プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第64回 神戸新聞杯 競馬予想

    第64回神戸新聞杯
    ~セントライト記念回顧~


    秋競馬が始まって、G1へ向けて各有力馬のニュースも慌ただしくなってきました。
    それでは先週のセントライト記念の結果を見ていきましょう。


    ◎ディーマジェスティ…1着
    ○メートルダール…6着
    ▲ゼーヴィント …2着
    △ノーブルマーズ …5着


    ◎は貫禄勝ちでしたね。
    スタートしてほぼ最後方といってもいいくらいの位置で折り合いをつけていましたが、
    3コーナー付近から押し上げて大外を回りながら上り最速タイで駆け抜けました。
    着差はクビ差ですが、それ以上に強さが目立ったレースといえます。
    マカヒキやサトノダイヤモンドとの再戦が楽しみです。


    ○は最内枠からスタートしてインを確保して中団をキープしていましたが、
    3コーナーから各馬のペースが上がるのに付いていけないように感じました。
    馬が追い出しに応えた時には大外へ出さないと進路が無かったように見受けられ、
    ロスが響いた結果となってしまいました。


    ▲はスタートしてから先行集団に付けて、好位置でレースを進めていました。
    先行抜け出しが出来るのは幅が広がったといえ、菊花賞に楽しみが増えました。


    △はスタート後に騎手の追い出しに馬がついていけず、逃げることができませんでした。
    先行集団にかろうじて付いていきますが、重賞ともなると難しいですね。
    それでも掲示板を確保したので、賞金的に厳しいですが
    菊花賞に出走できれば楽に逃げれると思うので、期待できるかもしれません。



    ~神戸新聞杯~

    さて、今週は菊花賞トライアル第二弾、第64回神戸新聞杯G2が
    阪神競馬場芝2400mで開催されます。
    最強世代といわれる今年の3歳馬において、
    いまだにG1を未勝利ながら世代№1といわれるサトノダイヤモンドが出走してきます。

    このレースは人気馬が強く、過去10年で1番人気は勝率50%、
    複勝率80%を誇ります。
    また、2・3番人気も複勝率60%と軒並み高く、
    穴人気決着というのは望みにくいものとなっています。

    ローテーション的には、やはりダービーから直接来た馬が8勝を挙げており、
    断トツの成績となっています。
    2着も7頭いるので、前走がダービーの馬は軸として外せないでしょう。

    同コースの過去3年における種牡馬成績は、
    ハービンジャーが勝率14%、複勝率36%、
    次いでキングカメハメハが勝率11%、複勝率32%、
    ハーツクライが勝率8%、複勝率37%、
    ディープインパクトが勝率4%、複勝率26%となっています。



    それでは予想と印を見ていきましょう。

    ◎サトノダイヤモンド
    ○エアスピネル
    ▲ミッキーロケット
    △レッドエルディスト




    ◎はサトノダイヤモンドです。
    何といっても王道レースの皐月賞3着、ダービー2着と実績は抜群。
    一番のライバルと見られていたリオンディーズが屈腱炎で回避したので、
    同馬の優位は動かないでしょう。
    ラスト1冠へ向けて勝利はもちろん、その内容も問われることになるでしょう。
    父親はディープインパクト、鞍上はルメールで1番人気は間違いありません。


    ○はエアスピネルです。
    春は皐月賞、ダービーともに4着と残念な結果になっていますが、
    それでも今年はサトノダイヤモンドやマカヒキ、ディーマジェスティ、
    リオンディーズの4強にしか負けておらず、
    上位4強ともそれほど差のない堅実な走りを見せています。
    マイラーと言われる体型で、常に距離不安と囁かれていますが、
    折り合いがついて先行出来る脚質は魅力です。
    父親はキングカメハメハで鞍上は武豊騎手。
    2番人気となるでしょう。


    ▲はミッキーロケット。
    上位2頭に割って入るなら、同馬が一番でしょうか。
    クラシックは皐月賞で13着と大敗していますが、
    夏は北海道で500万下と1000万下条件戦で古馬相手に勝利しています。
    元は1億に近い取引で落札された同馬。
    夏を経てどれだけ春の実績馬に近づけたか、試金石の一戦になります。
    父親はキングカメハメハ、鞍上は和田騎手、3~5番人気が予想されます。


    △はレッドエルディスト。
    年明けデビューで、キャリア3戦で臨んだ青葉賞で2着に入っており、
    ダービーでは5着に入ったリオンディーズとわずかコンマ3秒差の9着。
    まだ5戦目で一番伸び代がありそうな気配で、
    同厩舎のエアスピネルと稽古を付けられるのも好材料といえます。
    人気馬よりも後方に位置することになり、
    どれだけ切れる脚を使えるか楽しみでもあります。
    残念なのは、意外に人気しそうなところですかね。
    父親はゼンノロブロイ、鞍上は四位騎手で、3~5番人気になるでしょう。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ