プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第11回 キーンランドカップ 競馬予想

    第11回キーンランドカップ

    ~北九州記念回顧~

    8月も最後の週末になりますね。先週の北九州記念はどうだったでしょうか。

    ◎ラヴァーズポイント …11着
    ◯ベルカント …2着
    ▲オウノミチ …3着
    △ベルルミエール …5着

    このレースは勝ったバクシンテイオーはハイペースの中
    上がり最速をマークして見事に差しきり勝ちを収めています。

    ◎は大外枠から好スタートを決めて先手を取る理想的な位置をキープしますが
    少し同枠馬に競りかけられてしまいました。
    ハイペースになり常にマークされる展開になってしまい
    直線では失速。前走のようにはいきませんでした。
    斤量差があっただけに、残念な結果となりました。

    ◯は先行集団の前目に位置し
    直線を向いた段階で抜け出して勝ったと思われましたが
    勝ち馬の急襲に遭い2着。
    トップハンデとなり、勝ち馬とは2キロ差。
    しかし、牡馬と牝馬の斤量差を考えると実質4キロ差なので
    そこまで悲観する内容ではありません。

    ▲はスタートから先手が取れず
    外を回らされる形で追い上げるも、届かずに3着が精一杯。
    ◎を相手に健闘したといってもいい内容で
    次走はスタートを決めたいところ。

    △は後方待機から上がり2番目を駆使して掲示板を確保。
    昨年よりも着順は落としましたが、見せ場を作り
    次走につながる走りを見せました。



    ~キーンランドカップ~

    さあ、今週は札幌競馬場で第11回キーンランドカップ(G3)が
    芝1200mで開催されます。
    別定戦ですが、斤量差は最大で7キロもあり
    一種のハンデ戦のようになっています。


    このレースは現在、5年連続で1番人気が馬券園内に絡んでいます。
    しかし、昨年は8番人気と9番人気がワンツーフィニッシュを決めており
    人気通りに決着するというわけでもありません。
    脚質的には小回りの短距離戦ということもあり
    洋芝適正があって逃げ・先行馬が有利となっています。


    同コースの過去3年における騎手成績は
    モレイラ騎手が勝率44%、複勝率78%と驚異的な数字を誇っています。
    次いで池添騎手が勝率26%、複勝率35%
    岩田騎手が勝率17%、複勝率41%と続いています。


    同コースの過去3年における調教師成績は
    須貝調教師が勝率38%、複勝率69%
    藤沢和調教師が勝率40%、複勝率60%と両師が抜きんでています。
    次いで安田調教師が勝率18%、複勝率36%となっています。



    それでは予想と印を見ていきましょう。

    ◎オメガヴェンデッタ
    ◯ブランボヌール
    ▲シュウジ
    △エポワス
    △ホッコーサラスター




    ◎はオメガヴェンデッタです。
    前走のUHB賞は先行集団に付けず、後方からの競馬となりました。
    トップハンデながらも上がり2番目の脚を披露して4着をキープ。
    もう少し行き脚がつけば上位をキープ出来そうです。
    安田調教師の管理馬で、鞍上は騎乗停止明けの武豊騎手です。
    3~5番人気が予想されます。


    ◯はブランボヌール。
    3歳牝馬で今回は51キロで出走できます。
    古馬とは初対決となりますが、牡馬相手では
    昨年の函館2歳ステークスを1番人気で勝利しています。
    以後は距離も延びたこともあり、G1の阪神ジュベナイルや桜花賞
    NHKマイルで敗れてはいるものの
    距離短縮となった今回は休み明けでも期待がもてます。
    懸念材料は馬体が減り続けていたので
    プラス体重で出走したいところですね。
    戸崎騎手で4~6番人気が予想されます。


    ▲はシュウジです。
    前走の函館スプリントSでは先行して2着を確保。
    古馬が相手ですが、距離短縮と斤量差を活かすことができました。
    今回も53キロで出走できるのが魅力となります。
    主戦の岩田騎手はレッツゴードンキに騎乗するので、少し割引としました。
    しかし、須貝調教師と乗り替わりのモレイラ騎手は
    同コースで抜群の成績を残しているのは好材料といえます。
    1番人気が予想されます。


    △の前者はエポワス
    藤沢和厩舎の管理馬で
    2走前の函館スプリントSはコンマ3秒差の5着。
    前走のUHB賞はコンマ2秒差の2着と8歳馬ながら
    まだまだ元気いっぱいです。中団から進めそうですが
    札幌と函館の芝では複勝率70%を誇り、決して侮れません。
    鞍上はデムーロ騎手で6~8番人気くらいになるでしょう。


    △の後者はホッコーサラスター
    休み明けで函館を3戦して2勝。
    父親のヨハネスブルグは札幌の芝で勝利がありませんが
    函館では勝率27%、複勝率43%を記録しており
    洋芝適正はあるといえるでしょう。
    前走が準オープンということを考えると、メンバーが急に強くなりますが
    鞍上の池添騎手の手腕に期待がかかるところ。
    8~10番人気が想定されます。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第51回 北九州記念 競馬予想

    第51回北九州記念

    ~関屋記念回顧~

    先週はなんとも悔しい結果となってしまいました…。
    新潟の関屋記念、勝ったのは3番人気のヤングマンパワー。
    ◎以外は着順通り…!
    しかも7番人気のダノンリバティがちゃんと2着に来ただけに
    これは悔しいです。
    それでは予想と結果をみましょう。

    ◎ロサギガンティア …5着
    ◯ダノンリバティ …2着
    ▲マジックタイム …3着
    △ダンスアミーガ …4着

    ◎は何とも不可解な敗戦となりました。
    スタートを決めて2番手の位置にいながら直線は失速してしまい5着。
    掲示板は確保しましたが、勝ってほしかった!

    ◯は先手を奪い、3番手の良いポジションで直線を迎えましたが
    ◎が思った以上に手応えが悪く、早めに先頭に立ってしまいました。
    それでも2着に来ています。
    若松騎手もいい感じですね。

    ▲は1番人気でありながらも終始後方で折り合いを付け
    直線では最速の上がりをマークして3着。
    牡馬相手に健闘したといってもいいのではないでしょうか。

    △は14番人気という低評価でしたが大健闘の4着。
    勝ち馬と同じようなポジションに付けて、流れに乗り良い競馬ができました。
    次走はもう少し人気が出そうですが、再度穴馬として期待したいところです。



    ~北九州記念~

    さあ、今週は第51回北九州記念が小倉競馬場の芝1200mで開催されます。
    ハンデ戦で開催も8日目を迎えて馬場が荒れてきており
    人気の先行馬だけでなく、斤量の軽い差し馬が
    波乱を巻き起こすレースでもあります。
    2年前は3連単で395万円という超高配当が出ております。

    同コースの過去3年の種牡馬成績では
    キンシャサノキセキが勝率10%、複勝率39%とリードしており
    オレハマッテルゼが勝率9%、複勝率29%で続き
    アドマイヤムーが勝率12%、複勝率が26%
    サクラバクシンオーが勝率12%、複勝率22%
    マイネルラヴが勝率11%、複勝率21%となっています。

    過去10年の同レースの脚質では
    先行馬と差し馬がともに5勝ずつを挙げており、ほぼ互角となっています。

    また、過去10年では斤量も軽い馬の活躍が目立ち
    52キロが4勝をマークしています。



    それでは印と予想を見ていきます。

    ◎ラヴァーズポイント
    ◯ベルカント
    ▲オウノミチ
    △ベルルミエール




    ◎はラヴァーズポイントです。
    前走のCBC賞では終始2番手で逃げるベルカントをマークしてレースを進め
    7番人気ながら2着。50キロというハンデ差がありましたが
    ベルカントを抑えこんだのは高評価といえます。
    今回もハンデは恵まれた51キロ。
    早めに小倉入りをし、追い切りも小倉で行ったことはプラスに働くでしょう。
    マイネルラヴを父に持ち、鞍上は松若騎手で2~3番人気が予想されます。


    ◯はベルカント。
    父親はサクラバクシンオーで昨年の勝ち馬。
    ハンデも56キロと恵まれた感があります。
    昨年同様にアイビスサマーDを勝利して、同レースに駒を進めています。
    追い切りは相変わらず抜群ですが
    今回は海外帰りの3戦目ということもあって
    実はこのレースは必要ないのではないかと個人的に思っています。
    次走がラストランのスプリンターSですが
    見えない疲れがあるかもしれないと踏んで印は落としました。
    デムーロ騎手で1番人気は間違いないでしょう。


    ▲はオウノミチ。
    前走は鞍上の好騎乗もあって
    各上挑戦となった小回り福島のオープンレースを快勝。
    ハンデは2キロ重くなる54キロと少し見込まれました。
    ◎や◯と共に、先行集団を形成しそうで
    そのまま粘り込めるかがカギになります。
    父親はオレハマッテルゼ、鞍上は川田騎手で2~3番人気が予想されます。


    △はベルルミエール。
    昨年は4番人気で3着に来ています。
    今年に入って着外を4走続けており
    前走のCBC賞では10番人気と評価を落としていました。
    しかし、5着に来ており、昨年の4着(CBC賞)と比べても遜色ありません。
    ペースも速くなりそうで、ハンデ53キロを有利に
    一発差してきそうな気配があります。
    鞍上は太宰啓介騎手で、7~9番人気が予想されます。

    今週、私監修の「宗屋の幸せサポート」割引対象となっておられる皆様!
    北九州記念はじめ自信のレース揃っていますよ!
    どうぞご期待ください!

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、2週連続的中!!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第51回関屋記念 競馬予想

    第51回関屋記念

    さあ、夏競馬も佳境に入ってきましたね。
    お盆休みに入っている方々も多いのではないでしょうか! 
    今週は家族サービスや旅行で馬券が買えない競馬ファンの方もいるでしょうね。

    それでは先週の結果を見ていきましょう!

    ◎ケイティブレイブ …2着
    ○グレンツェント …1着
    ▲ピットボス …4着
    △グランセブルス …11着

    ◎は逃げ粘るも最後は息が切れてクビ差の2着。
    もう少し楽にハナを切りたかったかもしれません。
    それでも最低限の2着を確保して賞金も加算。
    これで秋に向けてある程度のメドがたったのではないでしょうか。

    ○は先行集団に付けて直線では◎を猛追し
    最後に差しきるという理想的なレース。
    ゴールドドリームやストロングバローズとの再戦に向けて弾みになりました。
    これからは歴戦の古馬との対戦になりますが、十分に戦っていけそうな雰囲気ですね。

    ▲は終始2番手でレースを進めるも、現状ではもう少し力不足な感じで4着。
    それでも見せ場は作りましたので、これからの成長に期待がかかります。

    △は森厩舎にしては珍しい軽い仕上げが影響したのか
    プラス14キロの出走で見せ場がないまま沈みました。
    次走でどれだけ変わり身を見せれるか再度期待しましょう。



    ~第51回関屋記念~

    さて、今週は第51回関屋記念が新潟競馬場芝1600mで開催されます。
    過去10年で8番人気以降の穴馬が8頭も馬券圏内に入っています。
    穴馬も少し抑えていたほうが良さそうです。

    過去10年では前走、安田記念組と中京記念組がそれぞれ2勝をマークしています。

    新潟芝1600mの過去3年間で、騎手ではデムーロ騎手が勝率33%
    複勝率56%と抜群の成績を誇り、次いで田辺騎手が勝率24%
    複勝率38%と高く、松若騎手が勝率29%、複勝率43%と続いています。

    同3年間の種牡馬では、ディープインパクトが勝率7.5%
    複勝率33%とリードし、フジキセキが勝率16%、複勝率28%と続き
    ハーツクライが勝率8%、複勝率25%、サクラバクシンオーが勝率15%
    複勝率20%となっています。



    それでは予想と印を見ていきましょう!

    ◎ロサギガンティア
    ○ダノンリバティ
    ▲マジックタイム
    △ダンスアミーガ




    ◎はロサギガンティアです。
    前走の安田記念は9着に敗れていますが
    勝ち馬とはコンマ6秒差。G3のここでは好勝負が期待されます。
    左回りも3勝挙げており、苦手意識はありません。
    鞍上のデムーロ騎手や父親のフジキセキの成績に安定感があり
    管理する藤沢和雄厩舎は過去3年の同コースで勝率21%
    複勝率50%と好成績を残しています。1~3番人気が予想されます。

    ○はダノンリバティ。
    前走の中京記念は4か月の休み明けながらもコンマ3秒差の5着。
    叩き2走目となる今回は上積みが期待されます。
    セレクトセールで7000万円を超え、もともとはクラシックで期待されていました。
    マイルは4走目となり、前走以上の結果が期待できます。
    鞍上は松若騎手で5~7番人気になるでしょう。

    ▲はマジックタイム。
    前走のヴィクトリアマイルは勝ち馬からコンマ6秒差の6着。
    しかし、2着とはコンマ2秒差とわずかでした。
    左回りは4勝2着4回、新潟では2勝、マイル戦は5勝と
    相性がいい左回りのマイル戦で再度期待です。
    ハーツクライ産駒で鞍上はルメール騎手。1~3番人気が予想されます。

    △はダンスアミーガ。
    前走の中京記念は、最低人気の16番人気ながら勝ち馬とコンマ2秒差の4着。
    新潟の芝では2勝を挙げています。父親はサクラバクシンオーで
    鞍上は石橋脩騎手です。
    この馬の母・ダンスオールナイトの父はエルコンドルパサーで
    母はダンスパートナーという超良血の血統を誇り
    重賞で好走しても何の不思議もありません。
    10番人気以降になるでしょう。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、2週連続的中!!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第8回レパードステークス 競馬予想

    第8回レパードステークス

    ~アイビスSD回顧~

    本当に暑いですね。
    学生たちも夏休みに入り、家族で競馬場に遊びに行くご家庭もおられるのではないでしょうか?
    それでは先週の第16回アイビスサマーダッシュの結果を見ていきましょう。

    ◎プリンセスムーン …3着
    ◯ネロ …2着
    ▲ベルカント …1着
    △アットウィル …4着

    着順は人気通りになり、珍しく完全に人気決着となりました。
    早めに先手を取られた◎はもう少し前目で競馬をしたかったかもしれません。
    斤量が別定戦だけに致し方ないかもしれませんね。
    それでも充実度はさすがで、今後もスプリント戦での活躍を期待しましょう。

    ◯は大外という枠順の有利を活かして先手を奪いますが
    3戦連続でマイナス体重が多少影響したのかもしれませんね。

    ▲は内枠ながらもスタートして一気に外へ進出。
    そのまま押し切り勝ちを収めており、昨年同様にデムーロ騎手とは相性がいいです。
    G1が行われる中山の芝1200mは急坂があるので
    今回のようなレースは難しいでしょうが、秋に期待しましょう。



    ~レパードS~

    さて今週は新潟競馬場で3歳ダート重賞のG3 
    第8回レパードステークスがダート1800mで開催されます。

    登録馬は13頭と少なく、各馬はここで賞金を加算しておいて
    秋の重賞戦線にはずみをつけたいところです。

    過去7回を見てみますと、1番人気馬は7年連続で馬券圏内に入っており
    今回も外せないことがうかがえます。
    一方で、7番人気以降の穴馬的存在は、過去5頭が馬券圏内に絡んでいます。

    また、前走はジャパンダートダービーが4勝を挙げており
    G1の大舞台を経験した馬が活躍しています。

    脚質は過去3年の同コースで見てみると
    先行馬が勝率17%、複勝率45%と好成績を残しています。
    次いで逃げ馬が勝率19%、複勝率40%で続いています。

    騎手では同3年で内田博幸騎手が勝率22%
    複勝率40%と好成績を収め
    次いで戸崎圭太騎手が勝率20%、複勝率38%となっています。



    それでは予想と印を見ていきます。

    ◎ケイティブレイブ
    ◯グレンツェント
    ▲ピットボス
    △グランセブルス




    ◎はケイティブレイブです。
    前走のジャパンDDはキョウエイギアに負けていますが
    終始逃げて2着に粘り込むなど
    3歳ダートの最強馬の一角にあるゴールドドリームに
    2戦連続で先着しています。
    今回は単騎で逃げれそうで
    しかも鞍上の武豊騎手はダートの逃げ馬に乗せれば
    完璧なレース配分をすることで定評があります。
    1番人気になるでしょう。


    ◯はグレンツェント。
    前走のユニコーンステークスは3着に敗れていますが
    後方11番手から上がり最速をマークしています。
    もう少し好位で競馬ができれば逆転も不可能ではありません。
    鞍上は戸崎圭太騎手で2番人気が予想されます。


    ▲はピットボス。
    前走は力負けの4着ですが、鞍上が内田博幸騎手に変わり
    レース相性はよくなりそうです。
    先行出来る点も魅力で、◎を見ながらレースを運べそうです。
    4~5番人気が予想されます。


    △はグランセブルス。
    前走は交流重賞の兵庫チャンピオンシップで3着を確保しています。
    2走前の500万下では先行するピットボスを上がり最速で差しきっています。
    中団から後方になりそうですが
    ペースが速くなり過ぎたら出番はあるかもしれません。
    石川騎手で7~9番人気が予想されます。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在2週連続万馬券的中!!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ