プロ馬券師歴10年。完全無料の重賞予想。毎週更新

    # 第58回宝塚記念 2017年 競馬予想

    第58回宝塚記念

    ~函館スプリントS回顧~


    先週は函館競馬で函館スプリントSが行われました。
    結果をみていきましょう。


    ◎セイウンコウセイ …4着
    ○クリスマス …13着
    ▲ジューヌエコール …1着
    △ホッコーサラスター …11着


    ◎はスタートから2番手でレースを運びますが、直線は失速してしまい
    かろうじて掲示板を確保。休み明けの分がいささか影響した模様。
    ここを一叩きしてグッと良くなりそうです。


    ○は先行して3番手で進みましたが、直線ではずるずると後退。
    大差負けを喫し、まさかの最下位になってしまいました。
    故障でなければいいのですが、この北海道シリーズで
    もう一度出番がありそうなら狙ってみたい馬です。


    ▲はハイペースの中、気分良く進んでいき、快勝でした。
    50キロの斤量差もありましたが、2馬身以上を付けての勝利はお見事といえます。
    距離も合っており、このまま秋の重賞戦線で期待できそうです。


    ~宝塚記念~


    さて、今週は春のG1総決算、第58回宝塚記念が
    阪神競馬場芝2200mで行われます。
    頭数は11頭と少なくなりましたたが
    G1を5勝しているキタサンブラックがファン投票で圧倒的な1番人気となりました。


    同レースの過去10年を見てみると、天皇賞春から参戦した馬が4勝を挙げており
    複勝率も22%と好成績を残しています。
    次いで金鯱賞組が2勝を挙げて複勝率29%
    鳴尾記念と目黒記念がそれぞれ1勝ずつを挙げています。
    出走頭数は少ないですが、鳴尾記念は13頭の内4頭が馬券圏内に入っており
    穴馬として要注意といえるでしょう。


    同レースの枠順は、8枠が5勝、6枠が3勝となっており
    外枠が不利ということはないでしょう。
    昨年も8枠16番のマリアライトが差し切り勝ち
    一昨年は同じく8枠16番のラブリーデイが先行押し切り勝ちを収めています。


    同コースの過去3年における騎手成績は
    武豊騎手が6勝を挙げて複勝率57%と抜群の成績。
    次いで川田騎手が5勝、複勝率50%で続いています。
    さらに和田騎手が3勝、複勝率31%、
    岩田騎手が3勝、複勝率25%となっています。
    意外にもルメール騎手は1勝で複勝率が22%とあまりいい結果が出ていません。


    それでは印と予想を見ていきましょう。

    ◎キタサンブラック
    ○レインボーライン
    ▲サトノクラウン
    △ミッキーロケット



    ◎はやはりキタサンブラックです。
    同馬は今年に入って大阪杯と天皇賞春に勝利し
    異なる距離で圧巻のパフォーマンスを見せつけました。
    まさに現役最強馬ともいえる存在で、ここも勝利が義務付けられています。
    昨年は3着でしたが、本格化する前でもありました。
    今回出走するメンバーには昨年のドゥラメンテのような
    強力なライバルがいるわけでもありません。

    恐らく逃げてそのまま押し切り勝ちになるパターンといえるでしょう。
    唯一気がかりなのは春3戦目のG1レースという点。
    ハードな調教をこなしている同馬なら気になさそうですが
    秋と違い気温が暑くなってきてからの3戦目ですから
    見えない疲れが溜まってないか心配です。
    それでもここを圧勝して秋にはフランスへ旅立ってほしい逸材であるのは
    間違いありません。
    鞍上はもちろん武豊騎手で、不動の1番人気となるでしょう。


    ○はレインボーラインです。
    少し中穴的存在ですが、父のステイゴールドもそのようなタイプでした。
    レインボーラインは天皇賞春で12着と大敗していますが、
    阪神の2200mならばこのメンバーでも好勝負できるといえます。

    前々走の日経賞や3走前のジャパンカップもそれほど負けていません。
    勝ちきれないイメージがあり、
    小柄な馬で58キロを背負うのは少しハンデがありますが、
    ノーマークで中団から伸びてきそうなのがこの馬といえます。
    鞍上は岩田騎手で7~9番人気が想定されています。


    ▲はサトノクラウンです。
    香港G1を制しており、重賞を5勝している同馬も
    元はキタサンブラックよりも評価されていた馬です。
    なかなか勝ちきれない一面があり、気性的な難しさを露呈しています。
    前走の大阪杯ではパドックでも入れ込み
    馬体重はマイナス12キロと体調面でもよくありませんでした。

    しかし、今回は一旦放牧に出され、リフレッシュしての出走となります。
    その辺りがプラスに出ることを期待しましょう。
    鞍上は大一番に強いミルコ・デムーロ騎手。
    今年はルメール騎手に話題を独占されていますが、
    そろそろミルコも爆発しそうな雰囲気がありそうです。
    4~5番人気になるでしょう。


    △はミッキーロケットです。
    セレクトセールで9900万円(税込)で落札されたほどの馬で、
    重賞はまだ1勝ですが、昨年の神戸新聞杯では
    サトノダイヤモンドとクビ差の接戦まで追い込みました。
    先行したり、中団をキープしたりと出たなりでポジションを取れる強みがあります。

    同馬主のミッキークイーンが人気を集めそうですが、
    同馬主がいる場合は人気薄を狙えという格言通り、
    ミッキーロケットで勝負したいところです。
    今年に入り、2000mから2400mを中心に使われてきたのも好材料です。
    鞍上は和田騎手で7~9番人気となるでしょう。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第24回函館スプリントステークス 2017年 競馬予想

    第24回函館スプリントステークス

    ~マーメイドS回顧~


    先週はマーメイドSが行われましたが、結果はどうだったでしょうか。


    ◎トーセンビクトリー …9着
    ○マキシマムドパリ …1着
    ▲クインズミラーグロ …2着
    △ローズウィスパー …11着


    ◎は3番手の先行策を取りますが、直線で前が詰まるもったいないレース。
    ただ、逃げ馬にも負けているので、前が開いていても結果は
    着外になっていたような感じがします。
    馬が本気で走っていない模様。


    ○は◎をマークするように4番手の前目の競馬。
    直線では力強く抜け出してきて快勝。秋のG1へ向けて視界良好です。


    ▲はさらに一歩後退の5番手でレースを進め、直線は伸びてはいるものの、
    勝ち馬に3/4馬身及ばずの2着。
    重賞で結果を残しているだけに賞金を加算できたのはプラスといえます。


    ~函館スプリントステークス~


    さて、今週は函館競馬場で第24回函館スプリントステークス(G3)が
    芝1200mで開催されます。
    サマースプリントシリーズの第一弾として行われます。
    昨年は3歳馬のワンツーで決まるなど、軽斤量馬が活躍するレースでもあります。


    同レースの過去10年における脚質を見てみると、
    先行馬が6勝、複勝率31%と圧倒的な強さを誇ります。
    次いで差し馬が3勝、複勝率19%で続いています。


    世代別を見てみると、5歳馬が3勝、複勝率14%、
    3歳馬が2勝、複勝率29%、6歳馬が2勝、複勝率29%、
    4歳馬が2勝、複勝率50%となっており、
    出走頭数の割合からすると、6歳馬と3歳馬が有利となりそうです。


    同コースの過去3年における種牡馬成績を見ていくと、
    ヨハネスブルグが勝率27%、複勝率43%と高い洋芝適正を見せています。
    次いでバゴが勝率14%、複勝率22%となっており、
    ステイゴールドが勝率11%、複勝率22%で続いています。


    それでは予想と印を見ていきましょう。

    ◎セイウンコウセイ
    ○クリスマス
    ▲ジューヌエコール
    △ホッコーサラスター



    ◎はセイウンコウセイ。
    4歳馬で重賞未勝利ながらも、前走の高松宮記念では馬場が悪い中での
    力強い抜け出しで快勝し、一躍スプリント界の主役に躍り出ました。
    前走がフロックでないことを証明するためにも、ここは負けられません。
    先行抜け出しを得意としており、初の函館参戦になりますが、
    56キロと斤量も負担が少ないのが好材料です。
    アドマイヤムーン産駒で幸騎手が騎乗し、1番人気が予想されます。


    ○はクリスマス。
    6歳牝馬で4年前の函館2歳Sを制しています。
    函館競馬場は4戦3勝、札幌競馬場も1戦1勝と洋芝適正は抜群です。
    また、この時期に強く、6月から8月は4勝しており、
    複勝率は83%を誇るほど馬名とは裏腹な成績を残しています。
    バゴ産駒で先行できる脚質もあり、松岡騎手で3~4番人気が想定されます。


    ▲はジューヌエコールです。
    50キロと斤量面で有利な3歳牝馬で、2歳戦のデイリー杯2歳Sでは
    牡馬相手に完勝しています。
    前走の桜花賞は強豪と戦うにはマイルの距離が長く、
    初の1200m戦ですが、距離短縮が好結果を招きそうなイメージを持っています。
    クロフネ産駒で先行押し切りを得意としており、
    鞍上は北村友一騎手。4~6番人気が予想されています。


    △はホッコーサラスター。
    6歳牝馬で函館競馬場は2勝しており、6月~8月の成績も3勝して
    複勝率50%と好成績を残しています。
    重賞では一枚力が足りないものの、洋芝適正があって、父がヨハネスブルグ、
    6歳馬で差し馬とデータ的には穴馬として買いがありそうです。
    池添騎手が騎乗して10番人気くらいになるでしょう。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第22回マーメイドステークス 2017年 競馬予想

    第22回マーメイドステークス

    ~安田記念回顧~


    先週は春のマイル王を決める安田記念が行われました。
    結果はどうだったでしょうか。

    ◎イスラボニータ …8着
    ○エアスピネル …5着
    ▲レッドファルクス …3着
    △ビューティーオンリー …6着

    ◎はまさかの着外となりました。
    道中は中団に付けていましたが、スペースが十分に開かずに
    ルメール騎手が追い出せたのが200mを切ってから。
    これではG1で勝つことは難しいでしょう。立て直しに期待します。

    ○は思い切って後方に下げて内に入り込む騎乗。
    しかし、こちらもスペースが開かずに何とか掲示板を確保でした。
    それでもずいぶんと伸びが良く、従来の先行策とは違った
    競馬を試せたのは収獲といえそうです。いずれはG1を勝てそうな気配でした。

    ▲は距離が長いと見られた中での3着。
    勝ち馬とは距離適性の差かもしれません。
    デムーロ騎手の勝負強さが光った好騎乗といえます。
    秋はスプリンターズSの連覇がかかりますので楽しみです。


    ~マーメイドステークス~


    さて、今週はG1もお休みで、阪神競馬場では
    G3の第22回マーメイドステークスが芝2000mのハンデ戦で開催されます。
    開幕2週目ですが、中間の雨量でどのような馬場コンディションになるか注目です。

    牝馬限定のハンデ戦ということもあり、G1を戦ってきた馬や
    軽量ハンデを受けた馬が激突し、過去10年では10番人気以下の穴馬が8頭
    馬券圏内に入っています。

    好走馬の前走距離を見てみると、過去10年では1800mが6勝を挙げ
    複勝率も23%と好成績。
    次いで2000mが4勝、複勝率25%とこちらも遜色ない成績を見せています。
    1800mと2000mを使われてきた馬を本線に指名したほうが良さそうといえます。

    過去10年の好走馬の負担重量では、53キロを背負った馬が7勝、複勝率37%と
    抜群の成績なのですが、今回は対象馬が無し。
    今回の出走予定馬でトップハンデは56キロですが、1勝、複勝率19%とまずまず。
    最軽量は49キロで馬券圏内には入ったことがありません。

    脚質では差し馬が5勝、複勝率24%。追い込み馬が2勝、複勝率20%と
    以外にも中団待機組が先行勢よりも好走しています。

    ちなみに同レースの過去3年では、
    前走パールSを使われた馬(着順に関わらず)が勝利しており、
    昨年はワンツーフィニッシュとなっています。


    それでは印と予想を見ていきましょう。

    ◎トーセンビクトリー
    ○マキシマムドパリ
    ▲クインズミラーグロ
    △ローズウィスパー



    ◎は良血トーセンビクトリーです。
    キングカメハメハとトゥザヴィクトリーの娘とあって
    セレクトセールでは1億円を超え、角居厩舎に所属するなど
    早くから注目されていました。中々結果がでませんでしたが
    前々走の中山牝馬Sでは見事差し切り勝ちを収めて初タイトルをGETしました。

    前走の阪神牝馬Sは慣れないマイル戦ともあって6着に敗退しています。
    距離が延びる今回は、期待がかかります。
    しかし、G3を1勝しかしていないにも関わらず、
    トップハンデの56キロと少し背負わされました。
    この辺りがどう影響するかですが、中団待機から
    一気の末脚で先頭に立ってくれるでしょう。
    武豊騎手で1番人気が予想されます。


    ○はマキシマムドパリです。
    こちらも以前は武豊騎手が主戦でしたが、前々走の愛知杯では、
    岩田騎手を背負って初の重賞制覇を成し遂げました。
    前走は1800mのオープンレースですが、13着と大敗しています。

    しかし、着差はコンマ6秒と僅差でもあり、
    牝馬限定のここなら十分に通用しそうといえます。
    鞍上は藤岡佑介騎手に乗り替わり、55キロを背負って3~5番人気が想定されます。


    ▲はクインズミラーグロ。
    前走の福島牝馬Sでは武豊騎手とのコンビで1番人気に支持されましたが、
    スタートで後手を踏み3着。これで重賞は3戦連続で3着になっています。
    同馬はスタートが課題といえますが、
    後方待機が有利な同レースではさほど心配なさそうといえます。

    むしろ馬体重の増減に注目が集まります。
    ここ4戦では連続で増減10~12キロとなっており、
    馬体重の維持が難しい馬といえます。
    遠征となる今回は減少になるといえ、
    当日の馬体重をチェックしたほうが良さそうです。
    鞍上は幸騎手で54キロを背負い、2~3番人気になりそうです。


    △はローズウィスパーです。
    同馬は1000万下クラス(降級のため)で各上挑戦となりますが、
    前走は1800m戦のパールSを使われており、上り3Fは33秒8をマークしています。
    ハンデも51キロと軽量で、好走しているパールSからの
    魅力ある穴馬として期待がかかります。
    鞍上は北村友一騎手で8~10番人気となりそうです。


    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第67回安田記念 2017年 競馬予想

    第67回安田記念

    ~日本ダービー回顧~

    先週は競馬の祭典、東京優駿(日本ダービー)が行われました。
    結果はどうだったでしょうか。

    ◎レイデオロ …1着
    ○スワーヴリチャード …2着
    ▲アルアイン …5着
    △ダンビュライト …6着

    ◎はスタートから後方待機でしたが、スローペースと見るや
    向こう上面から一気に加速して大外から10頭以上ごぼう抜き。
    3コーナーからは2番手に位置してそのまま押し切り1着。
    ルメール騎手の好判断に馬が応えました。
    これで藤沢厩舎も初のダービー制覇となり
    ソウルスターリングとともに海外遠征の夢も広がっていきそうです。

    ○は左回りだとやはり好レースを見せています。
    スローペースの中、折り合いも付いていました。
    しかし、レイデオロのように馬が動くことが出来なかったのが敗因でしょうか。
    秋には天皇賞やジャパンカップといった
    ビッグレースが東京コースであるので楽しみです。

    今回のダービーは、横山典騎手が騎乗した
    大穴馬のマイスタイルによって作られた超スローペースに各馬が戸惑った模様でした。
    それを見越して自分から動いていったルメール騎手とレイデオロは
    見事な一体感といえるでしょう。


    ~安田記念~


    さあ、今週は第67回安田記念(G1)が東京競馬場芝1600mで行われます。
    春のマイル王決定戦となり、今年は様々なタイプのメンバーが揃いました。
    昨年はロゴタイプが逃げ切り勝ちを収め、
    2着には2番手を進んだモーリスという行った行ったの競馬でした。

    同レースの好走馬の前走出走距離は、
    1600m戦を使われた馬が5勝、2着5回、3着8回と好成績を残しています。
    出走頭数が多い為に、勝率や複勝率は低い数字ですが、
    それでもマイルを使ってきた馬は軽視できません。

    同レースの脚質を見てみると、差し馬が5勝、複勝率16%、
    先行馬が4勝、複勝率24%、逃げ馬が1勝、複勝率20%となっており、
    ある程度中団の位置からでも十分勝算が伺えます。

    世代別で見ると、6歳馬が4勝、複勝率23%とリードしており、
    1番人気が濃厚なイスラボニータには追い風となるデータです。
    次いで5歳馬が3勝、複勝率18%、4歳馬が2勝、複勝率15%となっています。


    それでは印と予想を見ていきます。

    ◎イスラボニータ
    ○エアスピネル
    ▲レッドファルクス
    △ビューティーオンリー



    ◎はイスラボニータです。
    前走のマイラーズカップは休み明けから馬也調教が続いていたので
    無印としていましたが、まったく関係なく圧勝のパフォーマンスを見せました。
    6歳ということもあって、データ的にも追い風になり、
    鞍上のルメール騎手はG1を3週連続勝利中と絶好調。
    ルメール騎手が騎乗した場合はすべて馬券内に入っているほどで
    相性もバッチリといえるでしょう。

    今年に入ってからは大阪杯などの中距離レースには見向きもせず、
    マイルだけに絞ったローテーションも好感が持てます。
    先行しても差しても問題ない馬で展開には左右されなさそうです。
    1番人気が濃厚です。


    ○はエアスピネルです。
    武豊騎手がずっと騎乗していますが、まだ本気で走っていないらしく、
    それでも掲示板を外したことがない堅実なレースだけに、
    馬が本気で走ったらどれほど強いのか魅力ある馬です。
    どのような距離、コースでも一定の結果を出し続けており、
    どこかで覚醒できるのではないかと見ています。

    4歳になってからはマイル戦に照準を絞り、ここを最大目標にしています。
    勝つのは厳しいかもしれませんが、脚質てきに先行できるタイプでもあり、
    三連複には信頼のおける馬といえます。
    2番人気が予想されます。


    ▲はレッドファルクス。
    昨年のスプリンターズSの覇者であり、前走も1400mの京王杯SCを差し切り勝ち。
    マイル戦に勝ち星はありませんが、中団をキープして追い出してからの脚力は
    案外通用しそうな気配を見せています。

    距離を克服できるかは未知数ですが、6歳になり落ち着きも出てきています。
    距離のおかげで人気は落ちそうで、おいしい馬券が期待できそうです。
    鞍上はデムーロ騎手で4~5番人気となりそうです。


    △は穴で香港馬の6歳馬ビューティーオンリーにしました。
    前走は今回出走するコンテントメントに敗れてはいるものの、
    同馬はマイル戦で1分33秒2という好時計もマークしており、
    日本の馬場適正も問題なさそうと思われます。
    斤量も60キロを背負うこともあって、58キロの今回も大丈夫といえるでしょう。

    左回りが初めてで、初遠征になるのが焦点といえますが、
    乗り慣れた鞍上のZ・パートン騎手が騎乗することから
    そこまで心配しなくても良さそうです。
    パートン騎手は日本でもG1を制しており、期待がもてます。
    10番人気くらいになりそうで、高配当が期待できます。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # 第84回東京優駿 2017年 競馬予想

    第84回東京優駿

    ~オークス回顧~

    先週はオークスが開催されましたが、結果はどうだったでしょうか。

    ◎リスグラシュー …5着
    ○ソウルスターリング …1着
    ▲レーヌミノル …13着
    △フローレンスマジック …6着
    △ブラックスピーチ …9着

    ◎は折り合いを欠いてレースを進み、直線では両サイドから挟まれて
    鞍上が一瞬追うのをやめる始末。
    不完全燃焼のレースとなってしまいました。
    それでも5着に入るあたり、休養して秋には精神的に成長し
    馬格もUPすれば、ソウルスターリングを逆転できる可能性を秘めています。

    ○は圧巻のレースぶりでした。
    先行して上り34秒1を繰り出しては後続が届きません。
    秋はどのレースを使うのか注目です。
    海外にも遠征しそうな気配もありますので、楽しみです。

    ▲は全く伸びませんでした。
    折り合いは付いていたように見えましたが
    もしかすると距離適性がマイル以下なのかもしれませんね。


    ~日本ダービー~


    さあ、今週はいよいよ第84回東京優駿(日本ダービー)が
    東京競馬場芝2400mで開催されます。
    全てのホースマンがこのダービーを目指しており
    選ばれた18頭が栄冠を目指して戦います。
    皐月賞は大荒れでしたが、着差は10着までが
    コンマ5秒という僅差のレースでしたから
    今回は皐月賞で人気して負けた馬にも逆転の可能性は大いにあります。
    昨年は皐月賞の上位3頭で決着が付いていますが、今年はどうなるのでしょうか。

    ダービーの過去10年における好走馬の前走成績は
    やはり皐月賞組が7勝を挙げて断然トップ。
    複勝率も23%と今年も皐月賞組が優位といえるでしょう。
    皐月賞組以外でこの10年にダービーを制したのが
    前走京都新聞杯のキズナ、NHKマイルCのディープスカイ
    桜花賞のウオッカと、名馬揃いです。
    キズナは1番人気、ディープスカイとウオッカはダービーまでにG1を制しており
    よほどの実力馬でもない限り、皐月賞組以外からの勝利は難しくなっています。

    枠順は1枠が5勝を挙げており、複勝率も40%と好成績を残しています。
    次いで2枠が2勝、複勝率25%をマーク。
    以下、7枠、5枠、3枠がそれぞれ1勝ずつしており
    ダービーに関しては内枠が有利な傾向になっています。

    脚質はダービーポジションともいうべき、差し馬が6勝、複勝率21%と好成績。
    先行馬が2勝、複勝率18%、追い込み馬が2勝、複勝率10%で続いています。


    それでは印と予想を見ていきましょう。

    ◎レイデオロ
    ○スワーヴリチャード
    ▲アルアイン
    △ダンビュライト


    全て皐月賞で指名した馬になりました。


    ◎はレイデオロです。
    前走はいきなりのG1で着差がコンマ4秒という僅差での惜敗。
    ほぼ最後方という位置取りで上がり34秒は上位の馬たちよりも速いタイム。
    直線の長い東京で真価を発揮できそうです。
    この皐月賞直行というのが、実はダービーを見据えてのものだったのではないかと
    疑うくらいの順調さをキープしており、
    先週のオークスで重賞100勝を飾った藤沢調教師の勢いは止まることなく、
    名伯楽に初のダービーを戴冠できるか注目が集まります。
    鞍上はルメール騎手で1番人気が想定されます。


    ○はスワーヴリチャードです。
    皐月賞は本命にしましたが
    3コーナーからは手前を変えないまま走っており
    やはり左回りのほうがスムーズな競馬が出来る模様。
    それでもレイデオロとはクビ差の6着を確保しています。
    レイデオロとどちらを本命にしようか迷ったくらい
    同馬にもチャンスが十分にあると見ています。
    差し脚が鋭いため、脚質的にも向いており
    府中に変わる今回は絶好の舞台といえるでしょう。
    ダービー2勝の四位騎手が騎乗しており、2~4番人気が予想されます。


    ▲は皐月賞馬のアルアイン。
    皐月賞は9番人気で穴馬候補に挙げていましたが、まさかの勝利。
    抜け出してからは少し外によれたものの、1分57秒8という
    レースレコードをマークしています。
    勝負根性もあり、府中の長い直線にも十分な対応ができそうといえます。
    初の左回りと松山騎手の有力馬でのダービー騎乗という点が
    人気を落としそうですが、折り合いも付きやすく
    先行抜け出しで先週のソウルスターリングのような
    レースぶりを見せてくれそうです。3~5番人気となりそうです。


    △はダンビュライト。
    前走の皐月賞は12番人気ながら3着を確保。
    長い脚を武器にしており、タフな東京2400mでも力を発揮できそうです。
    ここまで3戦連続で3着と結果を残しているのに人気はまたもなさそうで
    穴馬としては魅力があります。
    鞍上は続けてダービー5勝の武豊騎手。7~9番人気が想定されます。

    ※こちらはあくまでファーストインプレッションとなります。
    ここからさらに所属チームの意見・データとすり合わせ、最終結論を導き出します。


    最終的に更に精度を高め、買い目までご提供!「競馬-KEIBA-]
    私が所属しているチームのサイトです。

    ※先輩ハメさんによる無料大穴予想、現在絶好調!超お勧めです!!


    ↓予想レースを増やして欲しい方はブログランク応援お願いします!
    にほんブログ村 競馬予想へ

    テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

    # プロフィール

    予想師 宗屋

    Author:予想師 宗屋
    競馬予想師。フリー歴10年超。
    1972年 兵庫県生まれ。1996年より関西競馬予想紙編集部入社。予想担当を経て、2005年よりプロ馬券師に転身。
    以降、数々の予想専門誌や予想サイトにて活動。

    データから紐解く独自の予想は、2014年には年間回収率450%という個人の限界を超える実績を達成。
    特に得意とするのは阪神及び中京。
    堅実寄りの予想メインだが、△印に関しては攻めの姿勢。

    # 無料予想 過去ログ