プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第77回桜花賞 2017年 競馬予想

    第77回桜花賞

    ~大阪杯回顧~


    先週はG1に昇格した大阪杯が行われました。結果はどうだったでしょうか。


    ◎キタサンブラック …1着
    ○アンビシャス …5着
    ▲ヤマカツエース …3着
    △ステファノス …2着


    ◎は逃げ馬を見る形で先行し、直線を向く前からスパートをかけて
    そのまま押し切り勝ち。
    まさに横綱相撲という競馬で、強さが目立ちました。
    次走は天皇賞・春で、サトノダイヤモンドとの再戦が楽しみとなります。


    ○は健闘の5着。メンバーが揃って昨年のようにはいきませんでした。
    それでも中距離では今後が楽しみな存在といえます。


    ▲は小回りコースでも上手に競馬をしていました。
    もう少し前目で競馬をしたかったようですが、
    それでも2000mではやはり世代トップの実力を示しています。


    △は大健闘の2着。
    キタサンブラックを見るようなレース運びで、
    先行できたのが利点といえますね。
    7番人気までオッズが落ちていたので、美味しい配当となりました。


    ~桜花賞~


    さあ、今週は牝馬クラシック第一弾
    第77回桜花賞が阪神競馬場芝1600mで行われます。
    若き乙女たちが凌ぎを削るこのレース。
    昨年は圧倒的1番人気に支持されたメジャーエンブレムが
    先手を取らずに控える競馬でまさかの4着。
    今年はソウルスターリングが1番人気間違いなしでしょうが、どうなるでしょうか。


    同レースの過去10年で好走した馬の前走は
    チューリップ賞が8勝、複勝率39%とやはり強い。
    昨年もチューリップ賞の1、2着馬のワンツーフィニッシュで決まっています。
    フィリーズレビューとエルフィンSが各1勝ずつを挙げており
    クイーンCは2着が3回あります。
    やはり外せないのがチューリップ賞組といったところでしょうか。


    人気別で見てみると、1番人気が3勝で複勝率50%
    2番人気が2勝で複勝率60%
    3番人気が2勝で複勝率40%と上位人気馬が好成績を残しています。


    同コースの過去3年における騎手成績は
    デムーロ騎手が勝率27%、複勝率48%と好成績。
    ルメール騎手も勝率24%、複勝率42%と変わらず良績。
    浜中騎手が勝率18%、複勝率41%
    福永騎手は勝率17%、複勝率39%となっています。
    また、福永騎手は過去10年の桜花賞で4回3着になっており
    そのすべてが5番人気以下という伏兵馬でした。


    それでは印と予想をみていきましょう。

    ◎ソウルスターリング
    ○リスグラシュー
    ▲アドマイヤミヤビ
    △ミスパンテール
    △ヴゼットジョリー



    今年は上位人気馬の実力が抜きんでている印象を受けます。
    本命決着が濃厚といえそうです。


    ◎はソウルスターリングです。
    もはや説明不要の実力馬。
    その能力はジェンティルドンナやブエナビスタ級とも言われています。
    4戦4勝でレース内容も良く、2戦目のアイビーSでは
    後にアーリントンCを3馬身差で勝利する
    牡馬のペルシアンナイトを寄せ付けない強さを見せています。
    すっと先行でき、33秒の末脚を使えるなど
    完璧なレースセンスを披露しています。
    管理する藤沢和雄調教師は、重賞99勝となっており
    同馬でのメモリアル勝利が期待されます。
    鞍上はルメール騎手で、1番人気は間違いありません。


    ○はリスグラシュー。
    チューリップ賞では◎に大きな差を見せつけられましたが
    昨年の阪神JFでは大外枠から伸びて2着を確保。
    負けて強しの内容でした。
    休み明け2戦目で巻き返しが期待でき
    ソウルスターリングへの逆転を密かに狙っています。
    鞍上は武豊騎手で3番人気が予想されます。


    ▲はアドマイヤミヤビです。
    同馬はクイーンカップを勝利して本番に臨みます。
    2走前の500万下では、後に弥生賞を勝ったカデナを抑え込んでおり
    能力的には牡馬にも引けをとらない存在です。
    2戦目の未勝利戦では、稍重のコンディションながらも
    上がり33秒7という豪脚を披露しています。
    ソウルスターリングとは初対決となり、注目が集まっています。
    鞍上はデムーロ騎手で2番人気が濃厚でしょう。


    △の前者はチューリップ賞2着のミスパンテール。
    同馬は新馬戦でスタートにもたつきながら
    小回りで洋芝の札幌コースを大外からまくり上げて
    34秒1の末脚で勝利しています。
    半年ぶりとなった前走のチューリップ賞では
    上がり最速をマークしています。
    切れ味では上位陣とも差がなく
    まだキャリア2戦という伸び代も期待できます。
    鞍上は四位騎手で、5~6番人気となるでしょう。


    △の後者はヴゼットジョリーです。
    2走前の阪神JFでは後方からふらついて伸びており
    最後は前にいた2頭の間を強引に抜け出して5着を確保しています。
    真っ直ぐ走れば掲示板以上は期待できそうな逸材といえます。
    鞍上は福永騎手で、新潟2歳Sを勝利したコンビが復活となります。
    8~10番人気くらいになりそうで、穴としては面白いでしょう。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ