プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第76回 皐月賞 競馬予想

     
    先週の第76回桜花賞はもの凄いハナ差の決着となりました。
    予想はどうだったでしょうか、みていきます!
     
    ◎シンハライト      2着
    ○ジュエラー       1着
    ▲メジャーエンブレム   4着
    △レッドアヴァンセ    7着
     
    やっぱり宝石馬券になりましたね。
    1着と2着は僅差でしたから、◎は少し早く動いた分で負けてしまった印象。

    チューリップ賞とは逆になってしまいました。
    ○は切味も抜群で、距離が延びるオークスで2冠を達成する可能性大ですね。

    いずれにしてもオークスは名勝負が期待できそうです。
    圧倒的1番人気に支持された▲は懸念された前へ行けなかったことが敗因と思います。

    △は現時点では体力がないのかなと。馬体重も+2キロともう少し大きく増えて秋に期待ですね。
     
     
     
    さあ、今週は牡馬クラシック第一弾の第76回皐月賞が中山競馬場で行われます。
    記憶に新しい昨年はドゥラメンテが豪脚を披露して皐月賞とダービーを制して2冠を達成しています。

    デムーロ騎手は外国人騎手としても異例の皐月賞4勝目で勝率も5割を超えています。
    今年はリオンディーズに騎乗予定で5勝目を取れるか注目です。
     
    今年は例年になく豪華メンバーが揃った皐月賞。
    「リオンディーズ」「マカヒキ」「サトノダイヤモンド」で3強と言われていますが、上位人気の3頭以外にも有力馬はいますよね。

    小回りの中山芝2000mは内枠の馬と先行馬が有利とされています。
    ただし、たまに早いペースで流れると大外から後方一気が決まるときもあります。
     
     
     
    中山芝2000mの過去3年のデータを見てみましょう。
    人気別では…
    1番人気は勝率32%で複勝率61%と抜群の成績。
    2番人気は勝率21%で複勝率60%とこちらも優秀。
    3番人気は勝率19%で複勝率45%と好成績。
    4番人気は勝率 7%で複勝率32%と安定した成績となっています。

    上位人気が圧倒的に好成績を誇っています。

    トリッキーなコースですが、意外にも荒れてなく、人気通りに決着する傾向が強いですね。
    何せ4番人気までで勝率が80%となっています。
     
    種牡馬成績もディープインパクトが勝率18%で複勝率が37%と優位。
    次いでキングカメハメハが勝率10%で複勝率が34%と好成績を収めています。
    これは上位人気でディープかキンカメ産駒なら掲示板を独占するのではないでしょうか!
     
     

    では皐月賞の予想をしていきましょう!
     
    ◎リオンディーズ
    ○エアスピネル
    ▲アドマイヤダイオウ
    △マカヒキ
     
     
    ◎リオンディーズ
    1戦1勝でGIの朝日杯を制し、世代の頂点に立ちました。
    前走の弥生賞は早めに先頭に立つ競馬で最後はマカヒキに差されましたが、朝日杯の末脚をみると昨年のドゥラメンテを彷彿させてくれます。
    1番人気が予想され、鞍上のデムーロ騎手は先週も桜花賞を勝利し、絶好調です。
    父親のキングカメハメハと母親のシーザリオ共にクラシックを勝利している良血馬が栄光に1番近いでしょう!
     
     
    ○エアスピネル
    3強から差を空けられた感じですが、元々この世代で1番強いとされていた馬です。
    中山コースで先行すれば3強に逆転するのも不可能ではないでしょう。
    レース当日の落ち着きがカギを握ります。
    父親はキングカメハメハで母親は秋華賞馬のエアメサイア。
    母親の叔父には第60回皐月賞を勝ったエアシャカールがいる良血馬です。
    鞍上の武豊騎手はエアシャカール、エアメサイアの主戦ジョッキーでした。
    縁の血統で勝利できるか期待ですね。4番人気に落ち着くとみています。
     
     
    ▲アドマイヤダイオウ
    5、6番人気が予想されます。
    ここで大きく取り上げたのはそのスケールの大きさです。
    デビュー戦はリオンディーズに完敗しましたが、その後3連勝。
    どちらかというと皐月賞よりダービー向きに思えますが、前走の若葉Sでは直線で並ばれてから最後まで抜かせませんでした。
    勝負根性がありそうで、前々で運んで粘り込みをしてくれそうです。
    こちらは父親がディープインパクトです。
     
     
    △マカヒキ
    2番人気が予想されます。
    前走はリオンディーズとエアスピネルを破り、一躍3強の主役に躍り出ました。
    若駒Sから弥生賞へと駒をすすめて無敗の3連勝というのは父親のディープインパクトと同じです。
    姉のウリウリは重賞2勝馬で姉弟とも馬主は金子真人オーナー。
    そうです。キングカメハメハとディープインパクトのオーナーです。
    何か持っていそうですね。それでも星を落としたのは多頭数の経験がないのと乗り替わりがあるからです。
    主戦のルメール騎手がサトノダイヤモンドを選んだため、川田騎手に乗り替わります。
     
     
    3強を形成するサトノダイヤモンドは無印としました。
    こちらも3戦無敗で3番人気になりそうですが、長距離輸送が未経験ということと、ルメール騎手の調子が今一つ上がらないことで印を消しました。

    とはいってもセレクトセールにて2億4000万で落札された良血馬。あっさり勝ってもおかしくはありません。
     
     
     
    ※こちらはあくまで枠順決定前のファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。
     



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ