プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第83回東京優駿(日本ダービー) 競馬予想

    第83回東京優駿日本ダービー

    先週は牝馬クラシック第二弾、第77回優駿牝馬(オークス)が行われました。
    では予想と結果を見ていきましょう。

    ◎シンハライト …1着
    ○チェッキーノ …2着
    ▲アドマイヤリード …15着
    △ビッシュ …3着

    ▲以外は見事的中! 

    それにしても、◎シンハライトは強かったですね。
    馬群を抜けてくるときは本当に小柄な馬なのかなというくらい、豪快に突き抜けてきました。
    メジャーエンブレムとの再戦が楽しみです。

    ○チェッキーノは惜しくも2着で、枠順や道中の位置取りの差では
    勝ってもおかしくないほどでした。秋に期待がかかります。

    ▲アドマイヤリードは馬体重もマイナス8キロが影響したのか、まったく伸びませんでした。
    馬体が大きくなりそうな秋以降に再度期待しましょう。

    △ビッシュはデムーロ騎手が有力馬たちよりも前目につける見事な判断で3着を確保。
    こちらは馬体重がプラス12キロで状態も良かったのが結果につながりました。

    少ない点数で3連単複を的中させるのは爽快ですが
    唯一の誤算といえば△ビッシュの人気でしょうか。
    当初は6~8番人気を予想していたものの、終わってみれば5番人気! 
    3連単では軽く万馬券になるだろうと踏んでいただけに、ちょっと残念でした。



    さあ、このままいい流れで続きたいところです! 
    今週は何と言っても競馬の祭典、第83回東京優駿(日本ダービー)が開催されます。
    例年皐月賞組が好成績を誇りますが、今回は別路線組も素質馬が揃いました。

    それではデータをみていきましょう。

    ダービーの過去10年を振り返ると
    前走は皐月賞組が7勝、2着5回、3着5回と圧倒的に強く
    複勝圏内に1頭も入らなかったことはありません。

    次いで青葉賞組は、勝利こそありませんが
    2着3回、3着2回で複勝率は20%と抑えてはおきたいところです。

    種牡馬に関しては
    この1年間における東京競馬場の芝2400mでの成績を見てみますと
    ディープインパクトが8勝で複勝率33%
    ステイゴールドが7勝で28%
    キングカメハメハが4勝で21%となっています。

    ダービーはデータも大事ですが
    何よりも各陣営が最大目標においているレースですので
    いかにダービーから逆算してローテーションを組んで
    調整しているかが最も重要といえます。



    それではダービーの予想をしていきましょう!

    ◎エアスピネル
    ○リオンディーズ
    ▲ヴァンキッシュラン
    △スマートオーディン
    △サトノダイヤモンド




    ◎は皐月賞で対抗としたエアスピネルです。
    この馬は2歳の秋から賞金を稼いでいたので
    比較的早くからダービーを目標とした王道ローテーションを組めてきました。
    前走は前半からハイペースで進む中、直線不利もあって4着と敗れますが
    一番理想的なレースをしたのがこの馬です。
    ダービーは皐月賞のようなことはなく
    道中ゆったりとしたペースで進むと予想されるので
    前走の競馬ができれば勝利に一番近いのではないでしょうか。

    鞍上の武豊騎手は、エイシンヒカリで仏G1を制したばかり。
    絶好調のダービー最多勝騎手が今回も栄冠に輝くのではないでしょうか。
    5番人気~7番人気になりそうです。


    ○はリオンディーズ。
    父親が◎と同じキングカメハメハで前走は5着(4位入選後に降着)に敗れはしましたが
    強風の中、一番強い競馬をしたのがこの馬であることは間違いありません。
    名門角居厩舎と名手ミルコ・デムーロ騎手が同じ失敗を繰り返すことはないといえます。
    折り合いを付けて、馬を前に置く感じで進めれば、一番強い競馬をしてくれそうです。
    ダービー馬の父とオークス馬の母を持ち、この舞台では最高の血統ともいえます。
    2番人気~4番人気になりそうです。


    ▲はヴァンキッシュラン。
    ダービーを意識したローテーションで前走青葉賞を圧勝しています。
    3走前の東京芝2400mは1位入選(2着に降着)しており、2走前も阪神芝2400mを勝利。
    この強力メンバーでも、芝2400mという長丁場においては豊富な経験で有利といえます。
    父親もディープインパクトで、ダービージョッキーでもある鞍上の内田博幸騎手も
    頼りになる存在です。6~7番人気が予想されます。


    △はスマートオーディンとサトノダイヤモンド。
    前者は折り合いに難点があるものの、はまった時の豪脚は3Fを32秒台で駆け抜けます。
    毎日杯から京都新聞杯へと勝利しているのは、2013年のキズナと同じローテーションです。
    5~6番人気となりそうです。

    後者は皐月賞で不利がありながらも3着を確保。
    中団のいい位置をキープして運べそうなので、展開的には向いているといえます。
    2~3番人気となりそうです。



    当日まで人気順は分からないほど拮抗していそうで
    有力馬のどれかを予想で切らなくてはいけないくらいの激戦になりそうです。

    皐月賞1、2着のディーマジェスティとマカヒキは
    展開的に皐月賞と同じようなレースは出来ないと見て現時点では印をなくしました。

    個人的には騎手生活30年目の蛯名騎手の初ダービー制覇を見てみたいですね。
    ディーマジェスティはこっそり応援します。

    上記に挙げた馬たちは、生まれてきた時代が違えば
    どの馬も1番人気になっていたであろう逸材が揃った今回のダービー。
    歴史に残るようなレースを期待しましょう!

    ※※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※所属チームの先輩(通称ハメさん)による穴馬情報に特化した無料予想コラムもご登録後すぐに閲覧可能!!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
    関連記事

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ