プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第91回中山記念 2017年 競馬予想

    第91回中山記念

    ~フェブラリーS回顧~


    先週は今年最初のG1レース、フェブラリーSが行われました。
    結果を見ていきましょう。


    ◎ノンコノユメ …7着
    ○カフジテイク …3着
    ▲モーニン …12着
    △コパノリッキー …14着


    思った以上に惨敗となってしまいました。
    ◎は少し前目でレースを運び、いい感じで直線に向きましたが
    まったくいいところがなく馬群に沈んでしまいました。
    去勢がマイナスに働いているイメージですね。
    何か手を打たないと、ずるずるといきそう。
    このまま終わってほしい馬ではありません。


    ○は自分の競馬に徹して追い込みますが、3着。
    ポジション取りで迷いがあったのか、かなり大外を回っていました。
    それでも上り3Fは唯一の34秒台をマーク。
    明け5歳馬ですから、これからもっと強くなりそうです。


    ▲は去年と全く違う結果になってしまいました。
    ここ最近の調子が悪いのは気になりますが
    少し負け過ぎな印象を受けます。


    △は理想的な展開となり、折り合いが付いて
    直線で抜け出てくるかなと期待しましたが
    ずるずると失速してしまいました。
    以前ならあそこから力強く伸びてきましたが
    年齢からくるものかもしれません。


    ~中山記念~


    さて、今週から中山と阪神で開催がスタートします。
    日曜の中山競馬場ではG2の第91回中山記念が芝1800mで開催されます。


    このレースは近年ドバイ遠征する有力馬の
    国内ステップレースとして注目を浴び
    昨年はドゥラメンテとリアルスティール
    少し前にはジャスタウェイとヴィクトワールピサが
    ドバイのG1で好走しています。


    今年から大阪杯がG1に昇格するのを受けて
    これからは同レースをステップにする陣営も増えてきそうです。
    その意味合いでも重要な一戦となるのでないでしょうか。


    同コースの過去3年における種牡馬成績は
    ディープインパクトが勝率15%、複勝率32%とリードしています。
    キングカメハメハが勝率11%、複勝率26%
    ステイゴールドが勝率7%、複勝率29%となっています。


    同コースの騎手成績は、戸崎圭太騎手が勝率17%、複勝率41%
    ルメール騎手は騎乗数が少ないものの、勝率31%、複勝率69%と好成績。
    北村宏司騎手が勝率21%、複勝率44%
    田辺裕信騎手が勝率14%、複勝率27%となっています。
    なお、北村騎手は単勝回収率が150%を超えており
    穴馬に乗っても怖い存在です。


    同レースの過去10年における前走の距離成績では
    前走2000mの馬が3勝を挙げており、リード。
    続いて1600mと2500mを使われた馬がそれぞれ2勝ずつ挙げています。


    それでは印と予想を見ていきましょう。

    ◎アンビシャス
    ○リアルスティール
    ▲ツクバアズマオー
    △ヒラボクディープ



    ◎はアンビシャスです。
    昨年は距離が1ハロン長かった宝塚記念で14着と大敗を喫しましたが
    それ以外では安定したレースを見せました。
    昨年の同レースでは、ドゥラメンテには完敗しましたが
    リアルスティールを差し切った実力は見事で
    続く大阪杯でもキタサンブラックを徹底マークして勝利しています。
    切れ味抜群の末脚や先行策を取るなど、脚質に幅を見せており
    レース展開に左右されない強みが出てきています。
    天皇賞秋以来のレースとなりますが、それは昨年と一緒。
    1800mはベストの条件と見ており
    斤量もリアルスティールよりも1キロ軽いことから、こちらを本命にします。
    鞍上はルメール騎手に乗り替わりますが
    過去に5戦騎乗しており、すべて連対しています。
    ディープ産駒で1~2番人気となるでしょう。


    ○はリアルスティールです。
    昨年の3着馬ですが、今年は58キロで出走と他馬よりも
    負担が大きくなっています。
    もともと、強い世代ともいわれている中で一番評価されていました。
    ドゥラメンテやキタサンブラックに差を付けられた感はあり
    サトノダイヤモンドやマカヒキら現4歳世代よりも評価が下がっています。


    しかし、昨年の安田記念で大敗した以外は安定して成績を残しており
    ドバイDFでは圧巻の走りでG1制覇を成し遂げました。
    今回は得意の中距離戦ということもあって、巻き返しに期待がかかります。
    良いレースをして再度ドバイへ羽ばたいてほしいですね。
    ディープ産駒で鞍上は戸崎騎手。
    1~2番人気が予想されます。


    ▲はツクバアズマオー。
    中山芝では5勝を挙げており、ここ2走は中山芝2000mを連勝しています。
    特に前走の金杯では中団後方から徐々に進出し
    上がり最速をマークして差し切り勝ち。
    得意の舞台でここでも中心的存在となりそうです。
    ステイゴールド産駒で鞍上は吉田豊騎手。
    3~4番人気が濃厚です。


    △はヒラボクディープ。
    7歳馬ですが、まだまだ元気そのもので
    1年以上の長期休み明けの前走だった白富士Sでは大きく負けずに6着を確保。
    距離短縮で切れ味が増しそうな気配を出しています。
    ディープインパクト産駒で、鞍上は北村宏司騎手。
    10番人気くらいの穴馬といえます。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ