プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第67回安田記念 2017年 競馬予想

    第67回安田記念

    ~日本ダービー回顧~

    先週は競馬の祭典、東京優駿(日本ダービー)が行われました。
    結果はどうだったでしょうか。

    ◎レイデオロ …1着
    ○スワーヴリチャード …2着
    ▲アルアイン …5着
    △ダンビュライト …6着

    ◎はスタートから後方待機でしたが、スローペースと見るや
    向こう上面から一気に加速して大外から10頭以上ごぼう抜き。
    3コーナーからは2番手に位置してそのまま押し切り1着。
    ルメール騎手の好判断に馬が応えました。
    これで藤沢厩舎も初のダービー制覇となり
    ソウルスターリングとともに海外遠征の夢も広がっていきそうです。

    ○は左回りだとやはり好レースを見せています。
    スローペースの中、折り合いも付いていました。
    しかし、レイデオロのように馬が動くことが出来なかったのが敗因でしょうか。
    秋には天皇賞やジャパンカップといった
    ビッグレースが東京コースであるので楽しみです。

    今回のダービーは、横山典騎手が騎乗した
    大穴馬のマイスタイルによって作られた超スローペースに各馬が戸惑った模様でした。
    それを見越して自分から動いていったルメール騎手とレイデオロは
    見事な一体感といえるでしょう。


    ~安田記念~


    さあ、今週は第67回安田記念(G1)が東京競馬場芝1600mで行われます。
    春のマイル王決定戦となり、今年は様々なタイプのメンバーが揃いました。
    昨年はロゴタイプが逃げ切り勝ちを収め、
    2着には2番手を進んだモーリスという行った行ったの競馬でした。

    同レースの好走馬の前走出走距離は、
    1600m戦を使われた馬が5勝、2着5回、3着8回と好成績を残しています。
    出走頭数が多い為に、勝率や複勝率は低い数字ですが、
    それでもマイルを使ってきた馬は軽視できません。

    同レースの脚質を見てみると、差し馬が5勝、複勝率16%、
    先行馬が4勝、複勝率24%、逃げ馬が1勝、複勝率20%となっており、
    ある程度中団の位置からでも十分勝算が伺えます。

    世代別で見ると、6歳馬が4勝、複勝率23%とリードしており、
    1番人気が濃厚なイスラボニータには追い風となるデータです。
    次いで5歳馬が3勝、複勝率18%、4歳馬が2勝、複勝率15%となっています。


    それでは印と予想を見ていきます。

    ◎イスラボニータ
    ○エアスピネル
    ▲レッドファルクス
    △ビューティーオンリー



    ◎はイスラボニータです。
    前走のマイラーズカップは休み明けから馬也調教が続いていたので
    無印としていましたが、まったく関係なく圧勝のパフォーマンスを見せました。
    6歳ということもあって、データ的にも追い風になり、
    鞍上のルメール騎手はG1を3週連続勝利中と絶好調。
    ルメール騎手が騎乗した場合はすべて馬券内に入っているほどで
    相性もバッチリといえるでしょう。

    今年に入ってからは大阪杯などの中距離レースには見向きもせず、
    マイルだけに絞ったローテーションも好感が持てます。
    先行しても差しても問題ない馬で展開には左右されなさそうです。
    1番人気が濃厚です。


    ○はエアスピネルです。
    武豊騎手がずっと騎乗していますが、まだ本気で走っていないらしく、
    それでも掲示板を外したことがない堅実なレースだけに、
    馬が本気で走ったらどれほど強いのか魅力ある馬です。
    どのような距離、コースでも一定の結果を出し続けており、
    どこかで覚醒できるのではないかと見ています。

    4歳になってからはマイル戦に照準を絞り、ここを最大目標にしています。
    勝つのは厳しいかもしれませんが、脚質てきに先行できるタイプでもあり、
    三連複には信頼のおける馬といえます。
    2番人気が予想されます。


    ▲はレッドファルクス。
    昨年のスプリンターズSの覇者であり、前走も1400mの京王杯SCを差し切り勝ち。
    マイル戦に勝ち星はありませんが、中団をキープして追い出してからの脚力は
    案外通用しそうな気配を見せています。

    距離を克服できるかは未知数ですが、6歳になり落ち着きも出てきています。
    距離のおかげで人気は落ちそうで、おいしい馬券が期待できそうです。
    鞍上はデムーロ騎手で4~5番人気となりそうです。


    △は穴で香港馬の6歳馬ビューティーオンリーにしました。
    前走は今回出走するコンテントメントに敗れてはいるものの、
    同馬はマイル戦で1分33秒2という好時計もマークしており、
    日本の馬場適正も問題なさそうと思われます。
    斤量も60キロを背負うこともあって、58キロの今回も大丈夫といえるでしょう。

    左回りが初めてで、初遠征になるのが焦点といえますが、
    乗り慣れた鞍上のZ・パートン騎手が騎乗することから
    そこまで心配しなくても良さそうです。
    パートン騎手は日本でもG1を制しており、期待がもてます。
    10番人気くらいになりそうで、高配当が期待できます。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ