プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第154回天皇賞 秋 2016年 競馬予想

    第154回天皇賞(秋)

    ~菊花賞回顧~


    クラシック最終戦となった第77回菊花賞、結果はどうだったでしょうか。


    ◎エアスピネル …3着
    ○サトノダイヤモンド …1着
    ▲ディーマジェスティ …4着
    △カフジプリンス …8着


    やはり春の実績馬が強かったですね。
    特に○は里見オーナー悲願のG1勝利となり
    感慨深いレースとなりました。
    あれだけ高額馬を競り落として貢献されていますからね。
    来年も主役となりそうで注目です。


    ◎は終始折り合いを欠いてもったいないレース。
    しかし、あの頭を上げる形で3着に持ってくるあたり
    やはり京都の長距離は武豊騎手の本領発揮といえますね。


    ▲は勝負所で置いて行かれました。
    敗因は不明と陣営がコメントされている通り
    距離ではなさそうな感じですが、来年の天皇賞秋では面白そうです。


    △は最後付いていけなかったのと前が裁けませんでした。
    いずれは長距離戦で重賞制覇を
    成し遂げられそうな逸材だけに来年に期待です。


    ~天皇賞・秋~


    さあ、今週はG1第154回天皇賞(秋)が
    東京競馬場芝2000mで開催されます。
    今年は混戦ムードが高まるメンバーが揃いました。


    中でもマイル王者のモーリスや
    春にフランスG1を圧勝したエイシンヒカリが
    参戦するのは興味深いものとなります。
    ただし、両者とも普段なら断然1番人気になりそうですが
    前者は今年未勝利で距離の壁
    後者は昨年が惨敗と一筋縄ではいきそうもありません。


    東京芝2000mはスタートして100mほどで
    大きいコーナーに入りますので
    枠順的には内枠が有利となります。
    しかし、昨年は2~4着までの馬番が14~16番で決まり
    必ずしも大外が不利というわけではありません。
    外枠だから消しと判断するのは早計といえるでしょう。


    今年のメンバーもサンデーサイレンス系が多く出走しています。
    父系や母系にサンデーの血が入っているのが
    15頭中12頭と圧倒的です。
    過去3年の同コースの種牡馬成績では
    ディープインパクトとキングカメハメハがやはり強く
    両者ともに勝率14%、複勝率は30%を超えています。


    同コースの騎手成績では、戸崎騎手、ムーア騎手
    ルメール騎手、福永騎手、川田騎手が
    複勝率50%を超えています。
    ムーア騎手は勝率も47%とさすがは世界の名騎手といえます。
    戸崎騎手も騎乗機会が多いのにこの成績はとても優秀で
    モーリスとルージュバックの人気2頭は騎手も怖い存在です。


    過去10年の同レースの前走は
    毎日王冠組や宝塚記念組が半数以上を占めており、今年も注目です。



    それでは予想と印を見ていきましょう。

    ◎エイシンヒカリ
    ○ステファノス
    ▲ラブリーディ
    △リアルスティール
    △サトノクラウン




    ここで人気上位を占めそうなモーリスと
    ルージュバックは消しました。
    本当に悩みましたが、モーリスはやはり距離の壁を意識しました。
    前走は2000mの札幌記念で2着に入りますが
    札幌では通用しても東京では
    マイラータイプの馬は難しいのではないかと。
    今年のパフォーマンスも前年ほどではないと判断しました。
    しかし、ムーア騎手が騎乗するので
    馬券内に来たら諦めもつきます。


    ルージュバックはここ2戦で上位指名してきましたが
    牝馬は過去10年の天皇賞秋ではウオッカ
    ダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナという
    最強牝馬たちしか複勝圏内に入っていません。
    ルージュバックがこれらの馬レベルかといわれると
    まだ疑問が残ります。
    しかし、こちらも戸崎騎手ですので
    あっさり勝たれてもおかしくはありません。


    ◎はエイシンヒカリです。
    昨年の天皇賞秋では惨敗しましたが
    その前の毎日王冠では好レースを見せました。
    今回は毎日王冠をパスして休み明け
    ぶっつけ本番で臨みます。
    同馬は休み明けのレースで好成績を残しており
    気性的にも好材料といえそうです。
    逃げるか番手につけるか、判断は武豊騎手次第でしょうが
    何よりも折り合いが一番の課題でしょう。
    ディープ産駒で2~3番人気になりそうです。


    ○はステファノス。
    昨年は外枠14番ながら2着を確保。
    今年はまだ3戦しかしてなく
    鳴尾記念から宝塚記念を経て毎日王冠と
    臨戦過程が最も良いと判断しました。
    このメンバーで勝つのは難しいかもしれませんが
    人気もなくて2、3着を狙うには適した馬といえます。
    ディープ産駒で川田騎手が騎乗し、7番人気くらいになりそうです。


    ▲はラブリーディ。
    昨年の覇者で、以来未勝利になっていまが
    すべて4着以内を確保している通り
    常に実力を発揮しています。
    昨年よりも力が衰えたといわれていますが
    ルメール騎手が3戦続けて騎乗し
    馬券圏内に入る可能性はかなり高いといえます。
    今回は昨年よりも人気が落ちる点で買いの材料といえます。
    キンカメ産駒で5~6番人気になるでしょう。


    △はリアルスティールとサトノクラウンです。
    両馬はともに4歳で、昨年の皐月賞では
    あのドゥラメンテよりも評価されていました。
    前者はドバイDFで圧勝劇を演じ
    安田記念ではまさかの惨敗を喫しました。
    今回はデムーロ騎手と初コンビを組み巻き返しを図ります。
    もともと世代№1といわれ
    ドゥラメンテやキタサンブラックと接戦を演じてきているように
    実力はここでも上位といえるでしょう。
    8番人気くらいになりそうです。


    サトノクラウンは昨年3歳馬ながら参戦し、17着と惨敗しました。
    今年に入ってからは3戦を経過し
    香港帰りの宝塚記念では6着に敗れました。
    今回は立て直しての一戦となるので
    前走よりも体調は良さそうで、好気配といえます。
    鞍上は福永騎手で、もとは同馬の主戦騎手。
    昨年のクラシックでは先約のリアルスティールに騎乗したために
    同馬を手放しました。
    勢いに乗る里見オーナーの所有馬で
    秋のG1を2連対中の福永騎手に期待が高まります。
    9番人気くらいになるでしょう。



    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第77回 菊花賞 2016年 競馬予想

    第77回菊花賞

    ~秋華賞回顧~


    秋競馬も真っ盛りですが、先週の第21回秋華賞はどうだったでしょうか。


    ○ビッシュ …10着
    ▲フロンテアクイーン …14着
    △パールコード …2着
    △パーシーズベスト …7着


    見事に完敗です。
    上位印3頭が軒並み崩れました。
    ここまで負けると逆にすがすがしくなってしまいます。


    ◎、○、▲共にスタートで後方となってしまい
    3頭ともポジションを押し上げれずに直線では後方に残ったまま。
    これでは競馬になりませんね。
    何か納得できない気持ちが残りつつも、
    を取り直して今週に目を向けなければなりません。


    ~菊花賞~


    さて、今週は第77回菊花賞G1が
    京都競馬場 芝3000mで開催されます。
    春のクラシックで凌ぎを削った
    サトノダイヤモンドとディーマジェスティが
    ともにトライアルレースを勝利して本番を迎えます。
    ダービー馬マカヒキは凱旋門賞で惨敗を喫し、年内は休養。
    2歳王者のリオンディーズは屈腱炎で引退と
    ライバルたちに朗報がありませんが
    残った2強できまるかどうか、注目です。


    淀の3000mともなるとデータが乏しくなります。
    スタートして200mで3コーナーの上りのカーブを迎え
    そのまま4コーナーの下り坂に入ります。
    どうしても内枠の先行馬が有利になります。
    しかし、過去5年では7枠が4頭、8枠が2頭も
    馬券圏内に入っています。
    一概に枠の有利不利はなさそうです。
    3歳馬にとって初めて走る長距離戦では
    枠の内外よりも、上手に折り合いがつくかがポイントとなるからです。


    そして、春の実績馬と夏の上がり馬の対決にも注目が集まります。
    2011年のオルフェーヴルとウインバリアシオンのように
    突出して抜けた存在ならば、ダービーの上位馬で決まることもあります。


    一方、一昨年のトーホージャッカルは
    夏に500万下を勝ち上がり、神戸新聞杯で3着になって
    本番ではみごと勝利しています。
    夏の上がり馬といえども、トライアルレースを
    使っている馬の方が成績は良くなっています。



    それでは予想と印を見ていきましょう。

    ◎エアスピネル
    ○サトノダイヤモンド
    ▲ディーマジェスティ
    △カフジプリンス




    2強に割って入る存在がトライアルと
    別路線組と各予想紙が取り上げているなかで
    実は皐月賞やダービーの上位が
    そのまま突き抜けるのではないかと見ています。
    強い馬が勝つといわれる菊花賞において
    力の関係は春と秋では覆っていないのではないかと思います。


    ◎はエアスピネルです。
    元はこの馬の1強といわれていましたが
    いつの間にやら5番手以下に成り下がりました。
    距離適性がなく、今回も人気を下げるであろう存在です。
    しかし、近親に菊花賞馬のエアシャカールがいるように
    意外にも距離は持つのではないかと見ています。
    前走は5着に負けたとはいえ、折り合いが付いて後方からの競馬。
    トライアルで一番良い競馬をしたとみます。
    今回はもう少し前目で競馬をするでしょうし
    7枠だったエアシャカールをいつの間にか
    内ラチ沿いに入れていた豊マジックが
    今回もさく裂するのではないでしょうか。
    一番強い勝ち方をした京都競馬場に戻るのも好印象を受け
    本命に推します。武豊騎手で4~6番人気になりそうです。


    ○はサトノダイヤモンド。
    総合的に一番強いのがこの馬でしょう。
    前走は僅差でしたが、レースぶりは王者そのもの。
    若干、折り合いに難が残りそうですが
    それでも4コーナーを回るころには好位に付けて抜き出てきそうです。
    ディープ産駒初の3000m超えの長距離重賞制覇は
    この馬が一番近い存在でしょう。
    ルメール騎手で1番人気が確実です。


    ▲はディーマジェスティ。
    皐月賞馬は菊花賞と相性が良く
    こちらもディープ産駒で初の長距離重賞制覇の期待がかかります。
    少しポジションは後ろになりそうですが
    ○よりも折り合いはつきやすく、4コーナーの下りでは
    順位を上げて好位をキープしていそうです。
    同馬は初の関西遠征ということもあり、星を一つ下げました。
    しかし、マカヒキに勝利したのは日本馬ではこの馬のみです。
    そのポテンシャルは2冠馬に輝いてもなんら不思議ではありません。
    蛯名騎手で2番人気が濃厚です。


    △はカフジプリンスです。
    芝の新馬戦で惨敗を喫してから
    ダート路線に変更するも未勝利のままで
    勝ち上がったのがなんと10戦目。
    そこからはうなぎのぼりに調子を上げており
    2600mを2戦続けて出走していることからスタミナにも
    相当の自信がありそうです。
    一発のある岩田騎手が手綱を取り、5~7番人気になるでしょう。



    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第21回 秋華賞 競馬予想

    第21回秋華賞


    ~毎日王冠回顧~
    先週は3連休と重なって、競馬も3日間開催となりました。
    月曜には盛岡でJpn1南部杯も行われていましたね。
    競馬を楽しんだ方も多かったのではないでしょうか。


    さて毎日王冠の結果はいかがだったでしょうか。


    ◎ステファノス …5着
    ○ディサイファ …6着
    ▲ルージュバック …1着
    △ウインフルブルーム …7着


    勝ったのは▲ルージュバック。
    強かったですね。これで秋の天皇賞に進みそうですから
    エアグルーブやウオッカのように牝馬で人気を背負うことになるので楽しみです。


    ◎と○はともに内枠を活かしていい感じで最終コーナーを回りますが
    2頭とも進路が塞がれた形になって、脚を持て余す結果になってしまいました。
    「たら・れば」を言えばキリがないですが
    あれがなければ印の上位3頭で決まっていたのかな。残念です。



    ~秋華賞~
    さて、気を取り直して今週は秋のG1
    第21回秋華賞が京都競馬場芝2000mで開催されます。


    オークス馬で有力候補の1頭だったシンハライトが
    故障で出走取り消しとなりました。
    この馬は春の2冠で本命にしたので、今回も当然ながら本命候補でした。
    特にオークス馬はここ4年で3勝・2着1回と完璧な戦績となっていました。
    恐らく単勝1倍台になっていたであろう人気馬なので
    直前の取り消しは何やら混戦ムードが漂っています。


    同コースの過去3年に渡る騎手成績は
    ルメール騎手が勝率25%、複勝率64%と他を圧倒しており
    川田騎手が勝率20%、複勝率45%と好成績を残しています。
    次いで福永騎手や武豊騎手、四位洋文騎手が複勝率40%超えで続いています。


    同コースの種牡馬成績では、やはり京都を得意としている
    ディープインパクトが勝率17%、複勝率43%とリード。
    ハーツクライとキングカメハメハのリーディングが複勝率30%をキープしています。
    そして今回注目したのが、メイショウサムソンです。
    勝率10%、複勝率18%とそこまで高くないですが
    同コースの勝ち星でトップ10に入っており
    自身も混戦を制してG1を4勝しており、その底力に期待です!


    枠順は決定前ですが、やはり内回りということもあって
    外枠は不利になるでしょう。
    先行馬が有利のデータがありますが
    秋華賞に限ってはペースが速くなって差しが届くことが多くなっています。
    穴馬的差し馬でも内で脚を溜めれば面白い存在になります。



    それでは予想と印を見ていきます。

    ◎デンコウアンジュ
    ○ビッシュ
    ▲フロンテアクイーン
    △パールコード
    △パーシーズベスト




    ◎はデンコウアンジュです。
    同馬はマイナス18キロとなった2歳時のレースで
    世代№1といわれるメジャーエンブレムを豪快に差し切っています。
    スタートが上手くなく、後方からのレースが多くなりますが
    スタートと展開次第では勝利してもおかしくはありません。
    輸送で馬体重が大きく変動しますが、京都では問題なく迎えれそうです。
    メイショウサムソン産駒で、鞍上は内田騎手です。
    6~8番人気となるでしょう。


    ○はビッシュです。
    オークスでは△として4番手に指名しましたが見事に3着に来てくれました。
    ジュエラーが順調さを欠いているかもしれない中で
    同馬が1番人気になる確率も高くなっています。
    オークスの1、2着馬が揃って出走しない以上は負けられないところでしょう。
    懸念は初の関西遠征で、小柄な同馬にとっては当日の馬体重に再度注目です。
    ディープ産駒で戸崎圭太騎手、1番人気が予想されます。


    ▲はフロンテアクイーンです。
    同馬もメイショウサムソン産駒で、抜群の切れ味があるわけではなく
    ハイペースで流れるような展開で上がりがかかれば面白い存在となりそうです。
    なんかメイショウサムソンに似ていますね。
    蛯名騎手で、8~10番人気といったところでしょうか。


    △にパールコード。
    フローラSで2着に入るも、春のクラシックには不出走で、秋に備えてきました。
    前走は最後窮屈になり、追えずに5着。
    不利がなくても3着が精一杯だったでしょうが
    休み明けということも考えれば、問題ないでしょう。
    中団好位から競馬できるのも魅力です。
    川田騎手で5~8番人気くらいでしょう。


    もう一頭の△はパーシーズベストです。
    同馬は石坂厩舎で、シンハライトと同厩舎です。
    オークス馬と切磋琢磨して成長してきたのは大いにプラスになるでしょう。
    ディープ産駒で、抽選馬ながら鞍上にはルメール騎手を確保するあたり
    陣営の本気度がうかがえます。8番人気くらいになるでしょう。


    このレースはジュエラーという桜花賞馬をどう扱うかで決まりそうです。
    ジュエラーは人気することは間違いないですので
    骨折明けのパフォーマンスを考えても
    人気を背負う今回は手が出しづらいのが本音です。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第67回 毎日王冠 競馬予想

    第67回 毎日王冠
    ~凱旋門賞回顧~

    先週は世界最高峰の凱旋門賞があり、日本からマカヒキが参戦。
    馬券も発売されることから、かなりニュースでも取り上げられていました。
    あれだけ盛り上がったのはディープインパクト以来ではないでしょうか。

    それでは、予想と結果をみていきましょう。

    ◎ポストポンド …5着
    ○シルバーウェーヴ …13着
    ▲ファウンド …1着
    △マカヒキ …14着

    △マカヒキは惨敗となってしまいました。残念です。
    関係者が口をそろえて敗因が分からないと言っていました。
    よほどショックだったのでしょうね。
    これからは国内に専念するでしょうから
    同世代のサトノダイヤモンドとの対決をまた見たいですね。

    それにしても、勝ったファウンドから3着馬までは
    すべてオブライエン調教師の管理馬。
    しかも3頭とも父親が名馬ガリレオで
    これもオブライエン調教師が管理していました。恐るべしですね。



    ~毎日王冠~

    さて、今週は3連休ともなって、競馬も3日間開催です。
    土・日・月と重賞も3日に分かれています。
    日曜には東京競馬場でG2 第67回毎日王冠が芝1800mで開催されます。

    1番人気が予想された注目のリアルスティールが回避したということで
    混戦模様の雰囲気が漂います。

    同レースは過去10年で前走エプソムCを経た馬が勝率18%、複勝率27%と良績を残し
    宝塚記念は勝率13%、複勝率31%となっています。
    また、出走頭数は少ないものの、札幌記念組も勝率10%、複勝率30%と侮れません。

    同コースの過去3年間における騎手成績は
    ルメール騎手が勝率19%、複勝率44%と好成績を残しています。
    次いで武豊騎手が勝率21%、複勝率37%。
    北村宏司騎手が勝率15%、複勝率36%。
    戸崎圭太騎手が勝率13%、複勝率37%となっています。

    同コースの種牡馬成績は、ディープインパクトが勝率15%、複勝率37%。
    フジキセキが勝率20%、複勝率33%。
    マンハッタンカフェが勝率10%、複勝率21%と続いています。


    それでは予想と印を見ていきましょう。

    ◎ステファノス
    ○ディサイファ
    ▲ルージュバック
    △ウインフルブルーム



    ◎はステファノスです。
    昨年は7着に敗れていますが、香港遠征からの休養明けということもあったのが影響した模様。
    続く天皇賞・秋では2着を確保しています。
    前走の宝塚記念は5着ですが、上位4頭はいずれもG1馬たち。
    その馬たちが出走していないレースなら今回は主役を張っても問題ないでしょう。
    ディープ産駒、川田騎手で2~4番人気になるでしょう。

    ○はディサイファ。
    昨年のレースは逃げるエイシンヒカリを猛追するも2着。
    今回はそのエイシンヒカリに騎乗していた武豊騎手が手綱をとります。
    今年のAJCCも制覇しており、7歳馬ながら年齢の衰えを感じさせません。
    1800m戦では10戦7連対で、勝率40%、複勝率80%という好成績を誇ります。
    ディープ産駒で3~5番人気になるでしょう。

    ▲はルージュバックです。
    前走のエプソムCでは大外枠スタートながら上がり最速をマークして差しきりました。
    1800mは3勝、東京コースも2勝と相性が良く、牡馬のG2メンバーとはいえ
    好勝負出来る気配があります。
    マンハッタンカフェ産駒で鞍上は戸崎騎手。1~3番人気になるでしょう。

    △はウインフルブルームです。
    一昨年の皐月賞3着馬で、意外にも左回りは初出走となります。
    ここまで13戦して5勝、2着4回、3着2回とかなり堅実な走りを見せています。
    もともとはクラシックの有力馬にも挙がったほど。
    長期養明けからオープン特別の前々走が勝利。
    前走は2着といい具合に来ています。
    スペシャルウイーク産駒で鞍上は柴田大知騎手。5~7番人気になりそうです。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ



    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ