プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第51回共同通信杯 2017年 競馬予想

    第51回共同通信杯

    ~東京新聞杯回顧~


    先週は東京新聞杯が行われましたが、結果はどうだったでしょうか。


    ◎エアスピネル …3着
    ○プロディガルサン …2着
    ▲ロイカバード …9着
    △ヤングマンパワー …6着


    ◎は賞金を加算できませんでした。
    超が付くほどのスローペースになり、先行はするものの
    やはり瞬発力勝負になると昨年のクラシック同様に決め手に欠いてしまいますね。
    折り合いは付いていましたが、じりじりとしか伸びずに3着。
    G1ではもっと早いペースになるので、期待がもてますが
    展開に左右されるのは厳しいところです。堅実なんですけどね…。


    ○は何とプラス22キロで出走となりましたが、重目感を見せることもなく
    上り最速の32秒を記録して2着。
    前半800mが49秒8というスローペースでなければ勝っていたかもしれません。
    古馬になっても重賞戦線で活躍していけそうで
    賞金的にはG1でまだまだ苦戦しそうですが
    G3クラスなら次はあっさりと勝ってもおかしくなさそうです。


    ▲は最後方からの競馬となり、9着。
    これだけスローな展開なら見せ場がありませんでしたね。
    次はオープン特別になりそうですが、持ち前のポテンシャルで
    賞金を加算してほしいところです。


    △は2番手に付けましたが、直線に入る手前から手応えが怪しくなり6着。
    逃げた勝ち馬と上りがコンマ1秒しか変わりませんが、伸びがなかったですね。
    リズムが悪かったというジョッキーのコメントがある通り
    休み明け初戦が影響した感じです。


    ~共同通信杯~


    さあ、今週は第51回G3共同通信杯が東京競馬場芝1800mで開催されます。
    例年クラシックへ向けて有力馬が登場しています。
    過去5年の馬券圏内に入った出走馬にはディーマジェスティ、ドゥラメンテ
    イスラボニータ、ゴールドシップ、ディーププリランテがクラシックを制覇しています。
    また、リアルスティールやスピルバーグも古馬になってG1を制しており
    注目度が高いレースとなっています。


    同コースの過去3年における種牡馬成績は
    ディープインパクトが勝率13%、複勝率37%とリード。
    次いでキングカメハメハが勝率12%、複勝率29%
    マンハッタンカフェが勝率16%、複勝率23%
    ハーツクライが勝率8%、複勝率26%となっています。


    同コースの騎手成績は、ルメール騎手が勝率24%、複勝率56%と好成績。
    次いで武豊騎手が勝率22%、複勝率41%
    戸崎騎手が勝率17%、複勝率41%となっています。


    このレースは上位人気馬が馬券圏内に入る結果を出しており
    1番人気が複勝率60%、2番人気が複勝率50%
    3番人気が複勝率70%となっています。
    買い目の点数は絞ったほうが良さそうですね。


    それでは出走予定馬から印と予想を見ていきましょう。

    ◎スワーヴリチャード
    ○エアウィンザー
    ▲ムーヴザワールド
    △チャロネグロ



    ◎はスワーヴリチャードです。
    同馬はスタートがあまり上手くないのが欠点といえますが
    パワーがある魅力的な走りで広い東京コースも合っている印象といえます。
    前走の東京スポーツ杯では直線で先頭に立ってから脚色が鈍くなり
    最後はプレスジャーニーに差し切られていました。
    それでもクビ差まで粘ったのは底力があるといえ
    クラシックへ向けて有力候補の1頭といえるでしょう。
    鞍上は四位騎手で、朝日杯を勝ったサトノアレスに
    継続騎乗するかと思いましたが、クラシックは同馬で挑むとのこと。
    ダービー2勝ジョッキーが久しぶりにクラシック戦線に有力馬で臨むのも楽しみです。
    セレクトセールではハーツクライ産駒ながら
    1億6千万円を記録し、期待の大きさが表れています。
    2~3番人気となるでしょう。


    ○はエアウィンザー。
    同馬は昨年のクラシックを盛り上げたエアスピネルの全弟です。
    兄は先述の東京新聞杯同様に切れ味でG1を勝てませんでしたが
    同馬はここまで3戦して上り最速をすべてでマークしています。
    母親ゆずりの切れ味を披露はしていますが
    勝ち切れていないのは兄同様もう一つ何かが足りていない印象。
    前走は折り合いを付けて大外から進出するも
    内を突いた勝ち馬に足元をすくわれてしまいました。
    角居調教師も期待が大きい馬なので
    かつては重賞の常連だった武・角居コンビで久しぶりに
    G1制覇へ向けて頑張ってほしいところです。
    キングカメハメハ産駒で鞍上は武豊騎手。
    1~2番人気が想定されます。


    ▲はムーヴザワールドです。
    同馬は新馬戦でエアウィンザーに勝利し
    前走の東京スポーツ杯では1番人気となりましたが、3着に敗れています。
    ですが、スワーヴリチャードとの着差はハナ差ですから
    今回で逆転は十分可能といえます。早い時期から期待されてきた馬で
    ディープインパクト産駒、ノーザンファーム生産、馬主サンデーレーシング
    石坂厩舎、ルメール騎手から戸崎騎手と人気は間違いない設定ですね。
    東京コースが合いそうで、ダービーを目標にしたローテーションも好感が持てます。
    1~3番人気となるでしょう。


    △はチャロネグロです。
    何か言いにくい馬名ですが、カクテルが由来だそうです。
    こんなオシャレな名前を思いつくのは、やはり金子真人オーナーですね。
    セレクトセールで7千万円で落札されているほどの期待馬で
    新馬戦は見せ馬がなく9着に敗れていますが
    前走の中山芝2000mの未勝利戦では圧倒的1番人気だったパルフェクォーツを相手に
    大外からまくり気味に上がってきて半馬身差で勝っています。
    少し古いですが、皐月賞を勝ったナリタタイシンのようなキレを披露しており
    東京コースならばもっとすごい脚を見せてくれそうです。
    ハーツクライ産駒で鞍上は田辺騎手。
    6~8番人気くらいが予想され、穴馬としては魅力的です。
    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!




    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ