プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第155回 天皇賞(春) 2017年 競馬予想

    第155回 天皇賞(春)

    ~マイラーズC回顧~


    G1が中休みだった先週、安田記念のステップレース、マイラーズカップがありました。
    結果はどうだったでしょうか。


    ◎エアスピネル …2着
    ○ブラックスピネル …4着
    ▲プロディガルサン …7着
    △フィエロ …6着


    ◎は勝ったイスラボニータに迫りますが、あと一歩及ばず2着。
    それでも毎回安定した走りを見せており、4戦目となる安田記念へ向けて
    視界良好といえる内容です。


    ○は上がり最速32.8をマークして、伸びてはいるものの
    もう少し展開が向けばというところ。
    東京開催となる安田記念で巻き返しを図りたいところです。


    ▲は位置取りが後方になってしまい、勝ち馬と上り3Fは変わらないものの、
    捉えきれずに7着。東京コースで挽回できそうで、次戦に期待しましょう。


    ~天皇賞(春)~


    さて、今週は第155回ともなる春の天皇賞(G1)が
    京都競馬場芝3200mで行われます。
    今年は最強馬決定戦ともいえる2強が順調に揃い踏みし、注目度が上がっています。


    実はこの天皇賞(春)ですが、なんと過去10年で1番人気が勝利していません。
    昨年の勝ち馬キタサンブラックも2番人気でした。
    今年はキタサンブラックかサトノダイヤモンドのどちらかになるでしょうから
    飛ぶ可能性は低いとみられています。


    ちなみに過去10年では2番人気が5勝、3番人気が1勝で2着4回
    1番人気に至っては3着が1回のみとなっています。


    枠順は1枠が5勝、3枠が2勝と内枠有利になっています。
    前回出走レースは、日経賞と大阪杯、阪神大賞典がそれぞれ3勝ずつしています。


    それでは印と予想を見ていきましょう。

    ◎キタサンブラック
    ○サトノダイヤモンド
    ▲シュヴァルグラン
    △レインボーライン


    恐らく本命決着で決まりそうです。
    馬券は3連単で勝負したほうが無難といえます。


    ◎はキタサンブラックです。
    昨年の年度代表馬で、今年に入ってからもG1に昇格された大阪杯を快勝し
    名実ともにチャンピオンホースといえる存在です。
    しかし、昨年の有馬記念ではサトノダイヤモンドに敗れていることから
    ここできっちりと借りを返しておきたいところでしょう。

    同馬はスタートが速く、そのままスピードに乗って先手を取り
    鍛えられたスタミナを披露してゴール前までしぶとく粘り込めるのが武器といえます。
    鞍上の武豊騎手とは相性も抜群で折り合いも付きやすく
    今回も競りかける馬が見当たらないことから、楽に先手を取れるでしょう。
    サトノダイヤモンドとの駆け引きがポイントですが
    本馬は他馬を気にすることなく自分のペースでレースを作れるところが
    本命に推す一番の理由です。
    1番人気が予想されます。


    ○はやはりサトノダイヤモンド。
    有馬記念とは予想が逆になりましたが
    菊花賞と有馬記念を勝利し、年明け初戦を見事に完勝した内容は
    見事としかいいようがないものです。

    もともと前年の菊花賞馬は翌年の天皇賞(春)好走する例が多く
    メジロマックイーンからでもライスシャワーやビワハヤヒデ、ナリタブライアン
    マンハッタンカフェ、ヒシミラクル、ディープインパクト
    そして昨年のキタサンブラックが勝利しています。
    また、セイウンスカイやナリタロップロードのように、3着以内に入っている馬もいます。

    キタサンをマークする形になりそうですが、どこで仕掛けるかがポイントとなり
    ルメール騎手の手腕に期待がかかります。折り合いに少し難がありそうで
    3200mとなる今回は印を下げました。
    2番人気になりそうです。


    ▲はシュヴァルグランです。
    長距離適正という点では、上位2頭を除けば同馬が1番となりそうです。
    サトノダイヤモンドかキタサンブラックのどちらかをマークするようですが
    折り合いが苦手なタイプではありませので、キタサンをマークしながら
    サトノよりも早めにスパートしそうな雰囲気です。
    鞍上は福永騎手で3~4番人気が濃厚です。


    △はレインボーライン。
    NHKマイルC、菊花賞と人気薄ながらも馬券内に入り、力があることを証明しています。
    マイラーなのか、ステイヤーなのかイマイチ判断しにくい馬ですが
    お父さんのステイゴールドもそんなタイプでした。
    後方に待機して、ポジションを押し上げていき
    3コーナーからの下り坂を利用して一気にまくってきそうです。
    鞍上は大舞台に強いミルコ・デムーロ騎手。
    5~6番人気が想定されます。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ