プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第83回東京優駿(日本ダービー) 競馬予想

    第83回東京優駿日本ダービー

    先週は牝馬クラシック第二弾、第77回優駿牝馬(オークス)が行われました。
    では予想と結果を見ていきましょう。

    ◎シンハライト …1着
    ○チェッキーノ …2着
    ▲アドマイヤリード …15着
    △ビッシュ …3着

    ▲以外は見事的中! 

    それにしても、◎シンハライトは強かったですね。
    馬群を抜けてくるときは本当に小柄な馬なのかなというくらい、豪快に突き抜けてきました。
    メジャーエンブレムとの再戦が楽しみです。

    ○チェッキーノは惜しくも2着で、枠順や道中の位置取りの差では
    勝ってもおかしくないほどでした。秋に期待がかかります。

    ▲アドマイヤリードは馬体重もマイナス8キロが影響したのか、まったく伸びませんでした。
    馬体が大きくなりそうな秋以降に再度期待しましょう。

    △ビッシュはデムーロ騎手が有力馬たちよりも前目につける見事な判断で3着を確保。
    こちらは馬体重がプラス12キロで状態も良かったのが結果につながりました。

    少ない点数で3連単複を的中させるのは爽快ですが
    唯一の誤算といえば△ビッシュの人気でしょうか。
    当初は6~8番人気を予想していたものの、終わってみれば5番人気! 
    3連単では軽く万馬券になるだろうと踏んでいただけに、ちょっと残念でした。



    さあ、このままいい流れで続きたいところです! 
    今週は何と言っても競馬の祭典、第83回東京優駿(日本ダービー)が開催されます。
    例年皐月賞組が好成績を誇りますが、今回は別路線組も素質馬が揃いました。

    それではデータをみていきましょう。

    ダービーの過去10年を振り返ると
    前走は皐月賞組が7勝、2着5回、3着5回と圧倒的に強く
    複勝圏内に1頭も入らなかったことはありません。

    次いで青葉賞組は、勝利こそありませんが
    2着3回、3着2回で複勝率は20%と抑えてはおきたいところです。

    種牡馬に関しては
    この1年間における東京競馬場の芝2400mでの成績を見てみますと
    ディープインパクトが8勝で複勝率33%
    ステイゴールドが7勝で28%
    キングカメハメハが4勝で21%となっています。

    ダービーはデータも大事ですが
    何よりも各陣営が最大目標においているレースですので
    いかにダービーから逆算してローテーションを組んで
    調整しているかが最も重要といえます。



    それではダービーの予想をしていきましょう!

    ◎エアスピネル
    ○リオンディーズ
    ▲ヴァンキッシュラン
    △スマートオーディン
    △サトノダイヤモンド




    ◎は皐月賞で対抗としたエアスピネルです。
    この馬は2歳の秋から賞金を稼いでいたので
    比較的早くからダービーを目標とした王道ローテーションを組めてきました。
    前走は前半からハイペースで進む中、直線不利もあって4着と敗れますが
    一番理想的なレースをしたのがこの馬です。
    ダービーは皐月賞のようなことはなく
    道中ゆったりとしたペースで進むと予想されるので
    前走の競馬ができれば勝利に一番近いのではないでしょうか。

    鞍上の武豊騎手は、エイシンヒカリで仏G1を制したばかり。
    絶好調のダービー最多勝騎手が今回も栄冠に輝くのではないでしょうか。
    5番人気~7番人気になりそうです。


    ○はリオンディーズ。
    父親が◎と同じキングカメハメハで前走は5着(4位入選後に降着)に敗れはしましたが
    強風の中、一番強い競馬をしたのがこの馬であることは間違いありません。
    名門角居厩舎と名手ミルコ・デムーロ騎手が同じ失敗を繰り返すことはないといえます。
    折り合いを付けて、馬を前に置く感じで進めれば、一番強い競馬をしてくれそうです。
    ダービー馬の父とオークス馬の母を持ち、この舞台では最高の血統ともいえます。
    2番人気~4番人気になりそうです。


    ▲はヴァンキッシュラン。
    ダービーを意識したローテーションで前走青葉賞を圧勝しています。
    3走前の東京芝2400mは1位入選(2着に降着)しており、2走前も阪神芝2400mを勝利。
    この強力メンバーでも、芝2400mという長丁場においては豊富な経験で有利といえます。
    父親もディープインパクトで、ダービージョッキーでもある鞍上の内田博幸騎手も
    頼りになる存在です。6~7番人気が予想されます。


    △はスマートオーディンとサトノダイヤモンド。
    前者は折り合いに難点があるものの、はまった時の豪脚は3Fを32秒台で駆け抜けます。
    毎日杯から京都新聞杯へと勝利しているのは、2013年のキズナと同じローテーションです。
    5~6番人気となりそうです。

    後者は皐月賞で不利がありながらも3着を確保。
    中団のいい位置をキープして運べそうなので、展開的には向いているといえます。
    2~3番人気となりそうです。



    当日まで人気順は分からないほど拮抗していそうで
    有力馬のどれかを予想で切らなくてはいけないくらいの激戦になりそうです。

    皐月賞1、2着のディーマジェスティとマカヒキは
    展開的に皐月賞と同じようなレースは出来ないと見て現時点では印をなくしました。

    個人的には騎手生活30年目の蛯名騎手の初ダービー制覇を見てみたいですね。
    ディーマジェスティはこっそり応援します。

    上記に挙げた馬たちは、生まれてきた時代が違えば
    どの馬も1番人気になっていたであろう逸材が揃った今回のダービー。
    歴史に残るようなレースを期待しましょう!

    ※※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※所属チームの先輩(通称ハメさん)による穴馬情報に特化した無料予想コラムもご登録後すぐに閲覧可能!!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 優駿牝馬(第77回オークス) 競馬予想

    0521bn.png

    第11回ヴィクトリアマイルはコースレコードにコンマ2秒と迫る高速決着となりました。
    勝ったのはストレイトガールで7歳ながら連覇を達成しました。
    先週のファーストインプレッション時点の予想を振り返りましょう。

    ◎ミッキークイーン …2着
    ○クイーンズリング …8着
    ▲マジックタイム …6着
    △スマートレイアー …4着
    △ウリウリ …13着

    無念の一言です…
    勝ったストレイトガールはもの凄く強い勝ちっぷり。
    2着となった◎は距離適性に差が出た感じですね。
    ○と▲は上位陣とは地力の差が出たようで。
    △のスマートレイアーは先行勢で唯一の掲示板を確保したあたり
    いいレースが出来たのではないでしょうか。



    気を取り直して今週は牝馬クラシック第2弾、第77回優駿牝馬(オークス)。
    東京競馬場芝2400mで開催されます。

    昨年は先週の本命馬にも指名したミッキークイーンが桜花賞とは別路線から進み
    見事勝利を挙げています。
    3歳牝馬には過酷な府中の2400mですが
    例年桜花賞組が圧倒的に好成績を残しています。
    昨年も2、3着馬の前走は桜花賞でした。

    過去10年のデータで前走を見てみると、やはり桜花賞組が7勝とリードしています。
    次いで残念桜花賞ともいわれている忘れな草賞組が2勝
    フローラS組とスイートピーS組が共に1勝ずつ挙げています。

    脚質は差し馬が9勝で複勝率も27%と圧倒的な数字を誇る事から
    府中の2400mは3歳牝馬には逃げは厳しく
    いかに折り合いをつけて最後の直線まで脚を温存できるかがカギとなりそうです。

    今年は桜花賞馬のジュエラーが故障
    メジャーエンブレムがNHKマイルカップへ進んだ為に
    上位人気2頭が出走回避するという事態になっています。
    特に後者は牡馬相手にG1を勝利しているので
    桜花賞で互角にレースを演じた馬たちにとっては追い風となりそうです。
    桜花賞から一気に800mも距離が伸びますがそれはどの馬にもいえることなので
    距離適性よりも、折り合い面を重視したほうがいいと考えられます。



    それではオークスの出走予定馬で予想をしていきましょう!

    ◎シンハライト
    ○チェッキーノ
    ▲アドマイヤリード
    △ビッシュ




    ◎はシンハライト。
    桜花賞でも本命に推しましたが、地力がずば抜けているのは否めません。
    小柄な牝馬なので輸送での馬体減りやカリカリする面が心配されますが
    桜花賞では折り合い面でも成長が感じられました。
    鞍上の池添騎手もこの春のG1で2着3回、3着1回と馬券的には好成績。
    そろそろ勝利してくれそうです。
    ダントツの1番人気が予想されます。


    ○はチェッキーノ。
    前走はトライアルのフローラSで大外18番枠から道中折り合って、快勝しています。
    近親にはシンコウラブリィやコディーノなどがいる良血馬で
    鞍上の戸崎圭太騎手は先週G1を勝利しており、勢いがあります。
    2番人気になりそうです。


    ▲はアドマイヤリード。
    穴人気にもなりそうですが、この馬は新馬戦で
    故障がなければ今年のクラシック最有力候補と言われていた
    シルバーステートに対し見事な差し切り勝ちを収めています。
    400キロ前後しかない馬体重で輸送が心配されますが
    桜花賞では最後方から追い込んで5着をキープしており、距離が伸びて注目されます。
    6~7番人気くらいが予想されます。


    △はビッシュ。
    この馬も小柄で400キロ前後しかありませんが
    前走のフローラSは2連勝で1番人気に推されたほどの馬です。
    最後方から進んで5着をキープし、今回抽選を突破しました。
    鞍上にミルコ・デムーロ騎手を確保できたのもプラスですね。
    6~8番人気になりそうです。


    今回は小柄な馬たちが予想印に多く入り、改めて当日の馬体重に注目をしたいところ。
    広い東京コースでの末脚に期待をかけます!

    ※こちらはあくまで枠順決定前のファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※今週から所属チームの先輩(通称ハメさん)による穴馬情報に特化した無料予想開始!!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第11回ヴィクトリアマイル 競馬予想

    第11回ヴィクトリアマイル

    今日は小話から。

    ここのブログ予想はあくまでも
    枠順決定前段階での予想を書いているのですが
    (最終予想に枠順が及ぼす影響は
    非常に大きいものだということは皆さんご存知でしょう)

    先日、私が所属してるチームの先輩に
    ブログ調子いいねって言われて「え・・?」となりまして
    仕事の方では正直絶好調ですが
    ブログ予想は気にしてなかったので
    何か当たってました?って感じで。。

    先週のNHKマイルCの回収、3連単BOXで550% 3連複で1119%だよって

    私は普段、BOX買いや3連複は意識していないので
    言われるまで気付かなかったのです。。

    どうやら計算してみると、ブログ開始以降の回収率は
    3連単で172%、3連複で349%となっているようです。

    少しでも皆様の参考になっていれば幸いでございます。



    先週のおさらい
    第21回NHKマイルカップはメジャーエンブレムが
    予想通りハナを主張する展開となりました。
    しかし、だれも競りかけることがなく、楽な形でハイペースを突っ走りました。
    それでは、ファーストインプレッション時点の予想を振り返っていきましょう。

    ◎ブレイブスマッシュ …8着
    ○アーバンキッド …16着
    ▲ロードクエスト …2着
    △レインボーライン …3着
    △メジャーエンブレム …1着


    ◎は残念な結果となりました。
    5着までとは1馬身も無いくらいの差だったので
    中団からいいポジションで伸びてはいましたが
    勝ちきるには力不足というところでしょうか。

    ○はメジャーエンブレムに付いていって、直線で一旦は2番手になりましたが
    ずるずると後退してしまいます。ペースが厳しかったか…。

    ▲は大外一気に追い込んできましたが、出遅れが少し痛かったですね。

    △のレインボーラインはベストポジションを選択して、大外ながら3着を確保しています。
    馬体がもう少し戻ればいいですね。

    そして、△メジャーエンブレムは圧巻の走り。
    この馬の一番いい展開で主導権を握り
    ハイペースで他の馬に脚を使わせて押し切り勝ち。
    名牝ダイワスカーレットを彷彿させる逃げ切り勝ちでした。

    この5頭BOXでも、3連複3連単ともに回収率はなかなかのものでしたね♪



    さあ、今週は第11回ヴィクトリアマイルです。
    来年はメジャーエンブレムが主役になっていそうですが
    今年も面白いメンバーが揃いました。

    東京芝1600mで行われるこのレース。
    今週からBコースに変わり、先週同様に内を突く先行馬が有利な展開になりそうです。

    昨年は3連単が2千万馬券(!!)となるなど、大波乱となりました。
    過去10年で7頭もの二桁人気の馬が馬券圏内に入っています。

    逆に1番人気で勝利したのは名牝ウォッカとブエナビスタ
    年間G1で4度も2着になったヴィルシーナの3頭のみです。

    この3頭は実績もトップクラスでしたから
    それほどの実績がないと1番人気でも勝利するのは厳しいというデータです。

    かといってデータが参考になりにくいレースでもあります。
    展開に恵まれた先行馬が押し切ったり
    前走で大敗した馬が馬券に絡んだりと予想が難しく、逆に予想冥利につきます。
    今年も荒れるか本命サイドで収まるか、出走予定馬で予想をしていきましょう!



    ◎ミッキークイーン
    ○クイーンズリング
    ▲マジックタイム
    △スマートレイアー
    △ウリウリ




    ◎はミッキークイーン。
    中距離を中心に使われてきましたが、昨年はオークスと秋華賞の2冠を達成。
    実績は十分です。前走は久しぶりのマイル戦でしたが
    折り合いも付き豪脚を見せてくれました。
    直線では少し窮屈になるところもありましたが
    東京コースになるのはプラスになり
    勝ち馬とのクビ差も2キロの斤量差を考えれば
    問題ないステップレースだったといえます。
    気がかりなのは落馬負傷から、今週復帰する浜中騎手が
    どれだけ感覚を取り戻せているかにかかります。
    1番人気が濃厚です。


    ○はクイーンズリング。
    前走は京都牝馬Sを快勝!
    重馬場だからかいつもより前目でレースを進め
    最後の直線では一瞬前をカットされるも外に持ち出して力強く伸びました。
    後方から追い込んできたマジックタイムに迫られますが
    2キロの斤量差をものともせずに押し切ります。
    休み明けになるので6~7番人気の予想ですが
    鞍上がデムーロ騎手だけにオッズはもう少し下がるかもしれません。


    ▲はマジックタイムです。
    前走は牡馬相手に内目をすくって快勝しています。
    ハンデ戦で一番軽い斤量でしたが
    重賞戦線で活躍している牡馬たちを封じ込めているのは力がある証拠です。
    左回りは4勝2着4回でマイル戦は5勝と
    相性がいい左回りのマイル戦で豪脚を披露するか注目です。
    5~6番人気になりそうです。


    △はスマートレイアー。
    展開の鍵を握る馬となります。
    過去2年は武豊騎手で10着と8着と結果が出ていません。
    前2走はこれまでと変わって脚質転換して逃げ切り勝ち。
    折り合いに苦労することもなく、馬が成長した証といえます。
    武豊騎手は1年ぶりにスマートレイアーに騎乗しますが、
    天皇賞・春とかしわ記念ではともに逃げ切り勝ちを収めているので、
    ここでも注目が集まります。
    3番人気になるでしょう。


    もう一つの△はウリウリ。
    今回の穴はこの馬でしょうか。
    最近は1200mから1400mのスプリント戦を中心に使われてきていますが
    この馬の母父はフレンチデピュティーで
    先週のレインボーライン同様に府中のマイル戦では好成績を収めています。
    混戦になりそうな今回は、こういうスピードがある馬が駆け抜けてきそうです。
    鞍上は三浦皇成騎手。大穴を期待できる騎手ですね。
    12~14番人気くらいになりそうです。


    春のG1で2着が3回もある池添騎手が騎乗するショウナンパンドラは
    2番人気になりそうですが、長い距離を使ってきているので
    現時点では思い切って消しの判断です。

    ※こちらはあくまで枠順決定前のファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※今週から所属チームの先輩(通称ハメさん)による穴馬情報に特化した無料予想開始!!!



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第21回NHKマイルカップ(東京芝1600m) 競馬予想

    0501bn5721d0c37915c.png

    春の天皇賞は激戦のハナ差決着となりました!
    それにしてもゴールドアクターはパドックから入れ込みが酷かったです。
    いつもあんな感じといえばそうなんですが
    やはり3200mという距離での入れ込みは厳禁といえます。

    ◎を打ったキタサンブラックは武豊騎手の正確無比な体内時計が
    ピタリとはまった好騎乗だったと言えます。
    楽な手ごたえで逃げを打ち、折り合いも付いていました。

    最後の直線でカレンミロティックに一旦交わされても
    もう一度差し返すことが出来たのも、馬に余力が残っていたからできたのでしょう。
    まさに人馬一体ですね。

    その武豊騎手は、今週のG1には姿を見せません。
    名手が居ないのは残念ですが、何と言ってもアメリカのケンタッキーダービーに
    ラニと参戦するのですから、仕方ありませんね!

    日本競馬の夢でもある凱旋門賞制覇よりも難しいといわれるケンタッキーダービー制覇。
    結果を楽しみに待ちましょう☆



    さて、今週は第21回NHKマイルカップ(東京芝1600m)が行われます。
    今年は怪物と騒がれている牝馬のメジャーエンブレムが
    距離の長いオークスではなく、こちらを選択したことで注目度が上がりました。

    過去に牝馬でこのレースを制したのは、21回中3頭。
    過去10年間でも3頭の牝馬しか馬券圏内に入っていません。
    メジャーエンブレムには厳しいデータです。

    脚質も逃げ・先行馬が3勝に対し
    差し・追い込み馬が7勝とこちらも同馬には厳しいデータですね。

    このレースはステップレースとなるNZT(ニュージーランドトロフィー)が
    中山の1600mということもあり、あまり参考にならないこともありますが
    それでも過去10年間では5頭も勝ち馬が誕生しています。

    出走頭数も多いので、複勝率などは14%とそれほど高くありません。
    むしろ、毎日杯(同38%)や皐月賞(同21%)が馬券的に絡んできているといえます。



    それではNHKマイルカップの出走予定馬で予想をしていきます!

    ◎ブレイブスマッシュ
    ◯アーバンキッド
    ▲ロードクエスト
    △レインボーライン
    △メジャーエンブレム



    ◎はブレイブスマッシュです。
    8戦2勝で2着が4回とイマイチ勝ち切れていないイメージですが
    マイルは4戦して連対を外しておらず、2歳戦時は今回人気を背負うであろう
    イモータルやトウショウドラフタに完勝しています。
    3走・2走前は距離が2000mとクラシックを意識して長めの距離を試しての敗戦であり
    前走は不良馬場と道悪の中、距離も1400mの中で追い込んで2着。
    鞍上は主戦でベテランの横山典弘騎手。
    今回は適切な舞台で、馬券の軸として期待大です。
    5~7番人気くらいになりそうです。


    ◯はアーバンキッド。
    外せない毎日杯組で2着と好走。
    特に勝ち馬はクラシックの秘密兵器ともいえるスマートオーディンでありながら
    0.2秒差と接戦を演じました。
    ボウマン騎手への乗り替わりがプラスに働くとは考えにくく、星をひとつ落としました。
    こちらも5~7番人気が予想されます。


    ▲はロードクエスト。
    皐月賞は8着と敗れていますが
    2歳戦では新潟2歳Sで最後方から17頭をゴボウ抜きにするほどの末脚!
    またデビュー戦の東京マイルでは、◎のブレイブスマッシュ相手に完勝しています。
    鞍上は桜花賞と天皇賞でハナ差負けをした池添騎手。ここは力が入るでしょう! 
    2~3番人気になるでしょう。


    △はレインボーライン。
    NZT組からはこの馬を推します。
    前走は4着に敗れましたが、直線まで内で脚を溜めて「さあ、これから」という時に
    前が詰まり追い出しが遅れてしまいました。
    広い東京コースに変わるのはプラスに働くでしょう。
    鞍上の福永騎手はケガから復帰して好調です。
    7番人気以下の穴人気になりそうです。

    △のもう一頭はメジャーエンブレム。
    展開的に不利になりそうですが、印の上位馬がガチガチの人気馬だけではないだけに
    この馬を絡めておいても馬券的にはおいしいともいえます。
    1番人気は確実ですね。

    ※こちらはあくまで枠順決定前のファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。




    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ