プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第78回皐月賞 2018年 競馬予想

    第78回皐月賞

    ~桜花賞回顧~

    先週は牝馬クラシックの第一弾、桜花賞が行われました。
    結果を見てみましょう。


    ◎ラッキーライラック …2着
    ○リリーノーブル …3着
    ▲マウレア …5着
    △フィニフティ …12着
    △アンコールプリュ …11着

    ◎は最内枠から包まれないレースを心がけて、現時点では完璧な騎乗といえました。
    しかし、勝ち馬の末脚に屈しました。
    距離が延びても良さそうだけに、オークスで巻き返しに期待です。


    ○はラッキーライラックとの着差を縮めており、成長が見られました。
    いい脚を見せましたので、東京コースでは逆転まで期待できそうです。



    ~皐月賞~



    さあ、今週は第78回皐月賞が中山競馬場芝2000mで行われます。
    何といっても朝日杯の勝ち馬で、弥生賞を圧勝したダノンプレミアムが無念の回避。
    しかし、各陣営にとってはチャンスが巡ってきたともいえます。
    1強といわれていただけに、ここは混戦モードが漂います。


    同レースの過去10年における好走馬の前走出走レースは、共同通信杯が4勝で複勝率50%と好成績。
    次いでスプリングSが3勝で同13%、弥生賞が2勝で同25%、毎日杯が1勝で同8%となっています。


    人気別でみると、1番人気は2勝で複勝率60&、2番人気は1勝で同40%、3番人気と4番人気が2勝で同50%ずつとなっています。


    脚質では、差し馬が8勝で同複勝率21%と、内回りのコーナー4回のコースながら好成績を残しています。
    有利とみられる先行馬は1勝で同21%とやや低迷しています。
    中団までで競馬をでき、中山の坂でも豪快に駆けあがってこられる馬が有利となるでしょう。


    枠順では8枠が2勝で複勝率17%、7枠が2勝で同14%、6枠が2勝で同25%と外枠が不利とはいえません。
    しかし、2枠は1勝で同20%、1枠も1勝で同16%とそこまで有利不利はなさそうです。


    それでは予想を見ていきましょう。


    ◎ジャンダルム
    ○ステルヴィオ
    ▲タイムフライヤー
    △エポカドーロ
    △ワグネリアン

    ◎はジャンダルムにしました。
    アタマで勝負というよりも、馬券的に安定感があり、ここまで4戦して2勝、2着と3着が1回ずつあります。
    デイリー杯2歳Sは圧勝ともいうべき内容で能力の高さを見せつけました。
    中山芝2000mは3回目となり、鞍上も勝ちに行く戦法をとるのではないでしょうか。

    前走の弥生賞では一番良いレースをしながら3着と力負けのような印象を受けています。
    先行馬ですが、先手を取る馬が多く、それを見ながら動ける脚質なので、ある程度は展開的に有利となりそうです。
    鞍上はベテラン武豊騎手で4~5番人気くらいになるでしょう。


    ○はステルヴィオ。
    前走のスプリングSを豪快に差し切り、重賞初制覇を成し遂げました。
    ここまで5戦してすべてに連対しています。
    ダノンプレミムにしか負けていないというのも魅力でしょう。

    差し馬で、末脚は一級品ですから、中山の坂を苦にしていません。
    鞍上は先週桜花賞を制したルメール騎手ですから、ここも波に乗ってくれそうです。
    1~2番人気となるでしょう。


    ▲はタイムフライヤー。
    前走の若葉Sではスタート直後に接触があり、バランスを取り直して追走。
    大外を回しながらの競馬でロスが響き、5着となりました。
    立て直した今回は人気も落ちそうで、旨みのある馬といえます。

    何より、2歳時はダノンプレミアムよりも評価されていたほどの馬です。
    ホープルSを快勝している舞台ですので、ここは軽視できません。
    強烈な差し脚を誇っています。
    鞍上は内田騎手に乗り替わり、5~6番人気くらいになるでしょう。


    △はエポカドーロ。
    逃げ馬ですが、前走のスプリングSではハナ差の2着となりました。
    勝ち馬の末脚に屈したものの、強いレース内容といえます。
    先行馬が多い今回は、ペースも速くなりそうですが、しぶとい粘りを見せてくれそうです。
    鞍上は戸崎騎手で7~9番人気が想定されます。


    もう一頭の△はワグネリアン。
    前走の弥生賞では唯一上り33秒台をマークしますが、ダノンプレミアムを捕えきれませんでした。
    中山よりも府中向きの末脚を持っており、ごちゃつきそうな今回は少し割引が必要といえるでしょう。
    鞍上は福永騎手で2番人気が予想されます。



    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    「競馬-KEIBA-]←こちらのサイトでは、最終的に更に精度を高め、買い目まで提供!
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩予想師、ハメさんによる無料大穴予想も絶好調!
    無料会員に入っているだけで見れますよ!




    ↓ポチっとして頂けると、ここで書くとチームに怒られちゃう事もポロっと出るかも?!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第78回桜花賞 2018年 競馬予想

    第78回桜花賞

    ~大阪杯回顧~

    先週は大阪杯が行われました。
    結果はどうだったでしょうか。


    ◎スワーヴリチャード …1着
    ○サトノダイヤモンド …7着
    ▲ダンビュライト …6着
    △ペルシアンナイト …2着
    △スマートレイアー …9着


    ◎は初G1をGETしました。
    スタートから後方となるも、ペースがスローと判断するや、3コーナーには鞍上の判断で大外から一気に先頭まで躍り出ました。
    後は内に入り込んでロングスパートを決めて快勝。
    やはり強かったですね。


    〇は好スタートを決めますが、内に入ったことで、逆に出しづらくなり、直線で外に出して追い出すも見せ場なく着外。
    もったいない競馬になりました。



    ~桜花賞~



    さあ、今週は3歳牝馬のクラシック第一弾、第78回桜花賞が阪神競馬場芝1600mで行われます。
    ここ2年は阪神JFを制して、このレースでも圧倒的な1番人気に支持されたソウルスターリングとメジャーエンブレムがともに敗れています。


    今年は無敗の2歳女王になったラッキーライラックが、上記の2頭に負けないくらいの支持率を集めそうです。


    同レースの過去10年における好走馬の前走出走レースは、チューリップ賞が7勝で複勝率39%と断然リード。
    フィリーズレビューが2勝で同7%、出走頭数の少ないエルフィンSが1勝で同50%となっています。


    人気別でみると、1番人気が3勝で複勝率50%、2番人気が2勝で同60%、3番人気が1勝で同40%になっています。
    そこそこ人気馬は信頼してもよさそうですね。


    枠順では5枠が4勝で複勝率35%とラッキーナンバー。
    7枠が2勝で同23%、4枠が2勝で同21%となっています。
    ある程度真中に入ると有利といえそうですね。
    逆に1枠は3着が1回あるだけで同5%、2枠は馬券圏内に入っていません。
    よほど力が無い限り、内過ぎると不利といえそうです。


    それでは予想を見ていきましょう。


    ◎ラッキーライラック
    ○リリーノーブル
    ▲マウレア
    △フィニフティ
    △アンコールプリュ


    ◎はラッキーライラックです。
    ここまで4戦4勝で、左回りと右回りで先行抜け出しの王道的な競馬を見せています。
    それでいて上り33秒台を繰り出せるのですから、あまり死角が少ない馬といえます。
    前走のチューリップ賞も圧勝でした。

    極端な枠に入ったときに同じような競馬ができるか、出遅れたときに後方からレースを上手く進められるかといった、これまでに経験のない競馬になったときの対応が唯一の不安点といえるでしょう。
    それでも現時点で頭一つ抜けているのは否めません。
    鞍上は石橋脩騎手で1番人気となるでしょう。


    ○はリリーノーブル。
    阪神JFと前走のチューリップ賞ではラッキーライラックに完敗しましたが、ここまでのレースぶりからすると、同馬も抜けた存在といえるでしょう。
    ラッキーライラックを見るようなレースになるでしょうが、何が起こるか分からない3歳牝馬ですから、逆転があってもおかしくはありません。

    鞍上は今年好調の川田騎手。
    阪神マイルでも好成績を残しています。
    2~3番人気が想定されます。


    ▲はマウレア。
    阪神JFが3着で前走のチューリップ賞が2着と、リリーノーブルとは差のない競馬。
    ラッキーライラックとは勝負付けが済んだイメージですが、馬券圏内から外すのは難しい馬といえます。

    今年はクイーンCを挟んで3戦目なので、あまり上積みが見込め無さそうですし、馬体が上位2頭に比べて少し寂しい印象を受けます。
    しかし、鞍上は桜花賞5勝の武豊騎手。
    昨年のリスグラシューも馬体が寂しいと言われながらもクラシックで善戦しました。
    3~4番人気となるでしょう。


    △はフィニフティです。
    まだキャリア2戦と若い馬で、新馬戦から3ヵ月空いた前走のクイーンCでは、中団待機から上がり最速をマークして2着を確保しました。
    伸び代があり、ラッキーライラックと対戦していないという点では楽しみな1頭といえるでしょう。

    馬体は420キロ台と少し小柄ですが、センスは抜群によさそうです。
    鞍上は新馬戦で手綱を握った福永騎手で、5~6番人気くらいが想定されます。


    もう1頭の△はアンコールプリュ。
    こちらも420キロ台と小柄ですが、昨年の12月にデビューしてすぐに連勝を飾り、3戦目となったフィリーズレビューでは上がり最速で2着になりました。

    切れ味抜群でラッキーライラックとまだ対戦していないというのも魅力です。
    鞍上は藤岡康太騎手で7~9番人気くらいになるでしょう。



    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    「競馬-KEIBA-]←こちらのサイトでは、最終的に更に精度を高め、買い目まで提供!
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩予想師、ハメさんによる無料大穴予想も絶好調!
    無料会員に入っているだけで見れますよ!




    ↓ポチっとして頂けると、ここで書くとチームに怒られちゃう事もポロっと出るかも?!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第62回大阪杯 2018年 競馬予想

    第62回大阪杯

    ~高松宮記念回顧~

    先週はG1の高松宮記念が行われました。
    結果はどうだったでしょうか。


    ◎レッドファルクス …8着
    〇ダンスディレクター …4着
    ▲レッツゴードンキ …2着
    △キングハート …10着
    △ナックビーナス …3着


    ◎はいつも通り後方を進みましたが、直線では前が詰まる展開に。
    いつも以上の伸びもあり、上り最速をマークしましたが、展開が向きませんでした。


    〇はよく伸びてはいるものの、惜しくも4着。
    8歳馬だけに上積みは厳しいですが、やはり1400mのほうが向いているといえそうです。


    ▲は最後は差されますが、勝ちに等しい内容で、これでスプリントG1を3連続2着という結果になってしまいました。
    秋は巻き返しに期待です。



    ~大阪杯~



    さあ、今週は第62回の大阪杯が阪神競馬場芝2000mで行われます。
    G1に昇格して2回目になり、昨年は王者キタサンブラックが貫禄勝ちを収めました。


    同レースの過去10年における人気別の成績は、1番人気が4勝で複勝率90%とほぼパーフェクト。
    2番人気が2勝で同40%、3番人気が1勝で同20%、4番人気が1勝で同50%となっています。


    世代別で見ると、4歳馬が5勝で複勝率38%と有利になり、5歳馬が4勝で同28%、6歳馬が1勝で同27%と続いています。


    脚質では先行馬が3勝で複勝率%、差し馬が3勝で同20%、追い込み馬が3勝で同19%と展開での不利有利はあまりなさそうです。


    同コースの過去3年における騎手成績では、デムーロ騎手が17勝で複勝率48%とリード。
    川田騎手が12勝で同52%、浜中騎手が6勝で同35%、福永騎手が5勝で同28%となっています。


    それでは予想を見ていきましょう。


    ◎スワーヴリチャード
    ○サトノダイヤモンド
    ▲ダンビュライト
    △ペルシアンナイト
    △スマートレイアー


    ◎は4歳馬のスワーヴリチャードです。
    課題は右回りですが、今週のドバイ遠征で有力騎手を確保するのが難しい中、主戦のデムーロ騎手を擁したのが大きいといえるでしょう。
    昨年のG1では惜しいレースが続き、前走では成長を見せつける快勝でした。

    左回りに比べ、右回りだとどうしても内によってしまう傾向がありますが、そこは大舞台に強い鞍上の手腕で内からするすると伸びてくるのではないでしょうか。
    強烈な差し脚で沸かしてくれそうです。
    1番人気で間違いないでしょう。



    ○は5歳馬のサトノダイヤモンド。
    キタサンブラック引退後のエース格ですが、前走は勝負所で動けずに直線だけの競馬となってしまいました。
    しかも今回は主戦のルメール騎手がドバイ遠征で不在となり、暗雲が立ち込めています。

    しかし、久しぶりの中距離戦をこなし、馬自体も感覚を取り戻したといえます。
    ルメール騎手の代役には関東のエース戸崎騎手を確保したあたりは万全の態勢で臨めそうといえます。
    差し脚はメンバー中最高ともいえますので、ここで王者復権を担いたいところです。
    2~3番人気が想定されます。



    ▲は4歳馬のダンビュライトです。
    昨年のクラシック戦線では3着・6着・5着と健闘した同馬。
    今年初戦のAJCCでは先行して押し切り重賞初制覇を成し遂げました。
    いつも見せ場を作る同馬ですが、折り合いも付けやすく、阪神内回りでは怖い存在といえるでしょう。

    昨年は主役になれませんでしたが、持っている能力はG1でも通用する逸材といえ、ここを勝って古馬の王道路線を歩みたいところでしょう。
    鞍上は浜中騎手に乗り替わり、5番人気くらいが予想されます。



    △の一頭目は4歳馬のペルシアンナイト。
    阪神コースではアーリントンCを勝っています。
    皐月賞で2着になり、マイルCSでは後方一気で追い込み勝ちを収めるなど、実力は世代トップクラスといえます。

    主戦のデムーロ騎手は乗れませんが、代わりに阪神得意の福永騎手を確保。
    どんな展開でも差し込んでくる末脚は魅力的です。
    6~7番人気が想定されます。



    もう一頭の△は8歳馬のスマートレイアー。
    大穴ならこれだと思います。
    阪神コースは実に6勝を挙げており、得意の舞台といえます。
    主戦の武豊騎手はドバイ遠征のため、四位騎手が乗り替わります。
    逃げてもいいし、差してもいいという展開不問の同馬。
    牝馬に強い鞍上のエスコートで、馬券圏内に入ってもおかしくはありません。
    10番人気くらいになるでしょう。



    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    「競馬-KEIBA-]←こちらのサイトでは、最終的に更に精度を高め、買い目まで提供!
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩予想師、ハメさんによる無料大穴予想も絶好調!
    無料会員に入っているだけで見れますよ!




    ↓ポチっとして頂けると、ここで書くとチームに怒られちゃう事もポロっと出るかも?!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第48回高松宮記念 2018年 競馬予想

    第48回高松宮記念

    ~阪神大賞典回顧~

    先週は天皇賞春へ向けた阪神大賞典が行われました。
    結果を見てみましょう。

    ◎クリンチャー …3着
    ○レインボーライン …1着
    ▲サトノクロニクル …2着
    △アルバート …4着

    ◎は折り合いが欠けた印象でした。
    鞍上の武豊騎手は本番でも騎乗予定なので、修正してくるでしょう。
    ここを負けたことで、次は人気が下がるでしょうから、狙い目かもしれません。

    〇はかなり強い競馬をしていました。
    1ハロン距離が延びる京都コースでこの成長分を活かしきれるかが見ものです。

    ▲は折り合いもしっかりと付いて長距離適正を見せました。
    今後も楽しみな1頭といえそうです。



    ~高松宮記念~



    さあ、今週はG1の第48回高松宮記念が中京競馬場芝1200mで行われます。
    春のスプリント王を決める戦いは混戦模様がにじみ出ています。
    今年は昨年の上位3頭が揃い踏みしており、新興勢力との戦いが注目されます。

    同レースの過去10年における好走馬の前走出走レースは、阪急杯が3勝で複勝率21%、オーシャンSが3勝で同12%、シルクロードSが3勝で同29%とステップレースを使った馬が順当な結果を残しています。

    人気別では1番人気が3勝で複勝率80%とリードし、2番人気が1勝で同40%、3番人気が3勝で同70%、4番人気が2勝で同30%と人気勢がまずまずの結果を残しています。

    脚質別でみると、先行馬が6勝で複勝率29%と好成績を残しています。
    差し馬は3勝で同18%とスプリント戦らしく、先行馬が有利となります。

    世代別では5歳馬が5勝で複勝率26%、4歳馬が2勝で同17%、7歳馬が2勝で同14%、8歳馬が1勝で同6%となっています。


    それでは予想を見ていきましょう。


    ◎レッドファルクス
    〇ダンスディレクター
    ▲レッツゴードンキ
    △キングハート
    △ナックビーナス


    ◎は7歳馬のレッドファルクス。
    スプリンターズSを連覇し、スプリント界の王者として君臨しています。
    直線の切れ味は一級品で、スタートさえ上手く決まれば、勝利に一番近い存在といえるでしょう。

    中京コースも3勝しており、左回りも苦になりません。
    前走の阪急杯は後方15番手から直線だけで3着に食い込みました。
    鞍上は今年のリーディングを突っ走るデムーロ騎手。
    1番人気が予想されます。


    ○は8歳馬のダンスディレクターです。
    8歳馬と高齢になりますが、出走レース数はレッドファルクスと同じという若さを持っています。
    年末の阪神Cからの参戦となりますが、坂路を中心にしっかりと乗り込まれています。

    中断よりも少し後方に位置してレースを進めそうですが、しっかりと伸びる脚も魅力的です。
    3歳6月にデビューするなど、遅咲になりますが、そろそろG1で結果を欲しいところでしょう。
    鞍上は武豊騎手で5番人気くらいになりそうです。


    ▲は6歳牝馬のレッツゴードンキです。
    2015年の桜花賞馬で、なかなか勝ち星に恵まれませんが、昨年は京都牝馬Sで2年ぶりの勝利を飾り、高松宮記念とスプリンターズSで2着に入り、その存在感を見せつけました。

    昨年末には香港遠征を行い、マイナス22キロと体調面が懸念されました。
    しかし、今年初戦のフェブラリーSではダートG1に果敢に挑戦して5着と、まだまだ若さ一杯な走りを見せています。
    先行スタイルから差しもできるようになり、展開に左右されません。
    鞍上は岩田騎手で2~4番人気になるでしょう。


    △は5歳馬のキングハート。
    前走は10番人気ながら先行抜け出しの強い競馬でナックビーナスを抑えて重賞初勝利を飾りました。
    世代で好成績を残している5歳勢では一番の注目株ではないでしょうか。
    鞍上は北村宏司騎手で10番人気前後になるでしょう。


    もう一頭の△は5歳牝馬のナックビーナス。
    前走のオーシャンSでは先行するキングハートを捕えられずアタマ差の2着と悔しい結果になりました。
    昨年の高松宮記念は8着に敗れていますが、そこから順調に力を付けており、スプリント界の新星として注目を集めています。
    先行出来る脚質を持っており、鞍上は三浦騎手に乗り替わります。
    6~8番人気くらいが予想されます。


    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    「競馬-KEIBA-]←こちらのサイトでは、最終的に更に精度を高め、買い目まで提供!
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩予想師、ハメさんによる無料大穴予想も絶好調!
    無料会員に入っているだけで見れますよ!




    ↓ポチっとして頂けると、ここで書くとチームに怒られちゃう事もポロっと出るかも?!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第66回阪神大賞典 2018年 競馬予想

    第66回阪神大賞典

    ~金鯱賞回顧~

    先週はG2の金鯱賞が行われました。
    結果を見ていきましょう。


    ◎スワーヴリチャード …1着
    ○サトノダイヤモンド …3着
    ▲ヤマカツエース …4着
    △ブレスジャーニー …6着

    ◎は先行策をとって王道競馬。
    これまでの差し脚とは違う先行する競馬を行い、有馬記念のような敗戦を払しょくしました。
    直線も馬也で先頭に躍り出る勢いで完勝しています。
    大阪杯へ向けて視界良好といえるでしょう。

    〇は反応が悪く、追い出してから伸びないと思ったら、坂を駆け上がるころには猛追していきました。
    上りは最速をマークしていますので、半年近い休み明けを考えると及第点といえる内容です。



    ~阪神大賞典~



    さて、今週は伝統のG2戦、第66回阪神大賞典が阪神競馬場芝3000mで行われます。
    内回りコースを2週するので、スローペースになりやすく、折り合いと瞬発力も大事となります。
    このレースは1番人気が5連勝中とありますが、たまに穴馬も連れてくるのが特徴といえます。

    過去10年における同レースの好走馬の前走出走レースは、有馬記念が3勝で複勝率64%とリード。
    次いで日経新春杯が3勝で同50%、ダイヤモンドSが2勝で同21%、京都記念 が1勝で同20%となっています。

    人気別でみると、1番人気が5勝で複勝率90%と好成績を残し、3番人気が2勝で50%、5番人気が1勝で60%と続いています。

    脚質では先行馬が9勝で複勝率50%と断然な成績。
    差し馬が1勝で同16%となっています。
    ある程度は先行しないと厳しいと言わざるを得ません。

    世代別でみると、4歳馬が4勝で複勝率42%となり、5歳馬が3勝で同39%と2世代が飛び抜けています。
    一方、6歳馬は2勝で同14%とまずまずの成績を残しています。


    それでは予想をみていきましょう。


    ◎クリンチャー
    ○レインボーライン
    ▲サトノクロニクル
    △アルバート


    ◎はクリンチャーです。
    4歳馬で、京都記念ではレイデオロ、アルアイン、モズカッチャンらG1ホースを撃破しました。
    フロックではなく、1番強い競馬を披露したのも同馬です。
    もともと皐月賞4着、菊花賞2着と底力はあるタイプでしたが、あの不良馬場の菊花賞を経験したのは大きいのかもしれません。


    力の入る馬場でも瞬発力がいる馬場でも問題なく、なかなか死角が見当たらないように成長しています。
    先行できる脚質も魅力で、鞍上は長距離に強いベテラン武豊騎手に乗り替わり素。
    1番人気となるでしょう。


    ○は5歳馬のレインボーライン。
    一昨年の菊花賞2着馬で、G1での穴人気が魅力の馬といえます。
    有馬記念以来の競馬となりますが、順調にきており、距離が長くなるここでも楽しみとなります。
    極悪馬場となった秋の天皇賞でも3着と力は持っています。


    マイラーから中距離のイメージながら長距離もこなせるのは、父のステイゴールドに似ています。
    中団からの差しタイプですが、展開と馬場に影響されず、ここでは力上位とみます。
    鞍上は岩田騎手で3番人気が予想されます。


    ▲はサトノクロニクルです。
    4歳馬で前走は有馬記念で9着と大敗していますが、阪神コースはチャレンジカップを古馬相手に勝利しています。
    長距離戦では菊花賞で10着となりましがた、これは馬場が影響したことが敗因といえるでしょう。


    元々素質を見込まれていた馬で、ハーツクライ産駒ということから距離も大丈夫そうです。
    これまで中距離を使われてきたことから、ダービーを目標にしていたのですが、京都新聞杯で2着となりダービーには出走が叶いませんでした。
    その分、充実度は一番といえるでしょう。
    先行抜け出しが得意で、川田騎手が騎乗し、4~5番人気となりそうです。


    △は7歳馬のアルバート。
    前走はステイヤーズSを3連覇して長距離界のエースとして君臨しました。
    しかし、天皇賞春は着外2回(5着と6着)とG1では今一歩の印象です。
    同馬はムーア騎手を始め、騎手の乗り替わりが激しいのですが、その分乗りやすいといえるでしょう。


    阪神は初参戦となり、長距離向きというよりも中山向きのイメージがあります。
    折り合いを付けてからの差しは強烈といえます。
    鞍上は福永騎手で2番人気が予想されます。



    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    「競馬-KEIBA-]←こちらのサイトでは、最終的に更に精度を高め、買い目まで提供!
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩予想師、ハメさんによる無料大穴予想も絶好調!
    無料会員に入っているだけで見れますよ!




    ↓ポチっとして頂けると、ここで書くとチームに怒られちゃう事もポロっと出るかも?!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ