プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第153回 天皇賞・春(京都 芝3200m)競馬予想

    0501bn5721d0c37915c.png

    先週は春のG1中休みとなりましたが、マイラーズカップはどうだったでしょうか!?


    結果の馬番は1着から2-1-4と、内枠の馬が直線も内側を通って脚を伸ばし
    開幕週の馬場を利用していました。


    内枠が有利としても、勝ち馬の松山弘平騎手は
    見事にインを突く好騎乗で結果を残したといえます。


    フィエロは賞金を加算しておきたかったですが、流れに乗れずに惜敗。
    勝ち馬と位置取りの差が出た感じです。
    次走はデムーロ騎手と安田記念の予定です。




    さあ、今週はG1の第153回 天皇賞・春(京都 芝3200m)です! 
    由緒あるレースですが、10年前の2006年に
    あのディープインパクトが勝利して以来、1番人気が勝っていません。


    オルフェーヴルやキズナ、ゴールドシップといった名馬たちも
    1番人気では勝利どころか、馬券圏内にも入れませんでした。
    (ゴールドシップは昨年2番人気で勝利)


    一昔前は、ガチガチの本命鉄板レースでしたが
    この10年では二桁人気の馬が6頭も、馬券圏内の3着までに入っています。
    穴党の方には朗報です☆


    前走を見てみると、過去10年では阪神大賞典組(芝3000m)が4勝を挙げていますが
    天皇賞への出走が多いためか、連対率は7.3%で複勝率は12.7%となっています。


    次に日経賞組(芝2500m)は3勝を挙げ
    2着も5回と好成績で、連対率は15.4%で複勝率は21.2%です。


    そして大阪杯組(芝2000m)は2勝ですが、連対率は25%で複勝率は35%と好成績です。


    天皇賞は58キロと重い斤量を背負います。
    よく馬格があるサラブレッドには1~2キロの斤量差は対して影響ないといいますが
    繊細な馬にとっては長距離を走るのに少しでも軽い方が良いのは言うまでもないでしょう。
    58キロを乗り慣れて、結果を出している馬にも注目したいところです。


    また、長距離レースで同じ京都で行われている菊花賞とも相性が良いのが伺えます。
    菊花賞で好走している馬にも注目してみましょう。




    では、天皇賞・春の出走予定馬から予想をしていきます!


    ◎キタサンブラック
    ◯ゴールドアクター
    ▲サトノノブレス
    △シュバルグラン
    △フェイムゲーム



    ◎キタサンブラック
    天皇賞・春と相性のいい昨年の菊花賞馬で、前走は58キロを背負った大阪杯で2着。
    9戦5勝で、掲示板を外したのが1回のみで他はすべて馬券圏内に収まっています。
    どんな展開にも適応できる自在性を持っているのも強みです。
    3連馬券の軸には持って来いといえます。

    唯一の不安材料は、血統面といわています。
    父親のブラックタイドはディープインパクトの全兄で言うことなしですが、母父のサクラバクシンオーは名スプリンター。
    産駒のほとんどが1200m戦で結果を残しています。
    しかし、サクラバクシンオーの母親は天皇賞・春と有馬記念を制した1980年代の名馬アンバーシャダイの全妹という、隠れたステイヤー的血統背景を持っています。
    そして手綱を取るのが武豊騎手。平成の盾男といわれ、天皇賞・春はなんと6勝を挙げています。現時点での本命として期待です! 
    2番人気が予想されます。



    ○ゴールドアクター
    昨年の有馬記念を制し、目下5連勝中と1番人気も予想されます。
    一昨年の菊花賞で3着となっており、前走の日経賞では58キロを背負いながら勝利。
    馬券的には安心感があります。



    ▲サトノノブレス
    前走はG3の中日新聞杯に出走していますが、58キロを背負い快勝。
    3年前の菊花賞で2着になるなど、長距離適正は十分です。
    セレクトセールでは7900万円で落札されたほどの良血馬。
    人気を背負わないここは穴馬として期待がかかりますが、勝利してもおかしくない存在といえます。



    △シュバルグラン

    △フェイムゲーム
    前者は阪神大賞典を快勝しましたが、斤量が一気に3キロも増える今回は上位人気が予想される為に、馬券的妙味を考えて押さえまで。
    後者は昨年の2着馬。国内の3000mを超える長距離線では5戦して2勝2着が2回と安定した実績を誇ります。
    共に父親がハーツクライで、天皇賞・春ではこの2年間で3頭の馬が馬券圏内に入っており注目です。


    ※こちらはあくまで枠順決定前のファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    GW特別キャンペーン実施中!

    現金3万円 or ポイント3万円分どちらか必ずプレゼント!


    ●先週の的中ハイライト!

    2016年04月24日の買い目提供
    提供レース:東京8R
    レース名:サラ系4歳上1000万円以下
    提供券種:3連単5点、1点1000円
    レース結果:7-2-10
    獲得金額:【163,500円】

    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
     | ホーム | 

    # 第47回 読売マイラーズカップ(GII) 競馬予想

     第47回 読売マイラーズカップ(GII)


    先週の第76回皐月賞、3強対決といわれ注目度が高くなりました。

    結果を振り返って見ましょう。

     

    勝ち馬は大外18番のディーマジェスティでした。

    3強以外から勝ち馬が出ましたね。


    スタートしてからかかり気味にリオンディーズが先手を取りましたが、最初の1000mが58.4秒。

    後半の1000mが59.5秒ということを考えても、入りが速いペースになってしまいました。

     

    エアスピネルも先行集団に付けて粘りますが、最後の直線に入り、さあここからというところでリオンディーズの斜行で不利を受けました。

     

    スローペースが見込まれるダービーではリオンディーズのかかり癖は難しいものですが、あれだけの早いペースで前へつけて掲示板を確保するのは相当の実力がある証拠。

    挽回に期待しましょう!

     

     

     

    さて、今週は第47回マイラーズカップが京都競馬場で開催されます。

    春のG1の中休みに入りますが、G1の安田記念へ向けての重要なステップレースとなります。

     

     

    それではデータをみていきます。 マイラーズカップの過去10年を参考にしていきましょう。

    前走レースについては好成績を収めているのが中山記念組で3勝を挙げており、複勝率は35%となっています。

     

    次いで暮れの香港マイル組が2勝と3着1回と3頭で複勝率が100%とデータは少ないですが、海外G1に遠征するほどの馬だと馬券圏内は有力といえます。


    勝ち馬こそ出ていませんが、東京新聞杯組は11頭の出走で2着1回3着が4回と複勝率は45%を超えています。

     

    人気では、1番人気と3番人気がそれぞれ3勝で5番人気以降が4勝となっています。

    人気サイドか伏兵かはおおよそ半々となっており、人気馬と穴馬を併せて狙うといいかもしれません。

     

     

    脚質をみてみます。

    先行馬 4勝 勝率11% 連対率14% 複勝率 25%

    差し馬 3勝 勝率 5% 連対率16% 複勝率 26%

    逃げ馬 3勝 勝率30% 連対率40% 複勝率 40%

    追込馬 0勝 勝率  0% 連対率 2% 複勝率 2%

    先行馬がリードしていますが、割り合いでみてみると逃げ馬が有利となっています。

    開幕週とあって追い込みは不利みたいですね。

     

     

     

    では出走登録馬から予想をみていきます。

     

    ◎フィエロ

    ○ダノンリバティ

    ▲サンライズメジャー

    △エキストラエンド

     

     

    ◎フィエロ…1番人気は間違いないでしょう! 前走の香港マイルは窮屈な形となり9着となっていますが、昨年のG1レースでは2度も現役のマイル最強馬のモーリスと差のない競馬をしています。

     メンバー的に見劣りするココなら確勝が期待されます。

    久しぶりがどうかと心配ですが、前走香港マイルのデータは上記の通り優秀です☆

    気がかりなのは主戦のデムーロ騎手が騎乗停止中ということです。

     

     

    ○ダノンリバティ…一時ダートを使っていましたが、前々走から芝に戻しており、前走はオープン特別ながら好タイムで勝利。

    前目でも競馬が出来る自在性で、逃げ馬がいない今回は展開的にも有利に働きそうです。

    2、3番人気が予想されます。

     

     

    ▲サンライズメジャー…昨年は逃げ粘って2着となりました。 開幕週の京都の馬場を味方につけて今回も逃げが予想されます。

    うまくペースを握れば逃げ切っても不思議ではありません。

     

     

    △エキストラエンド…昨年は4着とわずかな僅差で負けましたが、 今年は昨年と同じローテーションで臨みます。

    なお一昨年は3着と3年連続の出走となります。 今回は比較的前目で競馬が出来そうですね。

    7、8番人気くらいで穴人気が予想されます。

     

    ※こちらはあくまで枠順決定前のファーストインプレッションとなります。

    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    より詳しい予想はこちらをチェックしてください。
    「競馬-KEIBA-] 私が所属しているチームのサイトです。


    ●先週の的中ハイライト!

    2016年04月17日の買い目提供

    提供レース:中山 5R
    レース名:サラ系3歳500万円以下
    提供券種:3連単4点、1点1000円
    レース結果:4-6-10
    獲得金額:【193,200円】




    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第76回 皐月賞 競馬予想

     
    先週の第76回桜花賞はもの凄いハナ差の決着となりました。
    予想はどうだったでしょうか、みていきます!
     
    ◎シンハライト      2着
    ○ジュエラー       1着
    ▲メジャーエンブレム   4着
    △レッドアヴァンセ    7着
     
    やっぱり宝石馬券になりましたね。
    1着と2着は僅差でしたから、◎は少し早く動いた分で負けてしまった印象。

    チューリップ賞とは逆になってしまいました。
    ○は切味も抜群で、距離が延びるオークスで2冠を達成する可能性大ですね。

    いずれにしてもオークスは名勝負が期待できそうです。
    圧倒的1番人気に支持された▲は懸念された前へ行けなかったことが敗因と思います。

    △は現時点では体力がないのかなと。馬体重も+2キロともう少し大きく増えて秋に期待ですね。
     
     
     
    さあ、今週は牡馬クラシック第一弾の第76回皐月賞が中山競馬場で行われます。
    記憶に新しい昨年はドゥラメンテが豪脚を披露して皐月賞とダービーを制して2冠を達成しています。

    デムーロ騎手は外国人騎手としても異例の皐月賞4勝目で勝率も5割を超えています。
    今年はリオンディーズに騎乗予定で5勝目を取れるか注目です。
     
    今年は例年になく豪華メンバーが揃った皐月賞。
    「リオンディーズ」「マカヒキ」「サトノダイヤモンド」で3強と言われていますが、上位人気の3頭以外にも有力馬はいますよね。

    小回りの中山芝2000mは内枠の馬と先行馬が有利とされています。
    ただし、たまに早いペースで流れると大外から後方一気が決まるときもあります。
     
     
     
    中山芝2000mの過去3年のデータを見てみましょう。
    人気別では…
    1番人気は勝率32%で複勝率61%と抜群の成績。
    2番人気は勝率21%で複勝率60%とこちらも優秀。
    3番人気は勝率19%で複勝率45%と好成績。
    4番人気は勝率 7%で複勝率32%と安定した成績となっています。

    上位人気が圧倒的に好成績を誇っています。

    トリッキーなコースですが、意外にも荒れてなく、人気通りに決着する傾向が強いですね。
    何せ4番人気までで勝率が80%となっています。
     
    種牡馬成績もディープインパクトが勝率18%で複勝率が37%と優位。
    次いでキングカメハメハが勝率10%で複勝率が34%と好成績を収めています。
    これは上位人気でディープかキンカメ産駒なら掲示板を独占するのではないでしょうか!
     
     

    では皐月賞の予想をしていきましょう!
     
    ◎リオンディーズ
    ○エアスピネル
    ▲アドマイヤダイオウ
    △マカヒキ
     
     
    ◎リオンディーズ
    1戦1勝でGIの朝日杯を制し、世代の頂点に立ちました。
    前走の弥生賞は早めに先頭に立つ競馬で最後はマカヒキに差されましたが、朝日杯の末脚をみると昨年のドゥラメンテを彷彿させてくれます。
    1番人気が予想され、鞍上のデムーロ騎手は先週も桜花賞を勝利し、絶好調です。
    父親のキングカメハメハと母親のシーザリオ共にクラシックを勝利している良血馬が栄光に1番近いでしょう!
     
     
    ○エアスピネル
    3強から差を空けられた感じですが、元々この世代で1番強いとされていた馬です。
    中山コースで先行すれば3強に逆転するのも不可能ではないでしょう。
    レース当日の落ち着きがカギを握ります。
    父親はキングカメハメハで母親は秋華賞馬のエアメサイア。
    母親の叔父には第60回皐月賞を勝ったエアシャカールがいる良血馬です。
    鞍上の武豊騎手はエアシャカール、エアメサイアの主戦ジョッキーでした。
    縁の血統で勝利できるか期待ですね。4番人気に落ち着くとみています。
     
     
    ▲アドマイヤダイオウ
    5、6番人気が予想されます。
    ここで大きく取り上げたのはそのスケールの大きさです。
    デビュー戦はリオンディーズに完敗しましたが、その後3連勝。
    どちらかというと皐月賞よりダービー向きに思えますが、前走の若葉Sでは直線で並ばれてから最後まで抜かせませんでした。
    勝負根性がありそうで、前々で運んで粘り込みをしてくれそうです。
    こちらは父親がディープインパクトです。
     
     
    △マカヒキ
    2番人気が予想されます。
    前走はリオンディーズとエアスピネルを破り、一躍3強の主役に躍り出ました。
    若駒Sから弥生賞へと駒をすすめて無敗の3連勝というのは父親のディープインパクトと同じです。
    姉のウリウリは重賞2勝馬で姉弟とも馬主は金子真人オーナー。
    そうです。キングカメハメハとディープインパクトのオーナーです。
    何か持っていそうですね。それでも星を落としたのは多頭数の経験がないのと乗り替わりがあるからです。
    主戦のルメール騎手がサトノダイヤモンドを選んだため、川田騎手に乗り替わります。
     
     
    3強を形成するサトノダイヤモンドは無印としました。
    こちらも3戦無敗で3番人気になりそうですが、長距離輸送が未経験ということと、ルメール騎手の調子が今一つ上がらないことで印を消しました。

    とはいってもセレクトセールにて2億4000万で落札された良血馬。あっさり勝ってもおかしくはありません。
     
     
     
    ※こちらはあくまで枠順決定前のファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。
     



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

     | ホーム | 

    # 第76回 桜花賞 競馬予想

     
    春のクラシック第一弾の桜花賞。
     
    昨年はスローペースに持ち込んだレッツゴードンキが逃げ切り勝ちを収めています。
    その一方、一昨年は最後の直線まで最後方にいた
    ハープスターが追い込み勝ちを決めています。
    2年続けて全く違う展開の勝ち馬が出てきましたが、
    データ的にはどうなっているでしょうか。
     
    過去10年のデータでは、脚質は逃げ先行馬が3勝に対し、
    差し・追い込みが7勝と、中団から後ろで進めた馬が有利です。
    人気も1番人気が勝率30%、連対・複勝率で60%、
    2番人気が勝率20%、連対・複勝率が50%と上位人気馬が好成績ですね。
    前走はチューリップ賞組が勝率16%、連対率26%、複勝率38%と他を圧倒しています。
     
    ここまで分かれば、
    「中団からの差し・追い込み馬」「前走:チューリップ賞」「上位人気予想」をテーマにすれば
    馬券的中も大きくなりそうですね。
     
     
     
    それでは第76回桜花賞の出走予定馬で予想をしていきましょう!

    ◎シンハライト
    ○ジュエラー
    ▲メジャーエンブレム
    △レッドアヴァンセ
     
     
    ◎シンハライト
    3戦3勝と無敗で大舞台に臨みます。
    前走のチューリップ賞は中団の位置で外目を追走しました。
    ちょうどジュエラーを内に見るような併せ馬の形で中団進み、
    最後の直線では一旦内のジュエラーにリードされるも、
    ゴール前ではハナ差で勝利を収めています。
    今回は2番人気が予想され、前走と脚質の3つ全ての条件を満たしています。
     
     
    ○ジュエラー
    前走はシンハライトとどちらが勝ってもおかしくないレースでした。
    3番人気に支持されそうですが、
    鞍上のデムーロ騎手は父親のヴィクトワールピサで
    ドバイワールドカップを制しています。
    注目です!
     
    ちなみにシンハライトの馬名の意味はスリランカの宝石で、
    ジュエラーは宝石職人。うーん、何かのサインでしょうか…。
     
     
    ▲メジャーエンブレム
    1番人気が予想されます。
    逃げ馬なので、競りかけてくる馬が多く、
    ペースが予想以上に早くなれば危険があります。
    しかし、何せ2歳牝馬チャンピオンで鞍上はルメール騎手ですし、
    前走の圧勝劇をみればあっさりと勝利しても不思議ではありません。
     
     
    △レッドアヴァンセ
    前走チューリップ賞で8着と大きく負けましたが、
    馬体重が-14キロと体調面で不安がありました。
    また、外枠スタートで終始外目を追走する形がアダとなり、
    末脚が不発に終わりました。
    上位3頭とは差を開けられた感じですが、
    鞍上は桜花賞5勝の武豊騎手。名手の手腕に期待しましょう!
     
     
     
    ※こちらはあくまで枠順決定前のファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。
     



    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ
     | ホーム | 

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ