プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第153回 天皇賞・春(京都 芝3200m)競馬予想

    0501bn5721d0c37915c.png

    先週は春のG1中休みとなりましたが、マイラーズカップはどうだったでしょうか!?


    結果の馬番は1着から2-1-4と、内枠の馬が直線も内側を通って脚を伸ばし
    開幕週の馬場を利用していました。


    内枠が有利としても、勝ち馬の松山弘平騎手は
    見事にインを突く好騎乗で結果を残したといえます。


    フィエロは賞金を加算しておきたかったですが、流れに乗れずに惜敗。
    勝ち馬と位置取りの差が出た感じです。
    次走はデムーロ騎手と安田記念の予定です。




    さあ、今週はG1の第153回 天皇賞・春(京都 芝3200m)です! 
    由緒あるレースですが、10年前の2006年に
    あのディープインパクトが勝利して以来、1番人気が勝っていません。


    オルフェーヴルやキズナ、ゴールドシップといった名馬たちも
    1番人気では勝利どころか、馬券圏内にも入れませんでした。
    (ゴールドシップは昨年2番人気で勝利)


    一昔前は、ガチガチの本命鉄板レースでしたが
    この10年では二桁人気の馬が6頭も、馬券圏内の3着までに入っています。
    穴党の方には朗報です☆


    前走を見てみると、過去10年では阪神大賞典組(芝3000m)が4勝を挙げていますが
    天皇賞への出走が多いためか、連対率は7.3%で複勝率は12.7%となっています。


    次に日経賞組(芝2500m)は3勝を挙げ
    2着も5回と好成績で、連対率は15.4%で複勝率は21.2%です。


    そして大阪杯組(芝2000m)は2勝ですが、連対率は25%で複勝率は35%と好成績です。


    天皇賞は58キロと重い斤量を背負います。
    よく馬格があるサラブレッドには1~2キロの斤量差は対して影響ないといいますが
    繊細な馬にとっては長距離を走るのに少しでも軽い方が良いのは言うまでもないでしょう。
    58キロを乗り慣れて、結果を出している馬にも注目したいところです。


    また、長距離レースで同じ京都で行われている菊花賞とも相性が良いのが伺えます。
    菊花賞で好走している馬にも注目してみましょう。




    では、天皇賞・春の出走予定馬から予想をしていきます!


    ◎キタサンブラック
    ◯ゴールドアクター
    ▲サトノノブレス
    △シュバルグラン
    △フェイムゲーム



    ◎キタサンブラック
    天皇賞・春と相性のいい昨年の菊花賞馬で、前走は58キロを背負った大阪杯で2着。
    9戦5勝で、掲示板を外したのが1回のみで他はすべて馬券圏内に収まっています。
    どんな展開にも適応できる自在性を持っているのも強みです。
    3連馬券の軸には持って来いといえます。

    唯一の不安材料は、血統面といわています。
    父親のブラックタイドはディープインパクトの全兄で言うことなしですが、母父のサクラバクシンオーは名スプリンター。
    産駒のほとんどが1200m戦で結果を残しています。
    しかし、サクラバクシンオーの母親は天皇賞・春と有馬記念を制した1980年代の名馬アンバーシャダイの全妹という、隠れたステイヤー的血統背景を持っています。
    そして手綱を取るのが武豊騎手。平成の盾男といわれ、天皇賞・春はなんと6勝を挙げています。現時点での本命として期待です! 
    2番人気が予想されます。



    ○ゴールドアクター
    昨年の有馬記念を制し、目下5連勝中と1番人気も予想されます。
    一昨年の菊花賞で3着となっており、前走の日経賞では58キロを背負いながら勝利。
    馬券的には安心感があります。



    ▲サトノノブレス
    前走はG3の中日新聞杯に出走していますが、58キロを背負い快勝。
    3年前の菊花賞で2着になるなど、長距離適正は十分です。
    セレクトセールでは7900万円で落札されたほどの良血馬。
    人気を背負わないここは穴馬として期待がかかりますが、勝利してもおかしくない存在といえます。



    △シュバルグラン

    △フェイムゲーム
    前者は阪神大賞典を快勝しましたが、斤量が一気に3キロも増える今回は上位人気が予想される為に、馬券的妙味を考えて押さえまで。
    後者は昨年の2着馬。国内の3000mを超える長距離線では5戦して2勝2着が2回と安定した実績を誇ります。
    共に父親がハーツクライで、天皇賞・春ではこの2年間で3頭の馬が馬券圏内に入っており注目です。


    ※こちらはあくまで枠順決定前のファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    GW特別キャンペーン実施中!

    現金3万円 or ポイント3万円分どちらか必ずプレゼント!


    ●先週の的中ハイライト!

    2016年04月24日の買い目提供
    提供レース:東京8R
    レース名:サラ系4歳上1000万円以下
    提供券種:3連単5点、1点1000円
    レース結果:7-2-10
    獲得金額:【163,500円】

    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ