プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第96回 凱旋門賞 2016年 競馬予想

    第96回 凱旋門賞2016年
    ~神戸新聞杯回顧~


    先週は菊花賞トライアルの神戸新聞杯がありましたが、予想と結果はどうだったでしょうか。


    ◎サトノダイヤモンド …1着
    ○エアスピネル …5着
    ▲ミッキーロケット …2着
    △レッドエルディスト …3着


    ◎は貫禄勝ちといった内容でしょうか。
    しかしながら、ここで突き離して勝てないようだと
    本番はひょっとすると足元をすくわれるかも…と思わせる内容の気もします。
    それでも最後の1冠へ向けて、一番近い馬といえるでしょう。


    ○は終始折り合いに専念していつもと違う後方からの競馬になりました。
    いい感じでコーナーを上がってきましたが、そこから伸びませんでした。
    どうも善戦マンというイメージが付きましたが
    次走は自身が一番強い勝ち方をした京都コースです。
    人気も落ちるようなので、実は期待大かもしれません。


    ▲は夏を経て一番成長したのではないでしょうか。
    皐月賞では全く歯がたたなかった◎を、最後クビ差まで追い詰めたのは驚きでした。
    大外枠が影響して、もう少し前で競馬をしたかったみたいですが
    本番では内枠を取れれば面白い存在となりそうです。


    △は同厩舎の○よりも上の着順となりました。
    どうしても後方からの競馬になるので、菊花賞は厳しい戦いになりそうですが
    叩き2走目で変わり目が見込めるのはプラスです。



    ~凱旋門賞~

    さあ、今週はGIスプリンターズS…と言いたいところですが!
    そう、凱旋門賞です!
    スプリンターズSはハメさんに任せるとして、私は凱旋門賞の精査に望んでおりました!


    日本からはマカヒキが前哨戦のニエル賞を快勝して臨みます。
    本当に楽しみですね。
    しかも今回からは、日本で馬券が買えるということで俄然注目が集まるところです。


    さて、そうは言ってもやはり国内レースに比べると予想がしづらい凱旋門賞。
    しかも今年はロンシャン競馬場ではなく、シャンティイ競馬場です。
    (誤字じゃないですよ、しゃ・ん・てぃ・い競馬場です)
    シャンティイといえば、今年エイシンヒカリが
    イスパーン賞で10馬身の圧勝劇を演じた舞台です。
    となれば、同じディープインパクト産駒のマカヒキも大いにチャンスがありそうですね。


    シャンティイ競馬場は右回りコースですが
    スタートしてなぜか左にカーブを曲がり、次に右にカーブを曲がるという変わったコースです。
    いや、現地では当たり前のコースなんでしょう。
    なので、枠順で有利不利が出るのかわかりません。


    高低差最大10mの坂があり、後半1000mくらいから
    ダラダラと坂を上ったり下がったりして、長い直線を迎えます。
    スパイラルカーブを曲がって直線を迎えるので
    長い直線が2本もあるロンシャンよりかは、どちらかというと日本馬向きといえます。


    そして、シャンティイでの騎乗成績が良い騎手は…
    となってもデータがほとんどありません。
    しかしながら、スミヨンやギュイヨンは重賞も制しており
    日本でも馴染みがある名前でフランスで活躍する一流騎手。
    そしてもう一人、馴染みがもっとも深いといえば、やはりこの人オリビエ・ペリエでしょう。
    2012年にオルフェーブルを破ったソレミアで凱旋門賞を4勝しています。
    今年も穴馬に騎乗しますので、軽視するのは危険かもしれませんね。



    それでは出走予定馬から予想をみていきましょう。

    ◎ポストポンド
    ○シルバーウェーヴ
    ▲ファウンド
    △マカヒキ




    ◎はポストポンド。
    出走メンバーでは最高クラスの戦績で
    昨年のキングジョージから6連勝を誇っています。
    その内5戦が2400m(ドバイSC含む)と距離適性は抜群です。
    何といっても今年のドバイシーマクラシックで
    日本最強馬のドゥラメンテに2馬身差をつけた圧勝劇は衝撃でした。
    鞍上はアッゼニ騎手で1~2番人気となるでしょう。


    ○はシルバーウェーヴです。
    昨年は凱旋門賞で13着と大敗していますが、今年に入ってイスパーン賞で3着。
    その後、サンクルー大賞典とフォア賞を連勝しています。
    このローテーションはエルコンドルパサーと同じで、戦績も似ています。
    鞍上はスミヨン騎手で、人気は5~8番人気になりそうです。


    ▲はファウンドです。
    ポストポンドに負けない戦績を誇り、G1の2着が実に9回もあります。
    昨年の凱旋門賞は9着に敗れていますが
    その後のブリーダーズカップターフでは見事に勝利しています。
    鞍上には少ない騎乗機会で日本でもG1を5勝している世界の名手
    ライアン・ムーア騎手を配しており、注目の1頭となります。
    4~6番人気となりそうです。


    △はマカヒキです。
    ここまで印を落としたのは、やはり世界最高峰のレースということがあります。
    日本の競馬場でなら間違いなく◎を打ちますが
    キャリア6戦で前哨戦を勝利したとはいえ、小頭数の競馬。
    多頭数となる今回で、前走のような脚を使えるか不安となり
    シビアに判断してこの予想となりました。
    後は馬券的には1番人気になるので、仕方なくといったところ…
    しかしながら、個人的には当然マカヒキを応援しますよ。
    ルメール騎手に期待ですね。


    今回はJRAでの馬券販売ということで、オッズはかなり分かりづらいですが
    ポストポンドとマカヒキ、そして印には入れてませんが
    レフトハンドは上位人気3頭となりそうです。
    あと、重賞未勝利ながらペリエ騎手が騎乗するミグワールなんかも
    2400mを4戦して複勝率100%と、何か穴としていれておきたい気持ちもあります!


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ