プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第65回ラジオNIKKEI賞 競馬予想

    第65回ラジオNIKKEI賞

    ~宝塚記念回顧~

    競馬には絶対がありませんが、先週の結果は少し残念なものとなりました。
    それでは宝塚記念の予想と結果をみていきましょう。

    ◎ドゥラメンテ …2着
    ◯キタサンブラック …3着
    ▲トーホウジャッカル …15着
    △ステファノス …5着

    勝ったのはマリアライトでした。
    稍重発表でしたが馬場は思った以上に荒れた馬場になっていました。
    当日予想では馬場状況の報告が上がってから検討対象にはなったのですが
    印を打つには至らず…非常に悔しい結果となりました。

    しかしこの馬はこういう馬場に適正がありそうです。
    秋にはエリザベス女王杯連覇に向かうのか、牡馬相手に向かうのか注目です。

    ◎は直線豪快に追い込むも、クビ差届かずに2着止まり。
    上がり最速を使いますが残念でしたね。
    しかし負けたこと以上に残念なのが、ゴール後バランスを崩して脚を痛めたことでしょう。

    先日、現役を引退する発表がなされました。
    現役最強馬として凱旋門賞に向かってほしかったのは
    多くのファンや関係者も同じでしょうが、血のつながりというのも競馬の一つの魅力。
    ここは次の世代に期待しましょう。

    ◯はまたしても一番人気にはなれませんでしたが、やはり先行すれば強いですね。
    1000mを59.1秒という流れは、あの馬場を考えるとさすがに早い流れ。
    それでも逃げ粘って3着を確保し、先行勢がこの馬以外全滅したことを考えれば
    負けて強しの内容です。

    ▲はハイペースが響いたのか4コーナー手前で失速していました。
    天皇賞の疲れがあったのかもしれません。
    逆にこれで人気が落ちれば、秋には馬券でおいしい思いができそうです。

    △は掲示板の上位馬がすべてG1馬ということを考えれば健闘といっていいでしょう。
    もう少し短い距離で秋には期待がかかります。



    ~ラジオNIKKEI賞~

    さあ、ここからはG1も終了して、夏競馬に突入です。

    新馬戦が活発になり
    条件戦では降級馬や斤量の軽い馬たちが現れて馬券的にも難しいですが
    おいしい配当が目白押しになっていきます。

    今週は第65回ラジオNIKKEI賞が福島競馬場芝1800mで開催されます。
    私が今週末足を運ぶ予定の中京CBC賞はハメさんに取られてしまったので
    コラムではこちらのレースを攻略したいと思います(笑)

    昨年は先週の宝塚記念で3番人気になっていたアンビシャスが
    トップハンデをモノともせずに快勝しました。

    3歳重賞で珍しいハンデ戦ということもあり、荒れたり平穏だったりするレースですが
    コース形態が小回りで、毎年開幕週ということもあり
    ペースが速くなって意外な伏兵が飛んできたりします。

    2012年には1着・2着に人気馬が収まり
    3着には単勝オッズが132倍という16番人気が入りました。
    人気馬を軸に、穴馬を抑えるというパターンが多いといえるレースです。

    データの統計が難しいレースですが
    開幕週でコーナー4回の小回りコースということもあり
    やはり先行馬が有利といえます。

    過去10年でも先行馬が5勝を挙げています。
    差し馬は4勝と続いていますが、それでも後方待機では難しく
    比較的中団より前目で脚を溜められる馬でないと厳しいといえるでしょう。

    開催が少ないこともあり、福島競馬場での騎手成績でみてみると
    抜群の成績を誇っているのが、関西の武豊騎手です。
    武豊騎手は勝率28%、複勝率50%と
    少ない騎乗にもかかわらず圧倒的な数字をみせています。

    次いで蛯名騎手、内田騎手が続きます。
    リーディングジョッキーの戸崎騎手は勝率が10%を切るなど
    福島では芝よりもダートの方が好成績を残しています。
    あと、関西では福永騎手も複勝率は50%を超えています。



    それではラジオNIKKEI賞の出走予定馬から印をみていきましょう。

    ◎ブラックスピネル
    ◯アーバンキッド
    ▲ミライエノツバサ
    △ピックミータッチ




    ◎はブラックスピネルです。
    斤量がトップハンデの57キロというのが少しネックですが
    ハートレー・マカヒキ・スマートオーディンといった強豪馬と戦ってきた実績から
    トップハンデでも格の違いを見せてくれそうです。先行できるのも魅力。
    鞍上の武豊騎手は久しぶりの福島参戦で、この日は2レースにしか騎乗しませんが
    この馬のために来たといっても過言ではないでしょう。
    名手の本気度が伝わってきます。
    一番人気になりそうです。

    ◯はアーバンキッド。
    前走のNHKマイルカップでは対抗に推しましたが、16着と惨敗。
    今回はメンバーも落ちて比較的楽に追走できるでしょうから
    実績的にも馬券的には期待大です。
    福永騎手で2番人気になるでしょう。


    ▲はミライエノツバサ。
    前走の皐月賞は終始後方で終わりましたが、鞍上は乗り慣れた内田騎手に戻ります。
    斤量も53キロと有利で、小回りコースへの適応力もありそうで
    すんなり先行集団の後ろにつければ馬券圏内は十分可能とみています。
    5~6番人気になりそうです。


    △はピックミータッチです。
    関東の名門・藤沢厩舎に所属しており
    シンコウラブリィを生んだハッピートレイルズの孫にあたります。
    厩舎ゆかりの血統で、セレクトセールでは6000万円で落札されたほどの馬。
    東京コースで先行でき、斤量も53キロと穴馬的要素を兼ね揃えています。
    鞍上は杉原騎手で、10~15番人気になりそうです。


    無料情報の買い目は一律BOX馬券での提示となりますが
    今回は堅い軸から人気薄のヒモを狙うのがオススメです。
    皆さんで調整して楽しまれてくださいね!

    ※※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※所属チームの先輩(通称ハメさん)による穴馬情報に特化した無料予想コラムもご登録後すぐに閲覧可能!!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ