ▲クインズミラーグロ
    △ローズウィスパー



    ◎は良血トーセンビクトリーです。
    キングカメハメハとトゥザヴィクトリーの娘とあって
    セレクトセールでは1億円を超え、角居厩舎に所属するなど
    早くから注目されていました。中々結果がでませんでしたが
    前々走の中山牝馬Sでは見事差し切り勝ちを収めて初タイトルをGETしました。

    前走の阪神牝馬Sは慣れないマイル戦ともあって6着に敗退しています。
    距離が延びる今回は、期待がかかります。
    しかし、G3を1勝しかしていないにも関わらず、
    トップハンデの56キロと少し背負わされました。
    この辺りがどう影響するかですが、中団待機から
    一気の末脚で先頭に立ってくれるでしょう。
    武豊騎手で1番人気が予想されます。


    ○はマキシマムドパリです。
    こちらも以前は武豊騎手が主戦でしたが、前々走の愛知杯では、
    岩田騎手を背負って初の重賞制覇を成し遂げました。
    前走は1800mのオープンレースですが、13着と大敗しています。

    しかし、着差はコンマ6秒と僅差でもあり、
    牝馬限定のここなら十分に通用しそうといえます。
    鞍上は藤岡佑介騎手に乗り替わり、55キロを背負って3~5番人気が想定されます。


    ▲はクインズミラーグロ。
    前走の福島牝馬Sでは武豊騎手とのコンビで1番人気に支持されましたが、
    スタートで後手を踏み3着。これで重賞は3戦連続で3着になっています。
    同馬はスタートが課題といえますが、
    後方待機が有利な同レースではさほど心配なさそうといえます。

    むしろ馬体重の増減に注目が集まります。
    ここ4戦では連続で増減10~12キロとなっており、
    馬体重の維持が難しい馬といえます。
    遠征となる今回は減少になるといえ、
    当日の馬体重をチェックしたほうが良さそうです。
    鞍上は幸騎手で54キロを背負い、2~3番人気になりそうです。


    △はローズウィスパーです。
    同馬は1000万下クラス(降級のため)で各上挑戦となりますが、
    前走は1800m戦のパールSを使われており、上り3Fは33秒8をマークしています。
    ハンデも51キロと軽量で、好走しているパールSからの
    魅力ある穴馬として期待がかかります。
    鞍上は北村友一騎手で8~10番人気となりそうです。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ