プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第22回NHKマイルカップ 2017年 競馬予想

    第22回NHKマイルカップ

    ~天皇賞(春)回顧~


    2強対決に沸いた天皇賞(春)でしたが、結果はどうだったでしょうか。


    ◎キタサンブラック …1着
    ○サトノダイヤモンド …3着
    ▲シュヴァルグラン …2着
    △レインボーライン …12着


    ◎は本当に強くなりましたね。
    あのディープインパクトのレコードを更新する結果に場内もどよめいていました。
    番手でも良し、逃げても良しとまさに理想の競馬を披露しています。
    ハードトレーニングで鍛え上げられた肉体は圧巻で
    2000mから3200mでも変わらぬ強さを誇っています。


    これでG1を5勝目でまさに名馬の仲間入り。
    オーナーの北島三郎氏は秋には凱旋門賞への参戦を表明していましたね。
    父はディープインパクトの兄でもあり、母系は日本の名馬たちの証ですから
    メイドインジャパンとはまさにこのこと。ワクワク感が止まりませんね。


    ○は外枠という不運もあり、コース取りの差で最後は3着に終わりました。
    同馬も成長していますが、勝ち馬が強すぎた印象。
    次走は宝塚記念に参戦せずにフランスへ行くということで
    凱旋門賞では日本馬のワンツーフィニッシュも見られそう。
    2400mではこちらも楽しみといえます。


    ▲はサトノには借りを返したものの、やはりキタサンに強いレースをされたために
    2着死守が精一杯。それでも実力の片りんを見せました。
    まだまだ成長を続けているので、フランスへ遠征した両馬の抜けた穴を埋めるのは
    やはりこの馬でしょう。


    ~ NHKマイルC ~


    さて、今週は難解な一戦となりそうな、第22回NHKマイルカップが
    東京競馬場芝1600mで行われます。
    昨年は牝馬のメジャーエンブレムが牡馬を相手にせず、逃げ切り勝ちを演じました。


    同レースの過去10年における好走馬の前走は、NZTが4勝を挙げており
    複勝率は14%となっています。
    これは出走頭数が多いことから比率では下がりますが
    やはりステップレースとしては毎年好走馬を出しています。
    次いで毎日杯が2勝、複勝率33%、桜花賞が2勝、複勝率20%
    皐月賞が1勝、複勝率30%、アーリントンカップが1勝を挙げています。


    特に皐月賞は着順に関係なく、距離を短縮して好走してきた例が多く
    昨年は皐月賞8着のロードクエストが2着
    3年前には皐月賞15着のキングズオブザサンが3着に入っています。


    過去10年で10番人気以下が10頭も馬券圏内に入るなど
    荒れそうな気配のあるレースですが、人気別に見てみると
    1番人気は6勝、複勝率70%と好成績。
    2番人気が勝ちがなく、複勝率30%
    3番人気が1勝、複勝率40%となっており
    1番人気ら上位人気と穴馬の組み合わせで高配当を狙えそうといえます。
    昨年は1番人気と2番人気が1、2着となり
    3着には12番人気のレインボーラインが入っています。


    脚質的にはあまり不利がないといえます。
    過去10年では差し、追い込み、逃げ馬がそれぞれ3勝ずつ挙げています。
    先行馬と組み合わせた場合、逃げ・先行馬が4勝、複勝率22%
    差し・追い込み馬が6勝、複勝率15%となっています。


    それでは印と予想を見ていきましょう。

    ◎レッドアンシェル
    ○アエロリット
    ▲ジョーストリクトリ
    △プラチナヴォイス


    とても難しいメンバー構成であり、かなり悩みました。


    ◎はレッドアンシェルです。
    前走のア―リントンカップでは、大外枠から休み明けながら
    上り3Fを34.3秒で駆け抜け
    勝ち馬からコンマ5秒離されたものの2着を確保しています。
    勝ち馬は皐月賞で2着に入っており
    アーリントンカップで5着だったジョーストリクトリはNZTを勝利するなど
    相手関係からも本命に推しました。

    左回りは初めてになりますが、切れ味は抜群で、東京コースも合いそうです。
    鞍上はマイルG1を得意としている福永騎手。
    2歳戦では2回騎乗し、2連勝を飾っています。
    久しぶりのコンビで初タイトルを期待しましょう。
    3~5番人気が予想されます。


    ○はアエロリット。
    今回、桜花賞組が3頭登録されていますが、同馬は3番手の評価。
    しかし、マイル戦に一番適していそうなのが同馬です。
    同馬は1勝馬ですが、重賞2着が2回で桜花賞も5着。

    先行馬でしたが、前走の桜花賞は後方待機で直線から抜け出し
    強烈な末脚を披露しています。もともと先行していても、上りのタイムは速いので
    どんな展開でも器用にこなしそう。
    鞍上はここ1番に強い横山典弘騎手。
    4~6番人気が想定されています。


    ▲はジョーストリクトリ。
    前走のNZTは距離が長いと言われていたマイル戦で
    12番人気ながらも先行集団から抜け出し、みごと快勝。
    東京コースで後ろからの競馬になると厳しそうですが
    左回りも2勝しているので苦手ではなく
    先行していかに粘り込むかがポイントとなりそうです。

    鞍上は武豊騎手で、管理するのは清水久調教師。
    キタサンブラックとのコンビで2週続けてG1制覇を期待したいところです。
    また、武豊騎手は春のG1で大阪杯から天皇賞まで4戦連続で3着以内に入っており
    好調をキープしています。
    人気は難しいですが、4~7番人気となりそうですけど
    武豊人気で1番人気となってもおかしくはありません。
    ちなみに父親はジョーカプチーノで、2009年の同レースを10番人気で制しています。


    △は皐月賞組からプラチナヴォイスです。
    皐月賞は10着に敗れはしましたが、着差はコンマ5秒とほとんど差がありません。
    中距離を使われており、スタミナには問題がないといえます。
    右回りで右にもたれるクセがあるそうで、左回りになるとどうなるかが見ものといえます。
    鞍上は4年目の若手石川騎手。
    若い勢いで思い切った騎乗を期待できます。
    10番人気くらいになりそうで、穴馬として高配当を願いましょう。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ